株式会社ジャストシステムは、ファイルサーバーの状態を可視化し、情報の重要度や利用状況などに応じて、情報を整理できる「GDMS(Green Document Management System)」に、機密文書の管理徹底と、ファイルの整理前にユーザーが確認を行える機能を新搭載した「GDMS 2.0」を、6月30日(木)より発売します。
 従来の、管理対象サーバーのストレージ容量が10TBまでの製品に加え、3TBまでの製品と1TBまでの製品を新たにラインナップとして追加しました。価格は、10TBまでの「GDMS 2.0」が280万円(税別)、「GDMS 2.0(3TB)」が180万円(税別)、「GDMS 2.0(1TB)」が130万円(税別)です。

 「GDMS」は、ファイルサーバーに保存されている、何ヶ月もアクセスされていないファイルや内容が重複しているファイル、ファイル名が類似しているバージョン違いのファイルなどを可視化し、不要なファイルを削除、またはバックアップ領域へ移動するなどの整理が行えるファイルサーバー可視化システムです。ファイルの整理は定期的に自動実行し、ファイルサーバーの肥大化対策、および情報の品質向上が行えます。
 また、ファイルのアクセス権設定をチェックし、機密情報や重要文書の適正な管理を支援します。

 「GDMS 2.0」では、下記の点を強化しています。


機密文書管理の問題点を可視化する機能を新搭載

 機密情報用のフォルダ外に、誤って機密文書が格納されていないかを確認する機能を新搭載しました。機密文書があった場合には、管理者にアラートメールの送付や、任意のフォルダへの自動移動を実行します。機密情報用のフォルダに通常の文書が含まれている場合にも同様に制御を行います。
 加えて、機密文書が複製されている場合や、フォルダのアクセス権が正しく設定されていない場合についても可視化・制御をするので、情報漏えい防止の徹底が可能です。

ファイルの整理前にユーザーが確認を行うことが可能に

 「GDMS 2.0」により、「陳腐化」や「重複」「未参照」といった条件から整理対象となったファイルに対して、管理者が移動や削除といった整理を行う前に、各ユーザーに対して確認を行える機能を新たに追加しました。管理者は、ユーザーがファイルごとに行った判断に基づいてファイルの整理を実行でき、必要なファイルを間違って移動や削除してしまうといったことを防ぎます。

管理者が運用するにあたって、便利な管理機能を強化

 ファイル整理を行った場合のシミュレーションなどが行える「概況画面」を一新し、ファイルサーバーの利用状況の課題や、「陳腐化」や「重複」などの項目ごとの削減量と全体削減量が、より把握しやすくなりました。また、ファイルサーバーの利用状況に関する概況レポートや機密文書の管理状況に関するレポートを、html形式の保存に加え、PDF形式で定期的に自動保存できるようになり、レポートの共有が容易になりました。さらに、整理対象となったファイルのコピーや移動時に、アクセス権の設定を自動で引き継ぐようになったので、整理後に逐一設定し直す必要がなくなりました。


 なお、「GDMS 2.0」の体験版を、製品情報ページにて、2011年7月より公開する予定です。



製品概要

名称

「GDMS 2.0」

発売日

2011年6月30日(木)

価格

「GDMS 2.0」(※1)280万円(税別)
「GDMS 2.0(3TB)」 180万円(税別)
「GDMS 2.0(1TB)」130万円(税別)

※1管理対象サーバーのストレージ容量が10TBまでの製品です。

動作環境

・GDMSサーバー

OSWindows Server(R) 2008 R2 SP1 Standard/Enterprise/Datacenter
Windows Server 2008 R2 Standard/Enterprise/Datacenter
Windows Server 2008(32bit/64bit) Standard/Enterprise/Datacenter

Foundation/Web/ Itanium/HPCエディションは動作保証外。
Server Core インストールオプションは動作対象外。

Windows Server 2003 R2 SP2(32bit/64bit) Standard/Enterprise/Datacenter
CPUXeon5000シリーズ相当以上を推奨
メモリ8GB以上
4GB以上(32bit OSの場合)
ブラウザInternet Explorer 6/7/8.0

Internet Explorer 7以上を推奨Mozilla Firefox 4.0/3.6

ハードディスク必要容量ソフトウェア容量として20GB

分析情報分の容量が別途必要です。

仮想化環境VMware ESXi 3.5/4.1
VMware vSphere 3.5/ 4.1
Windows Server 2008 Hyper-V/ 2.0

・スキャン対象のファイルサーバー

ファイルシステムの形式NTFS(FATは対象外)

*記載された社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

詳細情報
お問い合わせ先
関連情報