株式会社ジャストシステムは、運用・管理の手間を軽減しながら、企業内で統一した入力環境を構築できる、法人向け日本語入力システムの最新版「ATOK Pro for Windows」を、4月11日(月)より新発売します。価格は、7,000円(税別)/1ライセンスです。
  「ATOK Pro for Windows」では、部門やグループといった組織内において、入力支援や言葉の統一をより手軽に始められるよう機能強化しています。

 「ATOK Pro for Windows」は、法人向けライセンス製品「ATOK CE for Windows」の後継製品です。最新の変換エンジンと辞書を搭載し、誤りのない入力を効率的に行うための「校正支援」「推測変換」などの機能に加えて、管理者向けに入力環境の統制や入力情報の収集のための機能を搭載しています。
 「ATOK Business Solution 辞書配信システム5 /R2 」「ATOK Business Solution 用語管理データベース3」とあわせて導入することで、入力・校正ソリューションとして利用できます。
 社内で実際に入力されている言葉を収集し、登録すべき言葉や表記ゆれしている言葉を抽出・精査してATOK変換辞書を作成します。全社に対して一括配信すれば、言葉の統一と誤りのないスムーズな入力が可能になり、企業全体で文書品質の向上と作業の効率化を実現できます。

 今回、「ATOK Pro for Windows」の利用だけでも、部門やグループといった組織内において、入力支援や言葉の統一を手軽に始められるように、「文書学習ツールPlus」機能と、「ATOKダイレクト for Excel」機能を強化しました。

 「文書学習ツールPlus」機能により、指定したフォルダーやファイル、RSS、Webサイトから取得したデータを解析し、推測変換にふさわしいフレーズを抽出して省入力データとして自動登録できます。スケジュール設定による定期更新も行え、「一太郎Pro」で作成したファイルだけでなく、Microsoft Officeで作成した文書ファイルやPDFファイルも対象にできます。管理者が逐一辞書登録する手間なく、最新の言葉をスムーズに誤りなく入力できるようになります。

 また、「ATOKダイレクト for Excel」は、指定したExcelファイル(※1)の情報を直接取得して、入力変換時に参照・活用できる機能です。複数のフォルダー内のExcelファイルを参照できるように機能強化し、.xlsx形式のファイルにも対応しています。Excelファイルでデータを管理することで、複雑な作業をすることなく、誰でも簡単に言葉の統一や情報共有のためのメンテナンスが行えるようになりました。

 そのほか、過去に正しく入力・変換した単語の履歴から入力ミスを補正する入力支援機能や、敬語表現の誤りを指摘する校正支援機能などを追加しています。


※1収録しているフォームの形式に従って書き込む必要があります。



製品概要


法人向け日本語入力システム「ATOK Pro for Windows」


発売日

2011年4月11日(月)

価格

JL-Standard

新規7,000円(税別)/ 1ライセンス
AAA優待(※1)5,000円(税別)/ 1ライセンス

JL-Excellent

新規6,000円(税別)/ 1ライセンス
AAA優待(※1)5,000円(税別)/ 1ライセンス

JL-Education

新規7,000円(税別)/ 1ライセンス
AAA優待(※1)4,000円(税別)/ 1ライセンス

JL-Government

新規オープン価格/1ライセンス
AAA優待(※1)オープン価格/1ライセンス
ATOK Pro for Windows(年間)(※2)3,000円(税別)/1ライセンス

インストールメディア(PDFマニュアル付)  2,000円(税別)



※1J-Licenseに登録されたすべてのATOKユーザーが対象です。

※2年間契約終了後は、使用権は消滅します。契約期間内は、常に最新バージョンを利用可能です。導入の最小単位は、5クライアント以上となります。

 製品のご利用には、必要な数のライセンスとともにインストールメディアの購入が必要となります。

 インストールメディアの発売日は、2011年6月9日(木)です。


動作環境
OSWindows(R)7/ Windows Vista(R)(Service Pack 1以上)/
Windows XP (Service Pack 3以上)
Windows Server 2008 R2/ 2008/ 2003 R2/ 2003 各日本語版

32ビット(x86)/ 64ビット(x64)環境に対応しています。

Windows XP Professional x64 Editionは、Service Pack 2以上に対応しています。

CPU/メモリお使いのOSが推奨する環境以上
ハードディスク必要容量325MB以上

お使いのハードディスクのフォーマット形式や確保容量などにより、必要容量は異なります。


ATOK Business Solution 辞書配信システム5 /R.2


発売日

2011年6月9日(木)

価格

新規購入:10万円(税別)(※1)


年間契約: 3万円(税別)(※1、2)


※1100クライアントごとに、本製品1ライセンスの購入が必要です。別途ATOKが必要です。「ATOK専門用語変換辞書シリーズ」や「ATOK連携電子辞典シリーズ」など市販の辞典・辞書を配信するには、別途必要数量の購入が必要です。専門用語変換辞書や電子辞典などの個別カスタマイズについては別途お問い合わせください。

※2年間契約終了後は、使用権は消滅します。契約期間内は常に最新バージョンを利用可能です。


動作環境

辞書公開サーバー
OSWindows Server(R) 2008 R2/ Windows Server 2008/
Windows Server 2003 R2 / Windows Server 2003  各日本語版

32ビット(x86)/ 64ビット(x64)環境に対応しています。

WebサーバーWindowsの場合 IIS 7.5/7.0/6.0、Apache 2.2/2.0
CPU/メモリお使いのOSが推奨する環境以上
ハードディスク必要容量30MB以上

公開する辞書の容量が別途必要です。

お使いのハードディスクのフォーマット形式や確保容量などにより、必要容量は異なります。

ネットワークHTTPが利用可能な環境

辞書取得クライアント
OSWindows 7/ Windows Vista (Service Pack 1以上)/
Windows XP(Service Pack 3以上) 各日本語版

32ビット(x86)/ 64ビット(x64)環境に対応しています。

Windows XP Professional x64 Editionは、Service Pack 2以上に対応しています。

CPU/メモリお使いのOSが推奨する環境以上
ハードディスク必要容量20MB以上

取得する辞書の容量が別途必要です。

お使いのハードディスクのフォーマット形式や確保容量などにより、必要容量は異なります。

ネットワークHTTPが利用可能な環境
その他日本語入力システム ATOK Pro/CE/2010/2009 for Windowsがセットアップされている環境で利用可能

「ATOK 2011 for Windows」には対応していません。

辞書作成支援ツール
OSWindows Server 2008 R2/ Windows Server 2008/
Windows Server 2003 R2/ Windows Server 2003/
Windows 7/Windows Vista(Service Pack 1以上)/
Windows XP(Service Pack 3以上)  各日本語版

32ビット(x86)/ 64ビット(x64)環境に対応しています。

Windows XP Professional x64 Editionは、Service Pack 2以上に対応しています。

CPU/メモリお使いのOSが推奨する環境以上
ハードディスク容量:20MB以上

作成する辞書の容量が別途必要です。

お使いのハードディスクのフォーマット形式や確保容量などにより、必要容量は異なります。



製品特長

誤りのない日本語を効率よく入力でき、ビジネスシーンに便利な機能を搭載

 定評ある高い変換精度に加えて、優れた校正支援機能や入力支援機能を搭載しています。
 校正支援機能では、入力時に誤りやすい表現などのミスを指摘すると同時に、訂正候補と詳細な解説を提示します。ビジネス文書に不適なくだけた表現も指摘します。
 入力支援機能としては、よく使う略語や頻繁に使うフレーズ、長い専門用語などを、最初の数文字を入力するだけで誤りなく入力したり、「今日」「日時」から該当する年月日や時刻を変換候補として提示したりする機能などを搭載しています。

実際に入力されている言葉を収集し、より役立つATOK変換辞書の作成を支援

 「ATOK」で実際に入力されている言葉を収集できる機能を搭載しています。管理者は、収集した情報から、ATOK変換辞書に登録すべき言葉や表記ゆれしている言葉の抽出が簡単に行えるようになります。特定のグループやアプリケーションからのみの抽出も行えます。現場のノウハウを反映したATOK変換辞書を共有することで、特有の表現や言い回しを入力時に確認し、文書作成に活かすことができます。

既存文書から社内専用のATOK変換辞書を自動で作成

 指定したフォルダーやファイル、RSS、Webサイトを解析し、推測変換にふさわしいフレーズを抽出して省入力データとして自動登録する「文書学習ツールPlus」を搭載しています。登録した言葉は、難解な専門用語でも最初の数文字を入力するだけでスムーズに入力できるようになります。スケジュール設定による定期更新も行え、「.jtd」「.txt」「.html」「.pdf」「.doc/.docx」「.xls/.xlsx」「.ppt/.pptx」などの様々なファイルに対応しています。

Excelデータを入力で活用できる「ATOKダイレクト for Excel」

 Webなどの外部の情報を直接取得して、入力変換時にその情報を参照・活用できる「ATOKダイレクト」機能を、Excelファイルに対して利用できる「ATOKダイレクト for Excel」を搭載しました。特定のフォルダーにExcelファイルを置いておくだけで、Excelファイル内のデータを入力の際に直接参照できます。具体的には、社員名簿や商品一覧など頻繁に入力・参照するデータを、収録しているフォームの形式に従ってExcelファイルに書き込み、保存するだけで、入力の際に「ATOK」が情報を呼び出し、そのまま変換候補として活用したり、情報を参照したりすることができます。複数のフォルダーに対して参照指定ができ、xlsx形式のファイルにも対応しています。Excelファイル内のデータを変更するだけの操作で、更新した情報の共有が行えます。

電子カルテシステムなど、他社製システムとの連携を容易に

 学習履歴やユーザー辞書、環境設定といった、各ユーザーの「ATOK」設定情報のすべてを他社製システムと連携させ、どの端末でも、同じ入力環境を実現できます。たとえば、電子カルテシステムに個人IDでログイン/ログアウトするたびに、ユーザーの「ATOK」に関する設定情報のすべてが復元/保存されるので、ユーザーはシステム内のどの端末を使っても、自分の入力環境を利用することができます。

「ATOK Pro」の投資対効果を可視化

 「ATOK Pro」を導入したことによる効果を可視化します。打鍵数や確定文字数などの推移や、「ATOK」で利用されている機能と作成した文書量などをグラフ化して提示するので、投資対効果を把握できます。「ATOK Business Solution 辞書配信システム5 /R.2」とあわせて利用すれば、組織としての効果をはかることができます。

「ATOKプロパティ」の設定や「ATOKメニュー」のカスタマイズで、管理の手間を軽減

 多数のメニューを搭載している「ATOKメニュー」を、必要な機能だけの分かりやすい表示に設定できるので、教育コストやお問い合わせ対応による負荷を軽減することができます。また、「ATOKプロパティ」の初期値を管理者側で設定し、ユーザーによる変更を制限できるので、不要な操作の抑制や、英数字は半角で入力するなどの表記ルールの徹底が行えます。

*記載された社名および製品名は各社の商標または登録商標です。