NEWS RELEASE
[ ニュースリリース] > [ 2005.10.31 ]


一太郎2006 製品概要
 
製品名:日本語ワードプロセッサ「一太郎2006」
 
■製品名:日本語ワードプロセッサ「一太郎2006」

●発売日:2006年2月10日(金)

●希望小売価格:
   製品版            20,000円(税別)
   キャンペーン版※1      9,800円(税別) 
   バージョンアップ版※2   8,000円(税別)
   キャンパスキット※3    8,000円(税別)
  ※1 ジャストシステム製品またはMicrosoft Office/Word、
    ロータススーパーオフィスの登録ユーザーが対象です。
    15万本限定発売です。
  ※2 一太郎、一太郎&花子スペシャルパック、Office、Voice一太郎シリーズ
    登録ユーザーが対象です。
  ※3 中学生以上の生徒・学生および、小学校以上の教職員、幼稚園、保育園の職員
    の方、教育委員会・教 育センターの職員の方が対象です。

●動作環境:(各日本語版に対応しています。)
  ・O S :Windows(R) XP/Millennium Edition/98/
   Windows 2000 Professional(Service Pack 4以上)
   ※Windows NT(R) /Windows 95では利用できません。
  ・CPU/メモリ:お使いのOSが推奨する環境以上

●ハードディスク容量:
 ・最小セットアップの場合  160MB以上
 ・標準セットアップの場合  290MB以上
 ・すべてセットアップの場合 360MB以上
  ※ATOK 2006をセットアップすると、別途115MB以上必要です。
   ※サンプルファイルをハードディスクにコピーして利用する場合は、別途40MB
    以上必要です。
     ※お使いのハードディスクのフォーマット形式や確保容量などにより、
       必要容量は異なります。
 
 
製品名:一太郎2006&花子2006 スペシャルパック]

●発売日:2006年2月10日(金)

●希望小売価格:
   製品版            25,000円(税別)
   バージョンアップ版※1  15,000円(税別)
   キャンパスキット      15,000円(税別)
    ※1 一太郎、花子、一太郎&花子スペシャルパック、Office、Voice一太郎
      シリーズの登録ユーザーが対象です。

●ハードディスク容量:
 ・一太郎2006と花子2006を標準セットアップ:440MB以上
  ※サンプルファイル・テンプレートをCD-ROMで利用した場合の必要容量を記載
   しています。
 ※お使いのハードディスクのフォーマット形式や確保容量などにより、
  必要容量は異なります。

 
一太郎2006 製品特長
 
さらに使いやすいインターフェースに
・ユーザーにとってより使いやすい環境を提供して、文書の作成効率を向上させるために、画面全体から部分にいたるまで、デザインを全面的に一新しました。
・文書作成のプロセスにそって最適な作業画面がすぐに使えるように、「アウトライン」「基本編集」「提出確認」のフェーズタブを画面下に設置し、ワンクリックで切り替えられるようにしました。コマンドバーに並ぶ機能は、作業画面ごとにあわせて必要な機能に替わります。
・ナレッジウィンドウにある全ての機能が、タブをワンクリックすることで切り替えられるようになり、タブは自由にカスタマイズできるようになりました。
・ダイアログボックスのデザインを、Windows XPビジュアルスタイル対応しました。


文書公開や提出に配慮した「提出確認」フェーズを新搭載
・文書の提出や公開時に必要な機能を、コマンドバーやナレッジウィンドウに配置した作業画面「提出確認」を新たに搭載しました。校正やセキュリティ設定(改ざん禁止やすかし文字)などの機能がすぐに呼び出せ、編集も可能です。
・「ページ一覧」表示ができ、文書全体の俯瞰が容易に行えます。ページ単位の移動や削除、コピーといった編集作業も、マウスやキー操作で簡単に行えます。「スライド」表示にも簡単に切り替えられます。
・文書中の外字を画像に変換する機能を搭載しました。外字のない環境で相手が文書を開いても、文字化けすることなく、そのまま表示されます。 
・「社外秘」や「見本」など、ビジネスでよく利用される定型のスタンプ画像をナレッジウィンドウの「スタンプ」タブにまとめ、ドラッグ&ドロップするだけの操作で簡単に挿入できます。


「アウトライン」機能の強化でプレゼンテーション資料作成も効率化
・「レベル1で改ページ」を設定すると、アウトラインレベル1が設定された段落で、自動的に改ページされます。一太郎で作成した文書がすぐにプレゼンテーション用資料としても使えます。
・PowerPointファイルのテキスト読込、保存にも対応しました。プレゼンテーション形式で保存すると、アウトラインレベル1の段落から次のアウトラインレベル1の段落までの単位ごとにテキストデータがひとつのスライドになったPowerPoint形式のファイルを作成できます。


他文書との比較が便利に
・文書の更新箇所が分かる「文書の比較」機能を強化しました。相違点の表示を行単位でなく、単語単位で表示します。
・相違点を段落ごとに抜き出し、シートに抽出できるようになったので、変更履歴を作成する際などに役立ちます。


XMLファイルフォーマット「OpenDocument」に対応
・XML形式のファイルフォーマットであるOpenDocumentへの読み込み、書き込みができる追加モジュールを、来夏に無償提供する予定です。XML形式で文書を保存することが可能になり、文書の保管・再利用がより便利になります


日本語ワープロとしてより使いやすく
・「ふりがな」機能を強化し、文書内のふりがなの書式を一括して変更できるようになりました。また、モノルビの割り振り精度を向上させたほか、ふりがなに含まれる促音と拗音を大文字にする設定や、カタカナのふりがなにも対応しました。
・「文書校正」機能の使い勝手を向上させました。より分かりやすくなったダイアログボックスで、さらに効率的に校正ができます。また、ナレッジウィンドウの「校正」タブは、よりシンプルで操作が分かりやすくなりました。
・「辞典検索」機能をより使いやすくしました。ナレッジウィンドウの「辞書」タブで、ATOK連携電子辞典の検索結果に対して、必要な部分だけ範囲選択してコピー&ペーストや、その中の単語の意味検索ができます。
・冊子形式での印刷に対応しました。とじ方やとじしろの設定など、製本を意識した印刷が簡単に行えます。


Wordとの互換精度がさらに向上
・Wordとの文書互換精度をさらに向上させました。Word文書を読み込んだときの文字や罫線のレイアウトの崩れを改善しました。

 
*記載された社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

一太郎2006

・お問い合わせ先
インフォメーション
センター



・製品情報
一太郎2006

ATOK2006
[電子辞典セット]


花子2006
 
リリース本文へ戻る


メールマガジン配信登録:ジャストシステムの新製品情報や最新トピックスをメールでお届け


update : 2005.10.31