NEWS RELEASE
[ ニュースリリース] > [ 2005.08.24 ]


[ 2005.08.24 ]
文字表記から印刷の体裁まで多彩な表現を可能にし
プロ仕様での作品づくりを支援する
「一太郎 文藝」を9月22日(木)新発売
〜文芸書では定評のある「秀英体」フォント利用が初めて可能に〜

 
 株式会社ジャストシステムは、小説、俳句・短歌、自分史などの文芸活動に取り組み、プロを目指している方、自費出版に興味を持ち、趣味で積極的に活動されている方向けに最適な日本語ワードプロセッサ「一太郎 文藝」を、一太郎20周年を記念して2,000本限定で、9月22日(木)より発売します。希望小売価格は、50,000円(税別)です。 
 
 「一太郎 文藝」は、作家であり評論家である紀田順一郎氏監修で、創作に適したインターフェースを新たに設計、多彩な文字表記や繊細で豊かな日本語に配慮した表現を支援する機能を搭載したほか、市販の文芸書と同じ体裁となるテンプレートを多数用意し、大切な作品を見栄えよく、満足のいく品質で仕上げる文芸専用のツールです。
 小説や新書、辞典などに広く使われ、明治以来、文芸作品の主流をなしてきた風格のある美しい、大日本印刷株式会社の「秀英体」フォントをパーソナルコンピュータ用ソフトウェアとしては初めて搭載しました。JIS X 0213:2004に対応しており、これまで使用できなかった「秀英体」という、趣のあるフォントでの表現が可能になりました。 
 
 「一太郎 文藝」は、創作意欲を刺激する、20字×20行の縦書き原稿用紙の画面を標準のインターフェースとして採用し、文芸作品を創作するうえで使用頻度の高い機能を厳選した、使いやすい専用の画面、メニュー構成となっています。傍点やアンダーライン、文字の縦中横・回転、総ルビ、ルビなどの設定も簡単にでき、400字詰め原稿用紙換算で何ページ目の何行目を書いているのかも常に画面上に表示するので、これまで原稿用紙に手書きで創作活動に取り組んできた方でも、スムーズに使いこなせます。 
 
 字体は微妙なニュアンスを伝える表現のひとつとなりますが、的確でより豊かなことばの表記ができるように、「一太郎 文藝」専用の辞書を搭載しました。「圖」(図のいわゆる康煕字典体)「辭典」(辞典のいわゆる康煕字典体)など、康煕字典を典拠として作られてきた明治以来の活字字体、いわゆる康熙字典体(こうきじてんたい)や、「歌記号」や「より」などの記号類を、変換候補の中から簡単に選ぶことができます。さらに、「収集」と「蒐集」のように同音の漢字による書きかえが行われている表記の情報を変換候補中で示します。 

 また、「明鏡国語辞典・ジーニアス英和/和英辞典 /R.2」「角川類語新辞典 for ATOK」を搭載しているので、入力しながらことばの意味を調べたり、入力したことばから同じ意味合いの違うことばを提示する連想変換を参考にしたりと、イメージにより適した表現ができるように、ことば選びの面からも支援します。 
 
 市販の文芸作品でよく使われている体裁の出力テンプレートを、小説・エッセイ用、短歌用、俳句・川柳用などのカテゴリで計30種類用意しています。一般的な体裁のものはもちろん、様々なバリエーションのものをとりそろえているので、作品のイメージにあった体裁で、大切な作品をとっておきの一冊として仕上げることができます。 
 
 さらに、「一太郎 文藝」を十分に使いこなしながら創作に専念できるように、本の作り方、よく使う機能などを詳説した冊子『一太郎 文藝の世界』を同梱したほか、一年間、何度でも利用できる無償サポートを提供します。  
 
 
■作家、評論家 紀田順一郎氏のプロフィール 
 1935年生まれ。近代思想史、文化史、書誌学、出版情報論、言語やコンピュータ分野などで幅広い評論活動を行うほか、推理小説を手がけ作家としても活躍。日本語についても深い造詣を持ち、『日本語研究シリーズ』全4巻を刊行。ジャストシステムの「ATOK監修委員会」の座長も務める。著書は『日本語大博物館』(ジャストシステム)、代表作をまとめた『紀田順一郎著作集』(全8巻、三一書房)ほか。 
 
■秀英体について
  1882年から大日本印刷株式会社の前身である秀英舎が開発に着手した、大日本印刷オリジナルの活版印刷用活字。築地体と並び「明朝活字の二大潮流」と称される。長い歴史の中で洗練された、伸びやかで独特な味わいと風格のある、美しい書体として高い評価を得ており、明治以来、文芸作品の主流をなしてきた。小説や新書のみならず、四季報や辞典、ポスターなどにも幅広く使用されている。



製品概要
 
■日本語ワードプロセッサ「一太郎 文藝」
 
発売日:2005年9月22日(木)
希望小売価格:50,000円(税別)
優待価格※:
  一太郎2005登録ユーザー:26,250円(税込)
  一太郎2004以前の登録ユーザー:34,650円(税込)
      ※「Just MyShop」からの直接販売のみとなります。
 
動作環境: 
OS:Windows(R) XP ※日本語版に対応します。 
   ※Windows Millennium Edition/98/95/2000 Professional/
    Windows NT(R)では利用できません。
   ※本製品は、「一太郎2005」を「一太郎 文藝」としてカスタ
    マイズした製品です。一太郎2005としてもご利用いただけます。
   ※Windows XPの制限ユーザーでお使いいただくことはできません。
    コンピュータの管理者権限でお使い下さい。
   ※秀英細明朝フォントは本製品でご利用ください。UTF-16
    (サロゲートペア)に対応していないアプリケーションでは表示
    できない文字があります。

CPU/メモリ:Windows XPが推奨する環境以上

ハードディスク必要容量:1030MB以上(すべてをインストールした場合)
   ※お使いのハードディスクのフォーマット形式や確保容量などに
    より、必要容量は異なります。


 
製品特長
 
■文芸活動を行うのに最適な入力インターフェースを実現

・作家、評論家である紀田順一郎氏に監修いただき、20字×20行の縦書き原稿用紙の画面を入力インターフェースとして採用し、「文藝」「文藝プロ」の2画面を用意しています。
・使い勝手のよい「一太郎 文藝」専用の画面、メニュー構成となっています。特にツールボックスは、傍点、縦中横・回転、総ルビ、ルビなど使われる機能を厳選し、配置することで使いやすい操作性を実現しています。
・400字詰め原稿用紙換算で何枚目の何行何字目を執筆しているのかを常に表示するので、執筆量を確認しながら作品づくりに取り組めます。

■情緒あふれ、専門家からも評価の高い「秀英体」フォントを初めて搭載

・文芸書用フォントとして定評があり、伸びやかで味わいのある字体が特長の秀英体フォント(大日本印刷株式会社開発)を約15,000字、パーソナルコンピューター用ソフトウェアとしては初めて搭載しました。JIS X 0213:2004に対応しており、今まで使用することができなかったフォントでの表現が可能です。

■「一太郎 文藝」専用辞書で多様な表記が可能に

文藝向けATOK 2005専用辞書を搭載したことにより、多様な変換候補の中から適切な文字、ことばを選択できるようになりました。

・明治以来の活字字体、いわゆる康熙字典体
例) ぶんがく → 「文學」 こいぶみ → 「戀文」  など
 
・同音の漢字による書きかえ情報
表記は異なるが同じ意味で使われる漢字を変換候補として表示します。たとえば、「じょじょう」と入力した際には、「叙情」とともに「抒情」も変換候補として提示し、あわせて表記の注意事項も示します。

・小説や俳句、短歌集で多用される記号
 「歌記号」や「より」など、文芸書で使われる記号を辞書に登録しているため、変換候補の中から簡単に選択して入力することができます。
 
■市販の文芸書でよく使用されている体裁で作品が完成

・市販の文芸書でよく使用されている体裁の目次、扉、本文、奥付のテンプレートを搭載しています。小説・エッセイ・評論・戯曲、読み物系・日記、児童書、詩、短歌、俳句・川柳のカテゴリで、作品の雰囲気にあったものを選べるようにバリエーションを持たせて用意しています。

■冊子「『一太郎 文藝』の世界」をはじめとする充実のサポート

・一太郎 文藝のコンセプトをより深く理解して活用していただくために、冊子『一太郎 文藝の世界』を用意しました。紀田順一郎氏執筆の「本を作る際の心構え」、実際に本をつくるにあたっての手順・ヒント、また、初心者にも「一太郎 文藝」を使って作品を完成できるように分かりやすく解説した「一太郎 文藝」操作ガイドを掲載しています。そのほか、秀英体フォントなどについても解説しています。
・一年間、何度でも無償でサポートを受けることができるので、安心してお使いいただけます。
     
 
*「秀英」及び「秀英体」は大日本印刷株式会社の登録商標です。
* 記載された社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

一太郎 文藝

・お問い合わせ先
インフォメーション
センター


製品概要
製品特長

・製品情報
一太郎 文藝

メールマガジン配信登録:ジャストシステムの新製品情報や最新トピックスをメールでお届け


update : 2005.08.24