NEWS RELEASE
[ ニュースリリース] > [ 2003.12.03 ]


[ 2003.12.03 ]
「考えるための道具」に新しく進化した
「一太郎2004」「花子2004」「ATOK17」を
来年2月6日(金)より発売開始

 
 
 株式会社ジャストシステムは、考えるための道具として進化した「一太郎2004 for Windows」、「花子2004 for Windows」、「一太郎2004&花子2004 スペシャルパック」を2004年2月6日(金)に、「ATOK17 for Windows [電子辞典セット]」を2月27日(金)に発売します。
 
製品名 価格 発売日
一太郎2004 20,000円 2月6日(金)
花子2004 9,800円 2月6日(金)
一太郎2004&花子2004 スペシャルパック 25,000円 2月6日(金)
ATOK17 [電子辞典セット] 11,000円 2月27日(金)
 
 
■一太郎2004
 一太郎2004は、人間の思考活動を支援するソフトウェアに進化しました。必要なものを選択し、より質の高い考えを引き出して文章にまとめる機能を搭載した、「考えるための道具」です。頭の中の考えをまとめてドキュメントにするための、新しい機能と価値を持った製品です。
 
●文書作成をガイドする「シンキングバー」
 編集画面の左端に表示されるインターフェースです。使い慣れた「基本編集」画面のほかに、全体の構造を把握しながら文章を作成していく「アウトラインスタイル」、文章をさまざまな形に絞り込んで活用し、さらに新たな考えを引き出すための「マルチビュー」の3タイプの作業モードを切り替えて使用できます。考えを引き出す、文章を構成する、内容や体裁を整えるなど、それぞれの作業に最適な機能を提供する、新しいインターフェースです。
 
●考えを整理し、形にまとめる
 「アウトラインスタイル」は、文章の全体構成を考えながら章立てを行い、考えを整理して組み立てていく作業を効率よく行うモードです。書き出した文章の内容に応じて重み付けできるので、全体の構成が一目でわかります。報告書や企画書、論文など、考えを論理立てて表現し、まとめる文書に最適です。さらに、フリーカーソルによって画面のどこからでも記入でき、段落の設定や順番も自由に移動させることが可能です。作成した文書は、段落の階層によってフォントや色などのスタイルが設定され、内容が伝わりやすい文章に簡単に仕上がります。
 
●作成した文章を新たな考えに生かす
 「マルチビュー」は、作成した文章の内容を状況に応じて絞り込んで、見せ方を変えることができる作業モードです。文書作成の流れをとぎれさせることがないように、考え出したアイデアを書きとめて絞り込むことで、新しい文書にまとめることができます。また、企画書の予算だけを非表示にしたり、確認事項だけを表示するなど、ひとつの文書をさまざまな形で表示することも可能です。マルチビューを利用して用途に合わせて絞り込んだ内容は、オリジナルの文書とは別に、新たな文書ファイルとして保存できます。
 
●考えをナビゲートするビジネステンプレートを用意
 日本能率協会総合研究所監修の、一太郎2004と連携するテンプレート集「ビジネスノウハウ [総合編] for 一太郎」を用意しました。ビジネスシーンでよく使用される、企画・提案書、報告書などに加えて、アイデア発想・分析手法、自己啓発、目標管理など、幅広い分野に対応したビジネステンプレートを約300点収録しています。
 テンプレートには、文書に入れるべき内容のヒントや書き方のポイント、参考フレーズなどが用意されており、ナレッジウインドウに表示します。ビジネスシーンで役立つノウハウを満載したテンプレートと一太郎2004の機能が連携して、的確な情報を盛り込んだ、完成度の高いビジネス文書作成を支援します。
 
●指定の項目を抜き出して、新たな発見を生み出す
 文書中にタグを挿入しておくことで、保存した文書群から指定した項目だけを抜き出せる機能を搭載しました。蓄積した文書から必要な内容を抜き出して、新しいアイデアを加えるといった作業が、効率よく行えます。過去の企画書から提案部分だけを抜き出して検討するといった作業や、営業日報の管理など、幅広く使用できます。
 
●Word文書とのやりとりが一層スムーズに
 Word文書との互換性を大幅に強化しました。一太郎でまず考えながら文書を作成し、Word文書として保存できます。Word文書を開く際の字間や文書スタイルの互換精度が高まったことで、読み込みの精度も一層向上しています。互換性がさらに向上したことで、一太郎を使用して作成した、考えの詰まった内容をWord文書化して、さらに広く使用できるようになりました。
 
●強化した文書校正で考えを正確に伝える
 定評ある文書校正支援機能「修太」をさらに強化しました。同音異義語の選択ミスや二重敬語を指摘する新機能を追加し、文書校正の精度がさらに向上しています。日本語の誤用だけでなく、地名や省庁名などを旧名称で記入した場合は、変更後の名称を表示するなど、ユーザーが気がつかなかった箇所も含めて指摘します。知識を補完し、入力ミスや誤用のない、正確な文書作成を支援します。
 
 
■花子2004
 花子2004は、頭の中にあるイメージを一目でわかる「図解」にするために、直感的な操作性を重視して開発した、ビジネスシーンで役立つグラフィックソフトです。思考をビジュアル化して具体的に理解したり、図解にまとめて人に伝えるときに最適な製品です。
 
●アイデアをそのまま図解に
 キーワードや箇条書きした文字を自動的に図形に当てはめる新機能「オートチャート」を搭載しました。キーワードを入力して、表現したいテンプレートを選択するだけで、入力済みのキーワードが図形の中に自動的に挿入され、「図解」にできます。アイデアをビジュアル化してフローチャート図などで表現するときに最適です。図形の選択や配置、文字の入力といった操作に手間取ることなく、思いついたアイデアをすぐに表現できます。
 
●図形を直感的に操作
 図形の編集がより簡単に行える「ブロック図形」機能を搭載しました。ビジネスでよく使用するピラミッド図形や放射型図形、円柱図形などに含まれる各構成ブロックの数を自由に追加したり順番を移動することができます。文字を含んだ構成ブロックを扱うときも、文字とブロックがセットで扱えます。図形の編集作業に時間をとられることなく、考える作業を支援する機能です。
 
●PowerPointとの連携を強化
 花子2004で作成したイラストや図形をより活用するために、MS Office製品との連携を強化しました。PowerPointでは難しい作図や編集が、花子なら簡単に作業できます。花子形式の図形をPowerPointに貼り付けたり、PowerPointの図形を花子で編集する作業が簡単に行えるので、効率よくプレゼンテーション資料が作成可能です。花子2004で作成した表現力豊かなイラストや図形を幅広く利用できます。
 
 
■ATOK17
 ATOK17は、入力した語句に類似する意味を持つ候補も表示する「連想変換」や、意味をすぐに確認できる電子辞典検索機能を搭載しました。ユーザーが選択できる語彙がさらに広がることで、思いつかなかった表現も使用できるようになり、生み出したアイデアをより豊かに、的確に表現することが可能です。「考えるための道具」をことばの面から支援する製品です。
 
●多彩な表現を導き出す「連想変換」
 入力した語句に対する言い換え表現を提示する新機能「連想変換」を搭載しました。たとえば「うつくしい」と入力した場合、「美しい」に加えて「麗しい」「煌びやか」「色めく」といった類似する意味を持つ候補を表示します。変換候補の意味や用例が同時に表示されるため、入力中の文意に沿った適切な表現を選択することが可能です。ユーザーが思いつかなかった表現を導き出し、変換候補の選択作業までATOK17が支援することで、表現力豊かな文章作成を支援します。
 
●正確な意味をすぐ確認できる「電子辞典検索」
 「ATOK17[電子辞典セット]」は、意味を調べたい語句を入力すると、変換候補の表示と同時に、その意味や用例を自動的に検索して表示します。搭載する国語・英和・和英辞書は、文章作成時に参考となる用例を豊富に紹介している『明鏡国語辞典』と、幅広い年代で使用されている『ジーニアス英和辞典第3版』『ジーニアス和英辞典』を採用しました。
 さらに、新しい電子辞典検索機能を搭載し、画像や音声ファイルを含んだ電子辞典の検索を実現しました。検索ウインドウに画像が表示できるほか、英語の発音といった音声再生も可能です。
 
●校正支援機能をさらに強化
 ユーザーが気づかない誤用などを可能な限り低減し、質の高い文書作成を支援する校正支援機能を強化しました。ビジネス用途の文章には適切でない「書いてる」といった「い」抜き表現の指摘など、用途に応じた校正が行えます。さらに、訂正候補の語尾を文脈に沿った形に自動的に変更して入力するなど、指摘の精度や使い勝手がさらに向上しています。
 
 
 
*記載された製品の価格はすべて税別です。
*記載された社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

一太郎2004

・お問い合わせ先
インフォメーション
センター


一太郎2004 製品概要
花子2004 製品概要
ATOK17 製品概要
 
・製品情報
一太郎2004
花子2004
ATOK17[電子辞典セット]

メールマガジン配信登録:ジャストシステムの新製品情報や最新トピックスをメールでお届け


update : 2003.12.03