ラベルマイティ ステーション トップ > 活用ガイド > ワンポイントデザイン塾 第1回 名刺

ワンポイントデザイン塾

Design Tips

ラベルマイティの便利な機能をフルに活用して、ますます楽しい「ラベルマイティ生活」を送ってみましょう。プロレベルの表現力は、ちょっとしたコツをつかむことから。
4回シリーズで、デザイン、レイアウトのワンポイントアドバイスをお伝えしていきます。
※ここでは、ラベルマイティ7を使ってご説明します。

第1回 名刺第2回 カレンダー第3回 CD/DVD第4回 名前シール

第1回 名刺づくりのコツは…文字の配置 初対面の相手にわたす名刺。すっきりと見やすくデザインされていれば、あなたの好感度もグンとアップするはず!

名刺をデザインするときのポイントは、「読みやすさ」。名前、所属(社名など)、肩書、住所、電話/FAX番号、メールアドレスなどをレイアウトするときは、さまざまな要素の配置に関連性をもたせるようにしましょう。

この名刺は、ラベルマイティ7の「名刺>バラエティ>」の「名刺3」ですが、この名刺では、の縦線が全体のバランスとっているのです。

【1】住所、電話番号、メールアドレスが左揃えになっているのはもちろんのこと、Aの線に対して同じスペースを空けて、名前が配置されています。また、【2】その名前とも、高さをそろえています。【3】下の写真の右端も実はこの縦線の延長線なのです。文字の配置のポイントは、他の要素との関連性をもたせることです。


1きれいに左揃えにするには?

ラベルマイティ7なら、揃えたい要素を選択するだけで、左揃えだけでなく、中央揃えや、下端ぞろえも簡単にできます。

【手順1】

[コマンドバー]から[枠調整]をクリック

【手順2】

CTRLキーを押しながら揃えたい枠をクリックします。
最後に選んだ枠が基準になります。


【手順3】

「枠に合わせる」を選んで、揃える方向を選びます。


2簡単にレイアウトするには?

ラベルマイティ7では、補助線・グリッド線を細かく設定することができるので、全体のバランスを確認しながら、文字や画像を配置することができます。

【手順1】

画面下のツールバーのボタンをクリック

【手順2】

[グリッドを表示する]や[補助線を表示する]にチェックを入れ、[OK]をクリックすると表示されます。


ここではラベルマイティ7を使ってご説明いたしましたが、最新版でも、もちろん作ることができます。

前のページに戻る
ページトップ