ラベルマイティ ステーション トップ > 活用ガイド > はじめての印刷サービス発注ガイド

もっとキレイに!もっとオトクに!ラベルマイティで作ったデータでOK!はじめての印刷サービス発注ガイド

家庭用プリンターでの印刷に不満なら、
印刷サービスへの発注を検討しませんか?

ラベルマイティをお使いいただけているみなさまなら、きっと家庭用のプリンターをフル活用されていることでしょう。

でも、いろいろとプリントしているうちに、次のような不満も出てくるはず…。

100枚も印刷するとなると、時間がかかる
「インク代が安ければ、もっと印刷するのに」

そんなあなたにおすすめなのが“印刷サービス”への発注です。

ラベルマイティ 11 プレミアムでは、ラベルマイティで作ったデータを活用して、印刷サービスへ発注できるようになりました。

印刷サービスとは?

ラベルマイティなどで作成したデザインデータをネットから送付して印刷業者へ依頼し、注文に沿った内容を指定の用紙に、ご希望の枚数・部数を印刷して納品してもらえるサービスです。

印刷サービスを利用すると、こんなメリットがある!

  • 印刷にかける時間を短縮!
  • 100枚以上 *1なら低コスト!
  • 名刺、チケット、掲示物などを大量印刷するときにオススメ

*1 ジャストシステム調べの平均価格との比較です。印刷価格はサービスによって異なります。

インターネット印刷サービスのご紹介

ラベルマイティ プレミアムでは、ラベルマイティで作ったデータを活用して、印刷サービスへ発注できるようになりました。

【対応確認済みのインターネット印刷サービス】

graphic
「graphic」のWebサイトはこちら
プリントパック
「プリントパック」のWebサイトはこちら

ラベルマイティ プレミアムで印刷サービスを利用するには

※ここでは、ラベルマイティ11プレミアムを使って説明しています。

  1. 印刷発注形式の用紙を選択
  2. 印刷したい内容を制作(塗り足し領域付きで編集可能)
  3. トンボ付きの印刷発注形式(PDFまたはJPEGなどRGBカラーの画像データを印刷サービスの推奨する解像度に合わせる)で保存
  4. 完成したデータを、利用する印刷サービスの発注方式に従って注文

印刷発注Tips:「トンボ」とは?

印刷物を作成する際に、仕上がりサイズに裁断したり、重ね刷りの位置合わせをするために、原稿の上下・左右と四隅などに付ける目印のことです。(左の図では、原稿の外側にある細いグレーの線)

ラベルマイティ プレミアムなら、トンボを自動で追加して保存できるので安心!

印刷発注Tips:「塗り足し領域」とは?

赤い枠の領域のことで、ここを含めた外側は裁断時にカットされます。そのため、塗り足し領域に文字を配置すると切れることがありますのでご注意ください。また、塗り足し領域まで「塗り」がないと余白ができることがあります。(裁断ズレ)

ラベルマイティ プレミアムなら、塗り足し領域を確認しながら編集できるので安心!

印刷サービスご利用上のご注意

● 印刷サービスへの入稿前の確認について

データを印刷発注形式で保存し、印刷会社へ渡すとき(入稿時)には、必ず完成したデータを表示させ、内容に不正な点がないことをご確認ください。一部の文字や写真などが表示されていない、または、ラベルマイティの画面上と表示が異なる場合には、パソコンのメモリ不足等の理由が考えられますので、ラベルマイティ以外のアプリケーションをすべて終了させて操作するなどの対策を行ってください。

● 印刷物の色味について

ラベルマイティ プレミアムの印刷発注形式保存は、RGBカラーの画像データとして保存されていますが、印刷会社でCMYKカラーに変換されて印刷されるため、画面の色と印刷物の色が異なります。
この色の違いについては、[印刷発注の注意点]で確認するか、発注先の印刷会社へお問い合わせください。

RGBカラーのサンプル(ご自身で制作した元のデータ形式)
CMYKカラーのサンプル(印刷所で変換した後のデータ形式)
注意点

RGBからCMYKへ変換されるため、CMYKの1色では印刷できません。
また、黒い文字や罫線が純色の黒に変換されない場合があるため、濃い黒で印刷されないことがあります。

印刷サービスへの発注なら、ラベルマイティ12 プレミアム

フル機能を搭載!定番サンプル付きであらゆるシーンで使える

ラベルマイティ12 プレミアム
希望小売価格:10,290円[税込]