使いやすい・入りやすいと感じてもらい、
使って良かったと思える仕組みにすることがミッション。

バリューデザイングループ - UXデザイナー

滝澤 功

学生時代は、プロダクトデザインをやりたいと思っていましたが、ある時、電子レンジや洗濯機といった“白物家電”には必ず「操作パネル」があることに気づき、そこからUI(ユーザーインターフェース)に興味を持ち、将来この分野で働きたいと考えるようになりました。

ジャストシステムは新規サービスの開発に積極的ですし、また、UI・UXデザインが商品を創る核になっていることにも誇りを持っています。具体的な仕事内容は、ユーザーに体験していただきたいゴールイメージとユーザーの行動を予測して、適切なタイミングで適切な機能を提供できるようなUIの仕様やレイアウトを検討し開発に提案する。また、最終完成イメージやデザインの指示書を作成、サービスの質を向上させる。さらに、カタログやランディングページ設計でユーザーのサービスの認知から購入までの顧客獲得の底上げに貢献するようなことをしています。

ユーザーがパソコンの画面を見た時に、使いやすい・入りやすいと感じてもらい、使って良かったと思える仕組みにすることが私のミッションです。

「ユーザー体験そのもの」をデザインする

配属されてから4年が経ち、現在はユーザー体験全体の設計に挑戦していっています。一画面を考えるだけでなく、全体の構成や複数の使用パターンを予測してデザインをしなければならないので、考えや方向性をまとめることに苦労しています。一つの変更が全体を変えることもあり、壁にぶつかることも多々あります。そのたびに「ユーザーにとって」と振り返っています。

担当した商品の売れ行きが良いということは、自分の携わったUIやUXがユーザー体験全体にプラスの効果を与えているということでもあるので、単純に嬉しいです。だんだんと販促面でもキービジュアルやショットイメージを創ることが増えてきたので、ユーザーの商品に対する認知から考えなければならないことが大変な反面、やりがいを感じています。

独自の商品を生み出していくために、外に目を向けて様々なことを吸収

独自の商品を生み出していくためにも、休日はグラフィック系の美術展によく足を運んでいます。外に目を向けることで、様々なことを吸収できるし、仕事に直接すぐ役立つことは少なくても、勉強になることがたくさんあります。また、将来的にUXデザイングループ発のサービス、商品を創るよう、実装についても勉強しています。以前と比べると、未経験者でも実装できるハードルが低くなっているので、今はSwiftから勉強している最中です。数年後にはUXの効いた良いサービスを自分の手で創るレベルになっていたいです。