BOOKS
[ 出版物・テキスト ] > [ 〜進化するWeb〜 セマンティックWeb ]
〜進化するWeb〜 セマンティックWeb 〜進化するWeb〜
セマンティックWeb

 
●編: Dieter Fensel
James A. Hendler
Henry Lieberman
Wolfgang Wahlster
●序文:Tim Berners-Lee
●監訳: 斎藤信男(慶應義塾常任理事)
萩野達也(慶應義塾大学環境情報学部教授)
●訳:アスクル
●体裁:B5変型判 472ページ
●定価:5,040円(本体4,800円+税)
●発売日:10月29日(金)
●ISBNコード:ISBN4-88309-267-4




 
セマンテックWebは、これまで人間の目によって判断されていたWebの内容を、RDFによって書かれたメタデータにより意味(セマンティクス)を付加することでコンピュータにその内容を判断させる技術である。この技術によってWebから必要とする情報を効率よく探し出したり、Web上に分散した情報を組み合わせ集約するなどのことを自動的に処理したりすることが可能になる。
セマンティックWebにより、Webは巨大な知識ベースとなり、さまざまな問題に対して、その上で推論を行い、有益な結論を導くことができるようになる。本書(原題「Spinning the Semantic Web」)はセマンティックWebのはじめての本格的な技術書で多くの研究者、技術者から翻訳が待たれていた。
 
目次
 ●第 1 章  序文
 ●第 2 章  SHOE:Semantic Web の青写真
 ●第 3 章  DAML-ONT:Semantic Web 用オントロジ言語
 ●第 4 章  Webのオントロジとスキーマ言語
 ●第 5 章  UPML:Semantic Web を活性化させるための言語およびツールによる支援
 ●第 6 章  成熟期に達したオントロジ
 ●第 7 章  Sesame:RDF データおよびスキーマ情報の格納および問い合わせのためのアーキテクチャ
 ●第 8 章  セマンティック・マークアップによるタスク中心知識支援の可能性
 ●第 9 章  知識の可搬性:知識ベース・システムの救世主としての Web のための意味
 ●第 10 章 Semantic Web のための複雑な関係
 ●第 11 章 SEmantic portAL:SEAL アプローチ
 ●第 12 章 セマンティック・ガジェット: ユビキタス・コンピューティングとSemantic Webの出会い
 ●第 13 章 Web の静的意味と動的意味
 ●第 14 章 Web コンテンツ適合のための意味注釈
 ●第 15 章 World Wide Web 上のタスク達成エージェント


記載されている会社名、製品名等は、弊社または各社の登録商標です。
弊社の登録商標についてはこちらをご参照ください。


メールマガジン配信登録:ジャストシステムの新製品情報や最新トピックスをメールでお届け


update : 2004.10.26