2000.6.19 @ジャストシステム東京支社・カンファレンスルーム

4月のイベントレポートをお届けした一太郎Ark広報担当のSが今回もお届けします。

登場人物プロフィール:
浮川初子 ジャストシステム専務。
一太郎Arkの開発チームの一人。Arkサイト「開発の現場より」でもおなじみ。
J's Cafe運営担当。一太郎Arkユーザーの方にはおなじみのMLの運営者だ。
Java/Linux プロダクツ担当。Arkに続く新しいJavaアプリケーションも担当する。
一太郎Ark広報担当。今回のコンソーシアムの企画・司会を担当。

毎月定例で行っている、Javaコンソーシアム主催のセミナー「Javaコンソーシアム」、6月はジャストシステム東京支社にて開催しました。
一太郎Arkのソースコード、JavaOne2000報告の2つが今回のテーマです。


 ご挨拶を兼ねて専務の浮川より「インターネットドキュメントソリューション構想」に基づいた今回のJava/XML関連製品(一太郎Arkおよび、Muffin、Chocoなどの今後予定しているJavaアプリケーション)の概要について説明しました。

当日配布された資料を見る
PDFファイル(682K)


 一太郎Arkの開発チームの一人、Arkサイト「開発の現場より」でもおなじみのVより、一太郎Arkの開発方針、MVCやDOM+CSSの採用、プラグインの構造など一太郎Arkの内部構造について詳しく説明しました。
 直接製品開発を担当している技術者からの具体的な説明は、参加している同じ技術者にとって大変参考になるものであり、共感する部分もあったようです。
 また一太郎Arkの開発に際し、Javaそのものの解析を深く行っており、その時発見した長所短所の説明はこれから製品を開発される方々、今トラブルで困っている方には貴重な情報だったようです。
 説明後には熱心な質疑もあり大いに盛り上がりました。


 一太郎ArkユーザーのみなさんにはおなじみのMLを運営している「J'sCafe」運営担当のNより、このサイトで現在行っていることと今後行っていきたいことなどをご説明、コンソーシアム参加のみなさんへのJ'sCafe利用を呼びかけました。


 一太郎Arkのマーケティング担当であり、ジャストシステムのJava/Linuxプロダクト担当であるKより、5/31に公開を開始した一太郎Arkのソースコードのダウンロード数は、6/18時点で5,366件、一太郎Arkの販売本数も4月に1万本を越えていることなどを説明しました。


 引き続き、現在開発中であるJavaアプリケーションの「表計算ソフト」、「プレゼンテーションソフト」のデモを行いました。
 デモは最後にハングするハプニングがありましたが、参加者には大好評で、早くTechnology Previewを使わせてほしいとの声が多くありました。
当日配布された資料を見る
PDFファイル(59K)

 ジャストシステムとしての講義は1時間半ほどで終了、後半はサンフランシスコで行われたイベント「JavaOne2000」の報告会が行われ、参加者のセッションやBOFの体験談を中心にした内容で、参加できなかった方々には新鮮な情報であり、少しうらやましいものでした。


 Javaコンソーシアム運営委員として、このセミナーを企画・司会をしましたが、120名を越える参加者が今回のセミナーによって、今後の製品開発や技術向上に少しでもお役に立てることができたのでしたら幸いです。
 また次回以降も様々なセミナーを開催します。是非ご参加下さい。(S)