Home

ATOKマニュアル

About

ATOK for Android [Professional]の使い方

「ATOK for Android [Professional]」は、Android上で効率よく文章を作成するためのアプリケーションです。パソコンや携帯電話向けのATOKで培った高い変換精度を、Android上で利用できます。

※このマニュアルでは「ATOK for Android [Professional] Ver.2.1.1」について説明しています。
「ATOK for Android」をお使いの場合は、下記のページをご覧ください。

ATOK for Androidマニュアル

困ったときは-サポートFAQ-
© JustSystems
Home

困ったときは-サポートFAQ-

困ったときは-サポートFAQ-

サポートセンターによく寄せられるお問い合わせとその回答(サポートFAQ)、最新の情報を見るには、サポート情報のWebページをご覧ください。

ATOK for Androidのサポート情報
© JustSystems
Home

文字入力の基本

文字入力の基本

文字入力の基本操作について説明します。

文字を入力する

文字を手書き入力する

絵文字・顔文字・記号を入力する

定型文を使う

© JustSystems
Home

文字を入力する

文字を入力する

テンキー入力パネルまたはQWERTY入力パネルから文字を入力します。

入力パネルを切り替える

テンキー入力パネルまたはQWERTY入力パネルに切り替えます。


  1. パネル切替キー をタップします。

    入力パネルが切り替わります。

    ※ATOKの設定の[画面・表示-キーボード切替メニュー]で[ポップアップ]を選択している場合は、パネル切替キー をタップしたあと パネル切替QWERTY または パネル切替テンキー をタップして切り替えます。

    ※ATOKの設定の[ハードキーボード・手書き-手書き入力への切り替え]をオンにしている場合は、QWERTY入力パネルで パネル切替キー をタップすると手書き入力パネルに切り替わります。その場合は、切り替わった手書き入力パネルで パネル切替キー をタップすると、テンキー入力パネルに切り替わります。

入力する

入力パネルから文字を入力します。

入力パネルの詳しい説明


  1. 文字種切替キー文字種切替キー をタップして入力したい文字の種類に切り替えます。
    ひらがなを入力するときは、文字種切替キー文字種切替キー に切り替えます。
  2. 入力パネルから先頭の文字を入力します。
  3. 推測変換候補から、入力したい候補をタップします。

    候補の文字がカーソル位置に入力されます。

※推測変換候補を表示させたくない場合は、ATOKの設定の[変換・候補-推測変換]をオフにします。

入力を取り消す

まちがえて入力した読みを削除します。


  1. 文字削除キー をタップします。

    カーソルの左横の文字が1文字削除されます。

※変換したあとでまちがいに気が付いたときも、文字削除キー をタップすると、変換前の状態に戻すことができます。

文節の区切りを直す

まちがえて区切られた文を、正しい文節単位に区切り直して正しいことばに変換します。


  1. 文節を右にずらす場合は 右矢印キー を、左にずらす場合は 左矢印キー をタップします。

    文節の区切りが変わります。

  2. 変換キー をタップして変換します。
  3. Enterキー をタップして確定します。

※文節の区切りを直すには、まず 変換キー で変換する必要があります。

© JustSystems
Home

入力パネルの詳しい説明

入力パネルの詳しい説明

本製品では、文字を入力するための入力パネル(ソフトウェアキーボード)が用意されています。


入力パネルには、テンキー入力パネル/QWERTY入力パネル/手書き入力パネルの3種類があります。


テンキー入力パネル

携帯電話と同じ操作性で入力できるキーボードです。


テンキー入力パネル


QWERTY入力パネル

コンピューターのキーボードと同じ配列のキーボードです。


QWERTY入力パネル


手書き入力パネル

文字を手書きして入力する入力パネルです。
手書き領域に、入力したい文字を手書きします。

手書き入力パネル


© JustSystems
Home

文字を手書き入力する

文字を手書き入力する

手書き入力パネルで、文字を手書きして入力します。

手書き入力パネルに切り替える

  1. パネル切替キー をロングタップし、パネル切替手書き をタップします。

    手書き入力パネルに切り替わります。

    ※ATOKの設定の[画面・表示-キーボード切替メニュー]で[ポップアップ]を選択している場合は、パネル切替キー をタップしたあと パネル切替手書き をタップします。

    ※ATOKの設定の[ハードキーボード・手書き-手書き入力への切り替え]をオンにしている場合のQWERTY入力パネルでは、パネル切替キー をタップして手書き入力パネルに切り替えることができます。

文字を手書き入力する

手書き入力パネルの手書き領域に、入力したい文字を手書きします。

入力パネルの詳しい説明


  1. 手書き領域に、文字を手書きします。漢字を含め、複数の文字を手書きできます。
    手書きした文字が自動認識されます。
  2. 推測変換候補から、入力したい候補をタップします。
    候補の文字がカーソル位置に入力されます。

※手書きするとき、次のような点に注意します。

  • 楷書体で書く
  • 文字の特徴を残すように書く
  • 記号などがうまく認識されない場合は違う書き方で書いてみる

手書きした文字が正しく認識されなかった場合

別の文字に認識されるなど、正しく認識されなかった場合は、認識候補から選択するか、文字を手書きしなおします。

文字を次々に手書き入力する

文字を次々に手書き入力するときは、文字送り を利用します。

  1. 手書き領域に複数の文字を手書きします。
  2. 文字が正しく認識された状態にして、手書き領域の右下隅の 文字送り をタップします。
    文字が認識済みになり、手書き領域の文字が消えます。
  3. 手書き領域に、続く文字を手書きします。
    こうすると、操作2.で認識済みにした文字と操作3.で認識された文字とが一続きに扱われ、候補一覧にその推測変換候補が表示されます。
  4. 操作2.~3.を繰り返し、文字を次々に手書きします。
  5. 推測変換候補から、入力したい候補をタップします。
    候補の文字がカーソル位置に入力されます。
© JustSystems
Home

絵文字・顔文字・記号を入力する

絵文字・顔文字・記号を入力する

携帯電話事業者の絵文字や、顔文字、記号などを入力します。

※絵文字を使用するには、携帯電話事業者を正しく設定する必要があります。

携帯電話事業者を設定する

※お使いの端末やアプリケーションによっては、絵文字を使用できない場合があります。


  1. パネル切替キー をロングタップしてから、入力したい文字種をタップします。

    ※ATOKの設定の[画面・表示-キーボード切替メニュー]で[ポップアップ]を選択している場合は、パネル切替キー をタップしてから、入力したい文字種をタップします。

    • 絵文字を入力する
      絵文字 をタップします。

      ※Android 4.1~4.3の端末では、Unicodeパネル切替キー をタップして、Unicode絵文字パネルに切り替えることができます。

    • 顔文字を入力する
      顔文字 をタップします。
    • 記号を入力する
      記号 をタップします。
  2. パネル上部の分類をタップします。
    顔文字パネル

    ※顔文字入力パネルを表示した場合の画面です。選択したパネルによって、表示される画面は異なります。

    全画面表示 をタップすると、入力パネルが全画面表示されます。


    • 入力履歴から文字を入力する
      [履歴]をタップします。

      ※履歴は、入力パネルごとに30個まで表示できます。初期状態では、9個の絵文字/顔文字/記号が表示されています。

    • Myコレに登録した文字を入力する
      [Myコレ]をタップします。

      ※Myコレは、お気に入りの絵文字/顔文字/記号を登録して簡単に呼び出す機能です。入力パネルごとに100個まで登録・表示できます。

      Myコレを登録・変更する(入力パネル)

  3. 入力したい文字をタップします。
© JustSystems
Home

Myコレを登録・変更する(入力パネル)

Myコレを登録・変更する(入力パネル)

絵文字/顔文字/記号入力パネル上で、Myコレの登録文字を設定します。


※Myコレユーティリティで設定することもできます。

Myコレを登録・変更する(Myコレユーティリティ)


Myコレを登録する

  1. パネル上部で[Myコレ]以外の分類をタップし、Myコレに登録したい文字を表示します。
  2. 登録したい文字をロングタップします。
  3. [OK]をタップします。

    パネル上部で[Myコレ]をタップしたときに、選択した文字が表示されるようになります。

Myコレの表示順を変更する

  1. パネル上部で[Myコレ]をタップします。
  2. 移動したい文字をロングタップします。
  3. [上に移動]~[末尾に移動]のどれかをタップします。

    Myコレの表示順が変更されます。

Myコレを削除する

  1. パネル上部で[Myコレ]をタップします。
  2. 削除したい文字をロングタップします。
  3. [削除]をタップします。

    選択した文字が、Myコレから削除されます。

Myコレを別の端末に引き継ぐ

お使いの端末を買い換えたりなどするときに、現在の端末で使用しているMyコレを、新しく購入する端末に引き継ぐことができます。

Myコレを別の端末に引き継ぐ

© JustSystems
Home

Myコレを登録・変更する(Myコレユーティリティ)

Myコレを登録・変更する(Myコレユーティリティ)

Myコレユーティリティを利用して、Myコレに登録する文字を設定します。

※入力パネル上で設定することもできます。

Myコレを登録・変更する(入力パネル)


  1. 文字種切替キー をロングタップし、[ATOK設定]をタップします。
  2. [ツール-Myコレユーティリティ]をタップします。
  3. ATOK Myコレユーティリティ上部の▼をタップして、Myコレを編集するパネルを選択します。

※絵文字/顔文字/記号入力パネルの[Myコレ]で文字をロングタップし、[一覧編集]をタップするのも同じです。

Myコレを登録する

顔文字や記号をMyコレに登録します。

※絵文字は、Myコレユーティリティからは登録できません。絵文字入力パネルで選択して登録します。

  1. 端末の[MENU]ボタンを押して[新規登録]をタップします。
  2. 入力欄をタップし、登録したい顔文字または記号を入力します。
  3. [OK]をタップします。

    入力した文字が一覧に追加されます。

Myコレを編集する

Myコレに登録された顔文字や記号を編集します。

※絵文字は編集できません。

  1. 一覧で、編集したい文字をタップします。
  2. 入力欄で文字を編集します。
  3. [OK]をタップします。

    編集内容がMyコレに反映されます。

Myコレの表示順を変更する

  1. 一覧で、移動したい文字をロングタップします。
  2. [上に移動]~[末尾に移動]のどれかをタップします。

    ※文字の表示位置によっては、[上に移動]~[末尾に移動]が表示されない場合があります。

    Myコレの表示順が変更されます。

Myコレを削除する

  1. 一覧で、削除したい文字をロングタップします。
  2. [削除]をタップします。

    選択した文字が、Myコレから削除されます。

※すべての登録文字を削除するには、端末の[MENU]ボタンを押して[全削除]をタップします。

Myコレを別の端末に引き継ぐ

お使いの端末を買い換えたりなどするときに、現在の端末で使用しているMyコレを、新しく購入する端末に引き継ぐことができます。

Myコレを別の端末に引き継ぐ

© JustSystems
Home

Myコレを別の端末に引き継ぐ

Myコレを別の端末に引き継ぐ

お使いの端末を買い換えたりなどするときに、現在の端末のATOK for Android [Professional]で使用しているMyコレの内容を、新しく購入する端末のATOK for Android [Professional]に引き継ぐことができます。
現在お使いの端末と、新しく購入した端末とで、それぞれ次の操作をします。

※Android端末間でのファイルのやりとりにはSDカードを利用できます。SDカードの使用方法について詳しくは、お使いのAndroid端末のマニュアルをご覧ください。

手順1:現在お使いの端末で、Myコレファイルを作成する

  1. 文字種切替キー をロングタップし、[ATOK設定]をタップします。
  2. [ツール-Myコレユーティリティ]をタップします。
    ATOK Myコレユーティリティが表示されます。
  3. 端末の[MENU]ボタンを押して[エクスポート]をタップします。
    出力先を選択する画面が表示されます。
  4. [場所]で、Myコレファイルを出力する場所を選択します。

    ※SDカードを利用できます。

  5. [名前]で、Myコレファイルの名前を確認します。

    ※あとで、新しく購入した端末でMyコレファイルを取り込むときのために、場所と名前は忘れないようにしてください。

  6. [OK]をタップします。
  7. 確認メッセージが表示されるので、Myコレファイルの出力場所と名前を確認し、[はい]をタップします。
    Myコレの内容がファイルに出力され、保存を知らせるメッセージが表示されます。
  8. [OK]をタップします。

手順2:新しく購入した端末で、Myコレの内容を取り込む

  1. 文字種切替キー をロングタップし、[ATOK設定]をタップします。
  2. [ツール-Myコレユーティリティ]をタップします。
    ATOK Myコレユーティリティが表示されます。
  3. 端末の[MENU]ボタンを押して[インポート]をタップします。
    ファイルを開く画面が表示されます。
  4. [場所]で、取り込みたいMyコレファイルのある場所を選択します。
  5. フォルダ・ファイルの一覧で、Myコレファイルを選択します。
  6. [OK]をタップします。
  7. 確認メッセージが表示されるので、[はい]をタップします。
    Myコレの内容が取り込まれ、結果が表示されます。
  8. 取り込み結果を確認し、[OK]をタップします。
© JustSystems
Home

定型文を使う

定型文を使う

「電話ください」や「http://」など、あらかじめ登録された定型文を呼び出して簡単に入力します。
よく使う文章を登録することもできます。

定型文を入力する

  1. パネル切替キー をロングタップして、定型文 をタップします。

    ※ATOKの設定の[画面・表示-キーボード切替メニュー]で[ポップアップ]を選択している場合は、パネル切替キー をタップして、定型文 をタップします。

  2. 定型文入力パネル上部でカテゴリーを選択し、入力したい定型文をタップします。

    ※改行を含む定型文は、アプリケーションによっては改行されない場合があります。

入力履歴から入力する

  1. パネル切替キー をロングタップして、定型文 をロングタップします。
    右側に定型文の入力履歴が最大8個(大きい画面の場合は最大12個)まで表示されます。
  2. 入力したい定型文をタップします。

定型文を登録・編集・削除する

  1. 文字種切替キー をロングタップし、[ATOK設定]をタップします。
  2. [ツール-定型文ユーティリティ]をタップします。

    ATOK 定型文ユーティリティが表示されます。

定型文を登録する

  1. 端末の[MENU]ボタンを押して[新規作成]をタップします。
  2. 登録したい文章を入力します。

    ※一覧に表示されるタイトルを文章とは別に編集したいときは、端末の[MENU]ボタンを押して[タイトル変更]をタップします。

  3. カテゴリーを選択し、[登録]をタップします。

定型文を編集する

  1. 定型文の一覧で、編集したい定型文をタップします。
  2. 文章を編集します。

    ※タイトルも変更したいときは、端末の[MENU]ボタンを押して[タイトル変更]をタップします。

    ※カテゴリーを移動したいときは、移動先のカテゴリーを選択します。

    ※タイトルやカテゴリーの変更は、定型文の一覧で定型文をロングタップして表示されるメニューからも行えます。

  3. [登録]をタップします。

定型文を削除する

  1. 定型文の一覧で、削除したい定型文をロングタップします。

    ※定型文をタップして、端末の[MENU]ボタンを押すのも同じです。

  2. メニューから[削除]をタップします。
  3. 確認メッセージが表示されるので、[はい]をタップします。

定型文を別の端末に引き継ぐ

お使いの端末を買い換えたりなどするときに、現在の端末で使用している定型文を、新しく購入する端末に引き継ぐことができます。

定型文を別の端末に引き継ぐ

© JustSystems
Home

定型文を別の端末に引き継ぐ

定型文を別の端末に引き継ぐ

お使いの端末を買い換えたりなどするときに、現在の端末のATOK for Android [Professional]で使用している定型文を、新しく購入する端末のATOK for Android [Professional]に引き継ぐことができます。
現在お使いの端末と、新しく購入した端末とで、それぞれ次の操作をします。

※Android端末間でのファイルのやりとりにはSDカードを利用できます。SDカードの使用方法について詳しくは、お使いのAndroid端末のマニュアルをご覧ください。

手順1:現在お使いの端末で、定型文ファイルを作成する

  1. 文字種切替キー をロングタップし、[ATOK設定]をタップします。
  2. [ツール-定型文ユーティリティ]をタップします。
    ATOK 定型文ユーティリティが表示されます。
  3. 端末の[MENU]ボタンを押して[エクスポート]をタップします。
    出力先を選択する画面が表示されます。
  4. [場所]で、定型文ファイルを出力する場所を選択します。

    ※SDカードを利用できます。

  5. [名前]で、定型文ファイルの名前を確認します。

    ※あとで、新しく購入した端末で定型文ファイルを取り込むときのために、場所と名前は忘れないようにしてください。

  6. [OK]をタップします。
  7. 確認メッセージが表示されるので、定型文ファイルの出力場所と名前を確認し、[はい]をタップします。
    定型文がファイルに出力され、保存を知らせるメッセージが表示されます。
  8. [OK]をタップします。

手順2:新しく購入した端末で、定型文を取り込む

  1. 文字種切替キー をロングタップし、[ATOK設定]をタップします。
  2. [ツール-定型文ユーティリティ]をタップします。
    ATOK 定型文ユーティリティが表示されます。
  3. 端末の[MENU]ボタンを押して[インポート]をタップします。
    ファイルを開く画面が表示されます。
  4. [場所]で、取り込みたい定型文ファイルのある場所を選択します。
  5. フォルダ・ファイルの一覧で、定型文ファイルを選択します。
  6. [OK]をタップします。
  7. 確認メッセージが表示されるので、[はい]をタップします。
    定型文が取り込まれ、結果が表示されます。
  8. 取り込み結果を確認し、[OK]をタップします。
© JustSystems
Home

単語を登録・編集・削除する

単語を登録・編集・削除する

人名や専門用語など、変換できない単語をユーザー辞書に登録して、簡単に変換できるようにします。


  1. 文字種切替キー をロングタップし、[ATOK設定]をタップします。
  2. [ツール-辞書ユーティリティ]をタップします。

    ATOK 辞書ユーティリティが表示されます。

単語を登録する

  1. 端末の[MENU]ボタンを押して[新規登録]をタップします。
  2. 単語と読みを入力します。

    登録できる表記と読み

  3. 品詞を選択し、[登録]をタップします。

文字種切替キー をロングタップし、ATOKメニューから[単語登録]を選択しても、単語登録画面を表示できます。

◆単語登録情報の収集にご協力ください

ジャストシステムでは、今後のよりよい製品づくりのため、お客様が単語登録される情報(単語・読み・品詞)を弊社にご提供いただけますようご協力をお願いしております。
ご協力いただける方は、[単語登録情報を送信する]をオンにして[登録]をタップしてください。[登録]をタップした時点で、インターネットを通じて単語登録情報が自動的に弊社に送信されます。

単語を編集する

  1. 登録単語の一覧で、編集したい単語をタップします。
  2. 単語を編集します。

    登録できる表記と読み

  3. [修正]をタップします。

単語を削除する

  1. 登録単語の一覧で、削除したい単語をロングタップし、[削除]をタップします。

    ※登録単語をすべて削除したいときは、端末の[MENU]ボタンを押して[全削除]をタップします。

  2. 確認メッセージが表示されるので、[はい]をタップします。
© JustSystems
Home

登録できる表記と読み

登録できる表記と読み

ユーザー辞書に登録できる単語の表記と読みは次のとおりです。

◆表記

全角・半角を問わず、100文字以内で入力します。

※特殊な記号など、一部の文字を使用しているときは、100文字より少ない場合があります。

◆読み

全角・半角を問わず、32文字以内で入力します。
全角ひらがな、全角/半角カタカナ、アルファベット、数字・記号(゛゜ー-+*/_#$%&=@:;・<>~。、「」)を使用できます。

※濁点・半濁点の付いた文字は2文字と数えます。

※読みの先頭に、次の文字は使用できません。
-(マイナス)゙゚
-(マイナス)゛゜

© JustSystems
Home

別のATOKの登録単語を利用する

別のATOKの登録単語を利用する

Windows版やMac版のATOKに登録している単語を取り込んで本製品で利用するには、次の方法があります。



※ATOK for Androidに登録している単語を取り込んで、本製品(ATOK for Android [Professional])で利用する方法は、次をご覧ください。

ATOK for Androidの登録単語・定型文・Myコレを利用する

© JustSystems
Home

別のATOKの単語を取り込む

別のATOKの単語を取り込む

Windows版やMac版のATOKに登録している単語を取り込んで本製品で利用するには、次の操作をします。

※パソコンとAndroid端末間での単語ファイルのやりとりには、パソコンとAndroid端末をUSBケーブルでつなぐ方法や、SDカードに保存する方法があります。USBケーブルやSDカードの使用方法について詳しくは、お使いのAndroid端末のマニュアルをご覧ください。

手順1:単語ファイルを作成する

Windows版やMac版のATOKに登録している単語を単語ファイルとして保存し、Android端末で参照できるようにします。

※単語ファイルの作成方法は、それぞれのATOKのヘルプをご覧ください。

手順2:単語を取り込む

  1. 文字種切替キー をロングタップし、[ATOK設定]をタップします。
  2. [ツール-辞書ユーティリティ]をタップします。

    ATOK 辞書ユーティリティが表示されます。

  3. 端末の[MENU]ボタンを押して[一括登録]をタップします。
  4. 単語ファイルの保存先とファイル名を選択し、[OK]をタップします。
  5. [登録]をタップします。

    ※文字入力・確定時に自動的に辞書に学習された単語も登録する場合は、[自動登録単語は含めない]をオフにします。

    単語が登録され、結果が表示されます。

  6. [閉じる]をタップします。
© JustSystems
Home

登録した単語を別のATOKで使う

登録した単語を別のATOKで使う

本製品で登録した単語をWindows版やMac版のATOKで利用するには、次の操作をします。

※パソコンとAndroid端末間での単語ファイルのやりとりには、パソコンとAndroid端末をUSBケーブルでつなぐ方法、SDカードに保存する方法があります。USBケーブルやSDカードの使用方法について詳しくは、お使いのAndroid端末のマニュアルをご覧ください。

手順1:単語ファイルを作成する

  1. 文字種切替キー をロングタップし、[ATOK設定]をタップします。
  2. [ツール-辞書ユーティリティ]をタップします。

    ATOK 辞書ユーティリティが表示されます。

  3. 端末の[MENU]ボタンを押して[一覧出力]をタップします。
  4. 単語ファイルの保存先を指定し、ファイル名を入力して[OK]をタップします。
  5. [実行]をタップします。

    ファイルに出力され、結果が表示されます。

  6. [閉じる]をタップします。

手順2:単語を取り込む

作成した単語ファイルをパソコンで参照できるようにし、Windows版やMac版のATOKの辞書ユーティリティを使用して単語を登録します。

※単語の登録方法は、それぞれのATOKのヘルプをご覧ください。

© JustSystems
Home

ATOK for Android [Professional]の設定を引き継ぐ

ATOK for Android [Professional]の設定を引き継ぐ

お使いの端末を買い換えたりなどするときに、現在お使いの端末でのATOK for Android [Professional]の設定を、新しく購入する端末のATOK for Android [Professional]に引き継ぐことができます。
現在お使いの端末と、新しく購入した端末とで、それぞれ次の操作をします。

※Android端末間でのファイルのやりとりにはSDカードを利用できます。SDカードの使用方法について詳しくは、お使いのAndroid端末のマニュアルをご覧ください。

手順1:現在お使いの端末で、本製品の設定を保存する

  1. 文字種切替キー をロングタップし、[ATOK設定]をタップします。
  2. [ツール-設定の入出力]をタップし、[設定のエクスポート]をタップします。
    出力先を選択する画面が表示されます。
  3. [場所]で、ATOK for Android [Professional]の設定ファイルを出力する場所を選択します。

    ※SDカードを利用できます。

  4. [名前]で、設定ファイルの名前を確認します。

    ※あとで、新しく購入した端末に設定を引き継ぐときのために、場所と名前は忘れないようにしてください。

  5. [OK]をタップします。
  6. 確認メッセージが表示されるので、設定ファイルの出力場所と名前を確認し、[OK]をタップします。

手順2:新しく購入した端末で、手順1で保存した設定を読み込む

  1. 文字種切替キー をロングタップし、[ATOK設定]をタップします。
  2. [ツール-設定の入出力]をタップし、[設定のインポート]をタップします。
    ファイルを開く画面が表示されます。
  3. [場所]で、読み込みたいATOK for Android [Professional]の設定ファイルのある場所を選択します。
  4. フォルダ・ファイルの一覧で、設定ファイルを選択します。
  5. [OK]をタップします。
  6. 確認メッセージが表示されるので、[OK]をタップします。
◆ATOK for Android [Professional]の設定

[ATOKの設定]で設定できる項目のほとんどは引き継ぐことができます。
ただし、引き継ぐことのできない設定や、別の機種の端末には引き継ぐことができない設定もあります。

© JustSystems
Home

別のATOKと登録単語を同期する-ATOK Sync AP-

別のATOKと登録単語を同期する-ATOK Sync AP-

「ATOK Sync アドバンス」とは、自分用に育ててきたユーザー辞書(登録単語や変換候補の並び順)、省入力データ、お気に入り文書などのATOKの環境を、どのパソコンでも常に使えるようにするサービスです。ジャストシステムのオンラインストレージサービス「インターネットディスク」を使うことで、ATOKを最大限に活用できます。


ATOK Passportでお使いのATOK for Android、ATOK for Windows、ATOK for Macにおいて、登録した単語が同期できます。同期を実行すると、どの端末に登録単語を登録していても、他の端末からも利用できます。Androidで登録した単語でも、WindowsやMacでも利用可能です。

お使いのATOK ATOK Syncサービス PC > Android Android > PC
ATOK for Android (Passport版)
ATOK for Android [Professional]
ATOK Sync AP
その他のAndroid版
 
ATOK Sync アドバンス ×

ATOK Sync APでは、Android端末間での同期も行えます。スマホとタブレットなど、複数台のAndroidで同じ登録単語が利用できます。

ATOK Sync APでは、Androidで単語の修正や、不要な単語の削除をした場合において、同期すると他の端末からも削除されます。そのため、一つの端末で削除すれば、各端末で削除する必要はありません。ただし、同じ単語に複数の端末で変更を加えた場合は、削除されないことがあります。

ATOK for Android [Professional]で同期できるのは登録単語のみです。登録単語以外のデータを取り込むことはできません。

※ATOK Syncで同期対象となるデータは、『ユーザー辞書』の単語です。同期によりAndroidに取り込まれた単語は、辞書ユーティリティから確認できます。

※ATOK Sync APは、ATOK Passportでご利用可能なPassport版のATOKにのみ利用いただけます。[ATOKの設定]-[バージョン情報]より、『Passport版 Pro Ver.2.1.7』 (バージョンがこれ以上の場合を含む)の際に利用可能です。この場合、ATOKの設定の[ATOKクラウドサービス]-[ATOK Sync]は、ATOK Sync APで動作します。

※ATOK Sync APにより、ATOK for WindowsやATOK for Macから取り込まれた単語は、ATOK for Android [Professional]のATOK Syncを自動同期しない設定にしても、利用可能です。

◆ATOK Sync AP利用時の注意点

手順1:ATOK Sync APを有効にする

  1. 文字種切替キー をロングタップし、[ATOK設定]をタップします。
  2. [ATOKクラウドサービス]をタップします。
  3. [ATOK Sync]をタップし、[初期設定]をタップにします。

    ※初期設定がグレーアウトしている場合は、初期設定が完了しています。手順2に移ります。

  4. Just アカウントに登録しているメールアドレスまたはUser IDを入力し、パスワードを入力します。

    ※User IDは、ジャストシステム製品を初めてユーザー登録したときや、Just MyShopなどのサービスに入会したときに発行される、お客様専用の10桁の番号です。ユーザー登録したときの登録完了画面や登録完了メールに記載されます。

    ※パスワードを表示したまま入力したい場合は、[パスワードを表示する]をオンにします。

  5. 画面下側の[ログイン]をタップします。

    認証に成功すると、ATOK Syncの設定画面に戻ります。

手順2:単語を取り込む

単語を手動で更新するか、自動的に更新されるようにするかで操作が異なります。

手動で単語を取り込む

  1. ATOK Syncの設定画面で、[今すぐ同期]をタップします。

    自動で更新されないようにする場合は、[自動更新]をオフにします。

    ※同期処理にかかる時間について
    同期にはしばらく時間がかかる場合があります。
    次のような要因が、同期の速度に影響を与えます。

    • サーバーに格納されている登録単語の数が多い
    • お使いの端末に登録している登録単語の数が多い
    • 前回同期してから、登録単語の変更内容の多い
    • お使いの端末の性能(CPU/メモリ/OSバージョン)
    • 接続されているネットワークの通信速度
    これらのうちの一つ、あるいは複数の組み合わせにより、 同期完了まで数分程度の時間がかかる場合があります。

自動で単語を取り込む

  1. ATOK Syncの設定画面で、[自動同期]がオンになっていることを確認します。
  2. [更新間隔]で、単語を更新する頻度を設定します。
  3. Wi-Fiに接続しているときだけ更新したい場合は、[Wi-Fi接続時のみ更新]をオンにします。

同期した単語を確認する

同期した単語は、辞書ユーティリティで確認します。

  1. ATOKの設定から、[ツール]-[辞書ユーティリティ]をタップします。

    辞書ユーティリティー画面に、単語の一覧が表示されます。

  2. 同期した単語を確認します。

    画面下部には、単語数とページ数が表示されています。ほかのページを表示するには、端末の[MENU]ボタンを押して[次ページへ]や[前ページへ]をタップします。

ログイン状態をクリアする

ATOK Syncのログイン状態をクリアするには、[ログイン状態をクリアする]のボタンをタップします。ログイン状態をクリアすると、再度ATOK Syncを利用するにはJust アカウントのログインが必要となります。ログイン状態をクリアしても、すでに同期されているユーザー辞書の登録単語は削除されません。

© JustSystems
Home

最新の単語を利用できるようにする-ATOKキーワードExpress-

最新の単語を利用できるようにする-ATOKキーワードExpress-

「ATOKキーワードExpress」とは、大きなニュースや話題に付けられる名称、新しく発売された製品名などの新しいキーワードが配信されるサービスです。配信を受け取ると、変換時に利用できるようになります。

手順1:ATOKキーワードExpressを有効にする

  1. 文字種切替キー をロングタップし、[ATOK設定]をタップします。
  2. [ATOKクラウドサービス]をタップします。
  3. [ATOKキーワードExpress]をタップし、[有効にする]をオンにします。

    ※項目が淡色で表示され、タップできない状態の場合は、[クラウドサービス有効化]をタップします。

  4. Just アカウントに登録しているメールアドレスまたはUser IDを入力し、パスワードを入力します。

    ※User IDは、ジャストシステム製品を初めてユーザー登録したときや、Just MyShopなどのサービスに入会したときに発行される、お客様専用の10桁の番号です。ユーザー登録したときの登録完了画面や登録完了メールに記載されます。

    ※パスワードを表示したまま入力したい場合は、[パスワードを表示する]をオンにします。

  5. 画面下側の[サインイン]をタップします。

    認証に成功すると、ジャンルの選択画面が表示されます。

    ※利用可能なサービスの選択画面が表示された場合は、[ATOKキーワードExpress]をオンにし、[OK]をタップしたあと、[ATOKキーワードExpress]をタップします。

  6. 一覧でキーワードを受信するジャンルを設定して[OK]をタップします。
  7. [更新を通知]で、キーワードの更新時に通知をするかしないかを設定します。

ATOKキーワードExpressでキーワードを受信しないようにするには、操作3.で[有効にする]をオフにします。
特定のジャンルのキーワードを受信しないようにするには、操作6.でジャンルをタップしてオフにします。

手順2:キーワード受信の設定をする

キーワードを手動で受信するか、自動的に受信するようにするかで操作が異なります。

手動でキーワードを受信する

  1. ATOKキーワードExpress画面で、[今すぐ受信]をタップします。

    自動で受信しないようにする場合は、[自動受信]をオフにします。

自動でキーワードを受信する

  1. ATOKキーワードExpress画面で、[自動受信]がオンになっていることを確認します。
  2. [受信間隔]で、キーワードを受信する頻度を設定します。
  3. Wi-Fiに接続しているときだけ受信したい場合は、[Wi-Fi接続時のみ受信]をオンにします。

前回受信したキーワードの一部は、次の操作で確認できます。

  1. ATOKキーワードExpress画面で、[ジャンルの選択]をタップします。
  2. ジャンルをロングタップし、[前回受信したキーワード]をタップします。
© JustSystems
Home

Web上の電子辞典を利用する-ATOKクラウド辞典サービス-

Web上の電子辞典を利用する-ATOKクラウド辞典サービス-

Web上の電子辞典を利用して、ことばの意味を調べることができます。

ATOKクラウド辞典検索を有効にする

  1. 文字種切替キー をロングタップし、[ATOK設定]をタップします。
  2. [ATOKクラウドサービス]をタップします。
  3. 各項目が淡色で表示され、タップできない状態の場合は、[クラウドサービス有効化]をタップします。
    タップできる状態の場合は、手順7.に進みます。
  4. Just アカウントに登録しているメールアドレスまたはUser IDを入力し、パスワードを入力します。

    ※User IDは、ジャストシステム製品を初めてユーザー登録したときや、Just MyShopなどのサービスに入会したときに発行される、お客様専用の10桁の番号です。ユーザー登録したときの登録完了画面や登録完了メールに記載されます。

    ※パスワードを表示したまま入力したい場合は、[パスワードを表示する]をオンにします。

  5. 画面下側の[サインイン]をタップします。
  6. [ATOKクラウド辞典検索]をタップします。

    認証に成功すると、辞典の一覧が表示されます。

    ※項目が淡色で表示されている場合は、画面右上の[OFF]をスライドして[ON]に変更します。

  7. 利用したい辞典がオンになっていることを確認します。

検索する辞典の設定を変更する・情報を確認する

辞典は、検索しないように検索対象から外したり、優先度を変更したりできます。詳細情報を確認することもできます。

  1. 文字種切替キー をロングタップし、[ATOK設定]をタップします。
  2. [ATOKクラウドサービス-ATOKクラウド辞典検索]をタップします。

    ATOKクラウド辞典検索画面が表示されます。

検索対象から外す

  1. 一覧で、検索対象から外したい辞典をオフにします。

優先度を変更する

  1. 一覧で、優先度を変更したい辞典をロングタップして、[優先度を上げる]または[優先度を下げる]をタップします。

    選択した辞典の表示順が変更され、検索時の優先度が変更されます。

情報を確認する

  1. 一覧で、情報を表示したい辞典をロングタップして、[詳細]をタップします。

    選択した辞典について説明したWebページが表示されます。

ATOKクラウド辞典でことばの意味を調べる

ATOKクラウド辞典を利用してことばの意味を調べます。


  1. 入力パネルから、調べたいことばの先頭の文字を入力します。
  2. 推測変換候補の中から、調べたいことばをロングタップします。

    情報ウインドウに、ATOKクラウド辞典の検索結果が表示されます。
    ATOKクラウド辞典検索

    ※検索結果には、見つかったことばを含む辞典の名前がタブ形式で表示され、辞典内で見つかったことば、ことばの説明の概要が表示されます。

  3. 目的に応じて操作を行います。
    • 説明の詳細を見る
      説明の概要部分をタップします。情報ウインドウに辞典内容の詳細が表示されます。
      詳細説明を閉じるには[閉じる]をタップするか端末の[BACK]ボタンを押します。

      ※詳細説明にリンクが表示されているときは、タップして別の説明を見ることができます。別の説明から元の説明に戻るには、[戻る]をタップします。

    • 部分一致検索を行う
      詳細説明が表示されているときに[見出し語検索]をタップすると、検索中のキーワードを含む結果が一覧表示されます。
    • 辞典を切り替える
      辞典名のタブをタップします。
    • 検索結果を閉じる
      端末の[BACK]ボタンを押します。
© JustSystems
Home

Web上の推測変換候補を利用する-ATOKクラウド推測変換サービス-

Web上の推測変換候補を利用する-ATOKクラウド推測変換サービス-

Web上の推測変換候補や変換候補を利用して、変換することができます。

ATOKクラウド推測変換を有効にする

  1. 文字種切替キー をロングタップし、[ATOK設定]をタップします。
  2. [ATOKクラウドサービス]をタップします。
  3. 各項目が淡色で表示され、タップできない状態の場合は、[クラウドサービス有効化]をタップします。
    タップできる状態の場合は、手順7.に進みます。
  4. Just アカウントに登録しているメールアドレスまたはUser IDを入力し、パスワードを入力します。

    ※User IDは、ジャストシステム製品を初めてユーザー登録したときや、Just MyShopなどのサービスに入会したときに発行される、お客様専用の10桁の番号です。ユーザー登録したときの登録完了画面や登録完了メールに記載されます。

    ※パスワードを表示したまま入力したい場合は、[パスワードを表示する]をオンにします。

  5. 画面下側の[サインイン]をタップします。
  6. [ATOKクラウド推測変換]をタップします。

    ※項目が淡色で表示されている場合は、画面右上の[OFF]をスライドして[ON]に変更します。

  7. 利用できる単語数を確認し、ATOKクラウド推測変換の候補を自動表示するかしないかの設定などを行います。

    ※自動表示する場合は、何文字入力した時点で候補を表示するかの設定も行います。

ATOKクラウド推測変換の候補を利用して変換する

Webの推測変換候補を表示する

ATOKクラウド推測変換の候補を自動表示しない設定にしている場合は、操作1.を行ってATOKクラウド推測変換の推測変換候補を表示します。
自動表示する設定にしている場合は、設定した文字数(初期設定では4文字)を入力すると、ATOKクラウド推測変換の推測変換候補も一覧の最後に表示されます。

※推測変換候補を表示するには、ATOKの設定の[変換・候補-推測変換]をオンにしておく必要があります。

  1. 入力パネルから2文字以上入力し、推測変換候補の一覧の右上に表示される クラウド推測変換ボタン をタップします。

    クラウド推測変換の前

    右上の表示が クラウド候補検索中 に変わり、ATOKクラウド推測変換の推測変換候補が検索されます。


    検索が終了すると、ATOKクラウド推測変換の推測変換候補が一覧の最後に追加され、追加された候補の位置に自動的にスクロールします。
    クラウド推測変換の後

    ATOKクラウド推測変換の推測変換候補には、先頭にジャンルを示すマーク( クラウド候補のジャンルアイコンクラウド候補のジャンルアイコン など)が付きます。

Webの変換候補を表示する

  1. 入力パネルから読みを入力して変換し、変換候補の右上に表示される クラウド推測変換ボタン をタップしまます。
    ATOKクラウド推測変換の変換候補が、一覧の最後のほうに表示されます。
    ATOKクラウド推測変換の変換候補には、先頭にジャンルを示すマーク( クラウド候補のジャンルアイコンクラウド候補のジャンルアイコン など)が付きます。

※ATOKクラウド推測変換で確定した文字は、変換前の状態に戻すことはできません。

※ATOKクラウド推測変換で確定して学習した単語は、以降、推測変換候補として表示されます。変換候補としては表示されません。

© JustSystems
Home

後半しか思い出せないことばを変換する-ATOKナントカ変換サービス-

後半しか思い出せないことばを変換する-ATOKナントカ変換サービス-

「なんとか」に続けてことばを入力すると、後半が一致する候補を表示することができます。

ATOKナントカ変換を有効にする

  1. 文字種切替キー をロングタップし、[ATOK設定]をタップします。
  2. [ATOKクラウドサービス]をタップします。
  3. 各項目が淡色で表示され、タップできない状態の場合は、[クラウドサービス有効化]をタップします。
    タップできる状態の場合は、手順7.に進みます。
  4. Just アカウントに登録しているメールアドレスまたはUser IDを入力し、パスワードを入力します。

    ※User IDは、ジャストシステム製品を初めてユーザー登録したときや、Just MyShopなどのサービスに入会したときに発行される、お客様専用の10桁の番号です。ユーザー登録したときの登録完了画面や登録完了メールに記載されます。

    ※パスワードを表示したまま入力したい場合は、[パスワードを表示する]をオンにします。

  5. 画面下側の[サインイン]をタップします。
  6. [ATOKナントカ変換]をタップします。

    ※項目が淡色で表示されている場合は、画面右上の[OFF]をスライドして[ON]に変更します。

  7. ナントカ変換を行うトリガーとなる2文字以上のことば、または記号を入力して文字を設定します。

    ※トリガーとなる文字は5つまで設定できます。

ATOKナントカ変換の候補を利用して変換する

ATOKナントカ変換の候補を表示する

※ナントカ変換の候補を表示するには、ATOKの設定の[変換・候補-推測変換]をオンにしておく必要があります。

  1. トリガーとなることば(例:「なんとか」)に続けて入力パネルから2文字以上入力します。

    検索が終了すると、ATOKナントカ変換の換候補が一覧に表示されます。

    ATOKナントカ変換の候補には、先頭にジャンルを示すマーク( クラウド候補のジャンルアイコンクラウド候補のジャンルアイコン など)が付きます。

© JustSystems
Home

ほかのアプリケーションと連携する

ほかのアプリケーションと連携する

ATOKダイレクト機能を使用すると、本製品で入力した文字で外部のアプリケーションのデータを呼び出し、ATOKの入力画面で利用することができます。


  1. パネル切替キー をロングタップし、ATOKダイレクト をタップします。

    ※ATOKの設定の[画面・表示-キーボード切替メニュー]で[ポップアップ]を選択している場合は、パネル切替キー をタップして選択します。

    ATOKダイレクト画面が表示されます。

  2. 利用したいアプリケーションを選択します。

    アプリケーションが起動します。アプリケーションに応じて、入力する情報を選択します。

※ATOKの設定の[画面・表示-キーボード切替メニュー]で[スライド]を選択している場合は、パネル切替キー 上でスライドして ATOKダイレクト まで移動すると、ATOKダイレクトの実行履歴からアプリケーションを選択できるようになります。履歴には最近使用された16個(大きい画面の場合は24個)のアプリケーションが表示されます。

◆利用できるアプリケーション

Google Playでマッシュルーム機能を持つアプリケーションをインストールすると、自動的にATOKダイレクト画面の一覧に表示され、ATOKから呼び出せるようになります。
本製品には、「電話帳/ATOKダイレクト」が搭載されています。「電話帳/ATOKダイレクト」はATOKダイレクトのプラグインで、端末にインストールされている電話帳から、名前/住所/電話番号/Eメールアドレスの情報を呼び出すことができます。

※インストールされている電話帳のアプリケーションは、端末によって異なります。

© JustSystems
Home

ハードウェアキーボードを利用する

ハードウェアキーボードを利用する

端末に接続したハードウェアキーボードから、ATOKを利用して文字を入力できます。

※104キー(US配列)、109キー(JIS配列)でのキーボードで動作を確認しています。これら以外のキー配列では正しく動作しない場合があります。

※Bluetooth接続、USBホスト機能によって端末と接続したキーボードをご利用ください。

※キーボードを内蔵した機種からの入力は、動作保証外です。

ハードウェアキーボードの設定をする-ATOK設定-

  1. 文字種切替キー をロングタップし、[ATOK設定]をタップします。
  2. [ハードキーボード・手書き-ハードキーボードのキー配列]をタップします。
    接続するハードウェアキーボードが、英字(US)配列なのか、日本語(JIS)配列なのかを選択します。
  3. [ハードキーボードを優先]をオンまたはオフにします。
    ハードウェアキーボードを接続したときに、ATOKの入力パネルが表示されないようにしたいときはオンにします。
    オフにすると、ハードウェアキーボードから文字を入力するまでは、ATOKの入力パネルが表示されたままになります。

    ※表示されなくなったATOKの入力パネルは、ハードウェアキーボードの接続を外すと表示されるようになりますが、接続したままで一時的に表示させることもできます。下記「ハードウェアキーボードを利用する」の説明をご覧ください。

  4. [キー割り当ての設定]をタップし、ハードウェアキーボードのキー割り当てを設定します。

ハードウェアキーボードを利用する

ハードウェアキーボードを接続すると、ハードウェアキーボードからかなや英字を入力して、ATOKを利用した入力・変換ができます。

ハードウェアキーボードから実行できるATOKの機能


ハードウェアキーボードからATOKを利用して入力するときは、次のようなATOKの簡易パネルが表示されます。
簡易パネル


簡易パネルからは、ATOKの次の機能を実行できます。

※ATOKの入力パネルが表示されているときは、ATOKの簡易パネルは表示されません。ハードウェアキーボードから文字を入力すると、ATOKの簡易パネルが表示されるようになります。

© JustSystems
Home

Tips集

Tips集

ATOK for Android [Professional]を、より便利に使うための機能を紹介しています。

入力パネルを便利に使う

フリック操作で使える便利な機能

QWERTY入力パネルで数字や記号を簡単に入力する

QWERTY入力パネルで連続して大文字を入力する

テンキー入力パネルで「~」を簡単に入力する

絵文字や顔文字の入力パネルを全画面表示する

変換候補一覧を便利に使う

候補一覧を大きく表示する

変換候補を使ってアプリケーションを呼び出す

変換候補の説明を表示する

変換候補から大文字/小文字を切り替える

変換候補を削除する

L字メニューを便利に使う

L字メニューをスライド操作で表示する

ほかのアプリケーションと連携する

入力パネルを隠す

ATOKメニューを便利に使う

ATOKの設定画面/単語登録画面/入力方法の選択画面を表示する

クイック設定を利用する

© JustSystems
Home

フリック操作で使える便利な機能

フリック操作で使える便利な機能

入力パネル上のフリック操作で使用できる、便利な機能を紹介します。

←・→キー

上/下/左/右のフリック操作で、矢印の方向以外に移動できます。スライド操作でも移動できます。

Spaceキー

上にフリックすると、全角/半角を切り替えてスペースを入力できます。

文字削除キー

上にフリックすると、タップしたときと違う方法で文字を削除できます。


また、指をスライドして少し待つと、文字をまとめて削除できるようになります。

※ATOKの設定の[キーボード共通-文字削除フリックの設定]で[文字削除フリックを使用]がオンの場合に使用できます。

※お使いのアプリケーションによっては、文字をまとめて削除できない場合があります。

Enterキー

左にフリックすると、確定した文字列を未確定状態に戻すことができます。

濁点キー

フリック入力の場合、フリック操作で濁点(゛)や半濁点(゜)にしたり、「っ」などの促音にしたりできます。

※ATOKの設定の[テンキー-フリック入力の設定-修飾キーフリック]がオンの場合に使用できます。

※ケータイ入力/ジェスチャー入力/2タッチ入力の場合は、濁点キーのフリック操作は使用できません。

© JustSystems
Home

QWERTY入力パネルで数字や記号を簡単に入力する

QWERTY入力パネルで数字や記号を簡単に入力する

QWERTY入力パネルで、数字や記号を簡単に入力する方法を紹介します。

数字キーを表示していない場合

キーを下にフリックすると、キーの右上に表示された数字や記号を入力できます。

【例】6を入力する場合
「y」のキーを下にフリックします。


キーを上にフリックすると、大文字/小文字を切り替えて入力できます。

【例】Yを入力する場合
「y」のキーを上にフリックします。

※かな入力でひらがなを入力しているときに、キーを下にフリックして数字や記号を入力できるようにしたいときは、ATOKの設定で[QWERTYキーボード-かな入力-かなフリック]をオンにする必要があります。

数字キーを表示している場合

記号キー をロングタップすると、よく使う記号の一覧がキーの上に表示され、スライド操作で記号が入力できます。

【表示される記号】
半角の場合 : @ ? # , . /
全角の場合 : @ ? # 、 。 ・

※QWERTY入力パネルのキーボードが分割されている状態で表示される 記号キー をロングタップした場合は、半角の場合 : @ ? # / 全角の場合 : @ ? # ・ を入力できます。

※ATOKの設定の[QWERTYキーボード-記号キードラッグ]で、キーの上に表示される記号の割り当てを変更できます。

※かな入力でひらがなを入力しているときは、機能を利用できません。

© JustSystems
Home

QWERTY入力パネルで連続して大文字を入力する

QWERTY入力パネルで連続して大文字を入力する

QWERTY入力パネルで英字を入力しているとき、Shiftキーと文字キーを同時にタップして、大文字を入力することができます。
Shiftキーを2回タップすると、Shiftロック状態になり、文字キーだけをタップして大文字を入力できます。

※Shiftオフの状態に戻すには、もう一度Shiftキーをタップします。

© JustSystems
Home

テンキー入力パネルで「~」を簡単に入力する

テンキー入力パネルで「~」を簡単に入力する

テンキー入力パネルで「-」を入力して濁点キーをタップすると、「~」に変換できます。

※「-」は「わ」のキーから入力できます。

© JustSystems
Home

絵文字や顔文字の入力パネルを全画面表示する

絵文字や顔文字の入力パネルを全画面表示する

絵文字/顔文字/記号/定型文/文字コード入力パネルの 全画面表示 をタップすると、入力パネルが全画面表示され、候補を選択しやすくなります。

© JustSystems
Home

候補一覧を大きく表示する

候補一覧を大きく表示する

候補一覧上で上にフリックすると、候補一覧を全画面表示にできます。元の表示に戻すときは、下にフリックします。

候補一覧上で下にフリックすると、候補一覧を入力パネルの大きさに広げることができます。元の表示に戻すときは、上にフリックします。

© JustSystems
Home

変換候補を使ってアプリケーションを呼び出す

変換候補を使ってアプリケーションを呼び出す

ATOKダイレクト機能を使用して、変換候補でアプリケーションを呼び出すことができます。


  1. 文字を入力し、変換候補を表示します。
  2. 変換候補をロングタップし、候補ポップアップウインドウのATOKダイレクト をタップします。
  3. 呼び出したいアプリケーションをタップします。
© JustSystems
Home

変換候補の説明を表示する

変換候補の説明を表示する

「意志」「意思」などの使い分けが難しい同音語の変換候補*1、「気が置けない」「役不足」などの使い方をまちがいやすいことばの変換候補、「《ら抜き》」「《さ入れ》」などの校正支援の情報が表示された変換候補などは、ことばの意味や使い方の説明、校正支援の情報の説明を見ることができます。

*1 変換候補に 変換候補上の候補情報マーク が付きます。

  1. 変換候補をロングタップすると、情報ウインドウに説明が表示されます。
    【例】校正支援の情報の説明
    候補ポップアップウインドウ:候補情報/校正支援解説
    [確定]をタップすると、入力できます。
© JustSystems
Home

変換候補から大文字/小文字を切り替える

変換候補から大文字/小文字を切り替える

英字を含む候補は、変換候補から簡単に大文字/小文字を切り替えて確定できます。


  1. 英字を含む文字や、カタカナ語の読み(例:「さんきゅー」「りばてぃ」など)を入力し、変換候補を表示します。
  2. 大文字/小文字を切り替えたい変換候補をロングタップし、候補の左右にある矢印をタップします。
    候補ポップアップウインドウ:英語候補
    タップするごとに「小文字←(→)1文字目だけ大文字←(→)すべて大文字」の順で候補が表示されます。
  3. [確定]をタップします。
© JustSystems
Home

変換候補を削除する

変換候補を削除する

表示したくない変換候補を削除できます。

※単語によっては、削除後も変換候補に表示される場合があります。

  1. 文字を入力し、変換候補を表示します。
  2. 削除したい変換候補をロングタップし、[学習削除]をタップします。
© JustSystems
Home

L字メニューをスライド操作で表示する

L字メニューをスライド操作で表示する

ATOKの設定の[画面・表示-キーボード切替メニュー]で[スライド]を選択している場合は、パネル切替キー 上でスライドすると、ロングタップするよりもすばやくL字メニューを表示することができます。

ATOKダイレクトを使う

スライド操作でATOKダイレクトを選択すると、ATOKダイレクトの実行履歴からアプリケーションを選択できます。

絵文字/顔文字/記号を入力する

スライド操作で絵文字/顔文字/記号を選択すると、それぞれの入力履歴またはMyコレの内容が表示され、入力パネルを切り替えずに直接文字を選択できます。

※Myコレは、お気に入りの絵文字/顔文字/記号を登録して簡単に呼び出す機能です。入力履歴を表示するかMyコレを表示するかは、ATOKの設定の[キーボード共通-初期選択カテゴリー]で設定します。

© JustSystems
Home

入力パネルを隠す

入力パネルを隠す

ATOKの設定の[画面・表示-キーボード切替メニュー]で[スライド]を選択している場合は、パネル切替キー 上でスライドすると パネル切替キー入力パネルを隠す に変化します。入力パネルを隠す にスライドすると、ATOKの入力パネルを隠すことができます。再度表示するには、文字入力欄をタップします。


© JustSystems
Home

ATOKの設定画面/単語登録画面/入力方法の選択画面を表示する

ATOKの設定画面/単語登録画面/入力方法の選択画面を表示する

文字種切替キー をロングタップすると、ATOKメニューが表示できます。ATOKメニューからは、ATOKの設定画面や単語登録の画面、入力方法の選択画面を表示できます。

© JustSystems
Home

クイック設定を利用する

クイック設定を利用する

以下の設定は、ATOKの設定画面を開かなくても、ATOKメニューから簡単に設定を変更できます。
ATOKメニューは、文字種切替キー をロングタップして表示します。

© JustSystems
Home

制限・注意事項

制限・注意事項

本製品の制限事項や注意事項は、本製品の製品情報ページの「動作環境/対応機種」のページにまとめています。

次のボタンから、製品情報ページを表示し、「動作環境/対応機種」のページをご覧ください。 製品情報ページ

© JustSystems
Home

このマニュアルについて

このマニュアルについて

マニュアルでの表記

著作権・商標

© JustSystems