PRODUCTS
[ 製品情報 ] > [ Java・XML・Linux ] > [ ATOK12 SE for Linux ]








日本語変換システム(kinput2対応)

ATOK12 SE for Linux



Linuxの初の
本格的日本語変換システム
ますます進化し続けるLinuxに最適な日本語変換システムが誕生しました。WindowsやMacintoshなどのプラットフォームで培った変換エンジンや辞書等の優れた日本語環境を、Linuxのスタンダードな仕様でお使いいただけます。

*本製品は販売終了いたしました。最新バージョンはこちら
(本ページに記載の情報は2004年2月6日時点のものです)


特長/機能紹介

かしこい日本語がLinuxに
「かしこい日本語」として多くの方にご支持をいただいているATOKのLinux版。単語を意味的な結びつきで判断するAI用例も充実し、高い変換精度を誇ります。


ATOK12をベースにした高機能
「それ」などの指示詞や文脈を解析し、適切に変換する先進の技術を搭載。また、入力ミスの自動補正機能や、ら抜き表現を指摘する「校正支援機能」なども便利です。


kinput2ベースでスタンダードな仕様
LinuxではIMF(InputMethodFramework)仕様の標準化がまだまだ進行中。だから、独自仕様を避けオープンなkinput2ベースで仕上げました。

価格
希望小売価格:本製品はバンドル製品です。


ATOK12 SE for Linux

構成/動作環境
対応OS:Linux
※本製品はバンドル製品です。

▼バンドル製品の詳細は各ディストリビューターのサイトへ
Caldera Open Linux
Laser5 Linux
Red Hat Linux
Miracle Linux
Turbo Linux



< BACK << HOME



update : 2004.02.12