法人向け 入力・校正ソリューション

HOME > ソリューション > コールセンター向けソリューション

コールセンター向けソリューション

コールログの入力スピードをアップ
オペレーターのスキルの差も軽減


コールセンター向けソリューションコールセンターは、顧客からの問い合わせに対し、オペレーターが迅速に対応できることが求められます。ところが、オペレーターの経験や習熟度に依存していては、通話時間や通話記録の入力スピードを短縮し、対応可能件数を増加させることは困難です。オペレーターのスキルに依存することなく、短い時間の中で、顧客満足度を向上させるオペレーションを実施にするには、どうすればよいのでしょうか。

こんなことで困っていませんか?

  • オペレーターの経験や習熟度により、入力スピードの差がある。
  • 関連部署への連絡業務を効率化したい。
  • 製品名や型番の表記ゆれにより、コールログの分析に手間がかかってしまう。

ジャストシステムのソリューション

■ ご利用イメージ
ご利用イメージ

●誰でも、正しい名称をすばやく入力
「ATOK」は、高度な変換エンジン搭載により、話しことばや長文節もスムーズに変換可能。熟練オペレーターのタイピングも妨げません。また、省入力機能を活用することで、数文字の入力だけで正式な製品名やサービス名に変換でき、経験の浅いオペレーターでも、スピーディーかつ正確な入力を行えます。

画面ショット

●内線の検索や曜日の入力も簡単に
ATOKの変換辞書に製品名や担当部門名・内線・電話番号などを入力しておけば他部門への連絡も効率化できます。さらに、日付入力支援を使えば、「あさってまでに」を「2008年11月28日(金)までに」と、具体的な月日、曜日を簡単に入力できます。

画面ショット

●辞書配信により、社内ルールを統一化
ATOK Business Solution「辞書配信システム」「用語管理データベース」を活用すれば、社内で規定した送り仮名、独自表記、用例などのルールを辞書化し、各端末の「ATOK」に配信可能。統一された用語でコールログを残せるため、ことばの表記ゆれが少なくなり、ログ検索・分析結果の精度向上が期待できます。

期待できる効果

●スキルの平準化、入力効率の向上
社内用語ルールを辞書化することで、表記ルールをオペレーターに遵守させることが可能になります。また、省入力機能により入力効率も向上します。

●部門間のコミュニケーションを活性化
社内連絡先や、製品の型番情報を変換辞書に登録しておけば、対応する関連部門への連絡も正確かつスムーズに行えます。

●コールログの再利用率を向上
表記ゆれを抑制し、コールログの品質を高めることができます。コールログ検索や分析の精度が向上するため、より効果的なデータの再利用が図れます。

製品情報

ATOK
ATOK Business Solution 辞書配信システム
ATOK Business Solution 用語管理データベース

参考事例

株式会社リコー
コールセンターの記録スピードアップ、ログ分析の精度向上を実現