法人向け 入力・校正ソリューション

HOME > 導入事例 > 弥生株式会社

導入事例 導入事例PDFダウンロード

導入企業
弥生株式会社弥生株式会社
業種
ソフトウェア販売
導入製品
「新人スタッフ100名の入力効率UPと情報活用の円滑化を実現!」

ATOKの基本機能だけで、新人のコール後処理時間が約13%削減!

 財務会計ソフト「弥生会計」を中心とした業務ソフトウェアの製造、販売を行っている弥生株式会社(以下、弥生)。大阪市と札幌市に設立したコールセンターでは、顧客からの製品などに関する問い合わせに対応。同社では、より高付加価値なサービスを提供するため、サポートを有償で行っており、その売上は実に全社売上の50%以上を占めている。コールセンターでは、サービス品質を保つため、繁忙期を視野に入れ年間延べ100名に上るスタッフを採用している。だが、新人スタッフによるコール後の入力処理精度の向上や、コールログの表記ゆれが課題となっていた。

チャート 1専門用語の共有化や後処理入力の効率化を図るため、弥生では2008年8月、オペレーターとFAQコンテンツ作成者のPC端末390台に、ATOKおよびATOK Business Solution(以下、ABS)を導入。初期段階では、ATOKの基本機能のみの利用だったが、すぐに効果を発揮。省入力・推測変換機能の活用で、新人スタッフの後処理時間を約13%軽減できた。さらに、次の段階でABSを活用し、辞書作成や用語共有を行ったところ、コールログの表記ゆれ抑制に成功。情報活用の円滑化にも結びつけることができた。


PAGE BACK NEXT
弥生株式会社
企業名
弥生株式会社
所在地
東京都千代田区神田紺屋町17番地 SIA神田スクエア
設 立
1978年(設立:2007年1月15日)
資本金
5000万円
社員数
388名(派遣・契約社員含む、2009年4月1日現在)
事業内容
業務ソフトウェアおよび関連サービスの開発・販売・サポート

ダウンロードには、メールアドレスなどお客様情報の登録が必要です