法人向け 入力・校正ソリューション

HOME > 導入事例 > 福島民報社

導入事例 導入事例PDFダウンロード

導入企業
福島民報社福島民報社
業種
メディア(新聞)
導入製品
「記者端末への校正支援ツール導入で、校閲作業を効率化することができました」

原稿執筆時から用語や表記を統一し、後工程の校閲作業負荷を大きく軽減!

 明治25年の創刊から117年の歴史を持ち、県民からの高い信頼を集めている福島民報社。30万部を超える県内で最大の発行部数を誇り、東北を代表する地方紙として、地域に根ざした紙面作りを続けている。
 新聞製作は、常に時間との戦いになる。現場記者が執筆した記事は、デスク→紙面管理部(校閲)→整理部(組版)というフローを経て仮組みの紙面になる。そして、その仮組みは、同様のフローで何度も見直され、正式な紙面になる。この間、わずか数時間。限られた時間で、「正確」かつ「充実した」紙面を作ることが、日刊紙共通の命題となっている。

チャート 1 福島民報社では、こうした命題に応えながら、校閲工程を効率化させるため、2008年6月よりATOK Business Solution(以下、ABS)を採用した。ABSで記事作成の用語ルールを作成し、編集局全員でルールを共有。原稿執筆の段階から、ATOKと Just Right! を使い、用語や表記を統一。記者がほぼ完全原稿の形でデスクに送ることで、デスク、校閲、組版の負荷を大きく軽減。表記以外の、記事内容の確認に集中できるようになった。
 またATOKを簡易データベースのようにも活用。ATOKの変換窓に記事の補足情報を表示し、「表記」のチェックだけでなく、「内容」のチェックにも役立てている。


PAGE BACK NEXT
福島民報社
企業名
福島民報社
所在地
福島県福島市太田町13-17
創 業
1892年8月1日
資本金
2000万円
社員数
322人
事業内容
日刊新聞の発行・書籍の出版、販売・文化事業

ダウンロードには、メールアドレスなどお客様情報の登録が必要です