ホーム製品・サービス日本語ワープロソフト 一太郎2014 徹 > 人名・地名でもう困らない

日本語ワープロソフト 一太郎2014 徹

[一太郎2014 徹 機能強化]史上最多58,000文字を搭載。人名や地名でもう困らない

適切な日本語"文字"へのこだわり

『意味』や『読み』が同じでも異なる形の字(異体字)が存在する漢字。「一太郎2014 徹」では、より多くの文字を、標準的な枠組みの中で扱えるよう、IVS(Ideographic Variation Sequence)という、Unicode標準の中でさまざまな異体字をテキスト中に指定することができる技術に対応しました。
異体字を文字コードのみで表現できるためプレーンテキストでのデータ交換が可能、利便性が向上します。

※一太郎/ATOKでのIVS入力および表示はWindows 7以降のOSが必要です。
※プレーンテキストで異体字を扱う場合はUnicodeで同じIVS対応フォントを利用する必要があります。

●一太郎文書でこんなに便利に使える

一太郎文書でこんなに便利に使える

人名・地名入り書類、賞状や感謝状などのほか、時代ごとに地名の字形を使い分けたい場合、小説に登場する難しい漢字などの表現に。

扱える文字が一挙に4倍以上に増えました

「一太郎2014 徹」では、より多くの文字が扱えるようになりました。
IPAmj明朝フォントを標準搭載したため、58,000字もの文字のやりとりが行えます。

扱える文字が一挙に4倍以上に増えました

※Windowsおよび一太郎に標準搭載フォントで扱える文字数での比較

人名・地名などが最適な字形で表現できます

一般的な書体では、字形の種類が少なくあまり選べません。
「一太郎2014 徹」では、地名や駅名なども、複数の中から最適な字形が選べるようになりました。

人名・地名などが最適な字形で表現できます
人名・地名などが最適な字形で表現できます

IVSという文字の標準規格に新しく対応!

新たに、IVSという文字の標準規格に対応しました。
「一太郎2014 徹」でIVS対応フォントをご利用いただくと、さまざまな異体字が扱えるようになります。

●アプリケーション間の互換性も保てる

「一太郎2014 徹」でWord形式で保存した文書を「Word2013」で開いた例
  ・古い異体字(一太郎2013までの異体字機能を使った場合)は「葛」になってしまう。
  ・新しい異体字(IVS)では字形が保たれる 。

人名・地名などが最適な字形で表現できます

「異体字ツール(IVS)」から簡単操作で異体字入力

すでに入力された文字を異体字に変更するときに便利な「異体字ツール(IVS)」です。 これまでの「文字パレット」の「異体字ツール」の簡単な操作性のまま、目的の異体字を一覧から選ぶことができます。

「異体字パレット(IVS)」から簡単操作で異体字入力

多数のフォントを使い分けている方へ朗報!お気に入りフォントの瞬時呼び出しが可能に

「文字飾りパレット」に、用途に応じた適切なフォントをビジュアルで快速に選ぶことができるフォント選択機能を追加し「フォント・飾りパレット」として進化しました。
「ゴシック体」「明朝体」「行書体」など書体の系統ごとに絞り込んだり、よく使うフォントをお気に入りから手早く選んだりすることができます。
「フォントが多すぎて、目的のフォントがなかなか探せない」「何度も同じフォントを選ぶ時の操作が面倒」という方に便利な機能です。

●書体の系統ごとに絞り込んで選べるのでシーンに応じたフォント選びがらくらく

書体の系統ごとに絞り込んで選べるのでシーンに応じたフォント選びがらくらく

●よく使うフォントは「お気に入り」から手早く選択

よく使うフォントは「お気に入り」から手早く選択