一太郎2017日本語ワープロソフト
ページヘッダーイメージ

いつも使いたくなる、日本語ワープロ

一太郎は、日本語の文書を作る方にとって最適な日本語ワープロソフトです。
細かな書式の設定や縦書きへの対応などの機能が充実しています。

縦書き・日本語組版へのこだわり

日本語を大切にする一太郎では、縦書きの使いやすさが追求されているので、文学作品の執筆にも最適です。例えば、ひとつのページを終えると、横に続くようにスクロールするため、作品の執筆や閲覧も自然なインターフェイスで行えます。また、ふりがな・傍点といった日本語組版特有の表現に対応し、ぶら下げや追い込みといったレイアウト調整機能も充実しています。

縦書き・日本語組版へのこだわりの画像
関連する一太郎マル秘テクムービー

「縦書き文書中の半角数字を横に並べるマル秘テク」

縦書きの文書中で半角数字を横に並べる「縦中横」など、日本語組版に必須の機能もしっかりカバーしています。

使いやすい罫線機能

図表の作成、言葉の強調など、日本のビジネス文書には罫線が多用されます。そのため、一太郎では、ワープロ専用機であった頃からの罫線の操作性を引き継いで、使いやすさを追求。
例えば、文字単位で罫線を引くことができるなど、日本人の感覚に合った操作性を実現しています。

使いやすい罫線機能の画像

●いろいろな線が引ける

いろいろな線が引けるの画像
関連する一太郎マル秘テクムービー

「罫線や簡易作図で矢印を描くマル秘テク」

罫線機能で作成した斜線の始点・終点を設定すれば、引き出し線などの矢印も簡単に作図できます。

●洗練された罫線表もワンクリック

一覧表、月間予定表、連番入りの表など、約350点のサンプルから選ぶだけで、多くのシーンで活用できる洗練されたデザインの罫線表が手間なく完成します。

一覧表

見出し行列や合計行の有無、「シンプル」、「カラフル」、「インパクト」などのジャンルからサンプルを選んで行数、列数などを指定するだけで簡単に罫線表ができあがります。

一覧表作成
一覧表の作例

連番表

名簿や各種プログラム、ランキング表など連番を付けた表を作成するのに適しています。

連番表作成
連番表の作例

月間予定表

1ヶ月の予定表作りに威力を発揮します。

月間予定表作成
関連する一太郎マル秘テクムービー

「一覧表や月間予定表、連番入りの表を瞬時に作成するマル秘テク」

見栄えの良い表や作るのが大変な予定表も、サンプルから選ぶだけで簡単に文書中に挿入できます。

文書に合った最適なレイアウトを一発で選べる
「きまるスタイル」

用紙サイズ、文字組、マージン、字間・行間など文書のレイアウトを決める要素は自由に設定できますが、バランスのよい適切なスタイルを設定することはなかなか難しいものです。
一太郎では、用紙サイズや用途に合った最適なレイアウトを一発で選べます。

●目的のスタイルをわかりやすいUIから選ぶだけ

5つのカテゴリから選ぶだけで、最適レイアウトを簡単に設定。用紙サイズ、用紙の置き方、文字の組み方dえ絞り込みが可能。

●用途、ジャンルから目的に合ったスタイル選び

・企画書、報告書
・会報、学級便り、チラシ、フライヤー、掲示、手紙
・冊子、単行本、文庫本、評論、エッセイ、小説、児童書、詩集、歌集、句集
・原稿用紙、レポート、公募小説、公募ノベル
などのスタイルを約390点収録

A5 単行本

A5 単行本

一般的な単行本のレイアウト

A5 単行本(2段組)

A5 単行本(2段組)

思考しながら読み進んで行く文章に向く

A5 句集

A5 句集

空間が広く、余韻が感じられ、贅沢に見える

A5 児童書

A5 児童書

読者の多くが年少者のため、文字が大きく、行間も広く

関連する一太郎マル秘テクムービー

「プロ顔負けの紙面を作成するマル秘テク」

用紙サイズや文字の方向から探せる「きまるスタイル」は、文書の作成中や作成後に選ぶこともできます。

保存形式が違うファイルも一括管理

さまざまな文書を整理したり、まとめたりすることが多いビジネスや研究では、情報整理が成功のカギ。一太郎では、1つの一太郎文書に、複数の文書をまとめることができます。
一太郎文書はもちろん、Excelなどの他社製アプリケーションの文書も同じウィンドウで管理・閲覧、さらに貼り付けまでも行えます。必要なときに、必要な文書がすぐに取り出せます。

●Excel・Word・PowerPointなどのファイルをシートに追加

Excelファイルをシートに追加した例

Excelファイルをシートに追加した例1
Excelファイルをシートに追加した例2

※各アプリケーションが一太郎と同じ環境にインストールされている必要があります。

文書作成を支援する作業フェーズ

一太郎では、作業の目的や文書の編集内容に合わせて、作業フェーズを切り替えて作業できます

エディタフェーズ

シンプルな画面で、気軽に文字を入力します。一太郎をテキストエディターのような感覚で使えます。

エディタフェーズ

アウトラインフェーズ

アイデアをまとめ、文書の骨格を作ります。

アウトラインフェーズ

基本編集フェーズ

レイアウトを整えたり図形や表を入れたりして、文書に表現を付けます。

基本編集フェーズ

提出確認フェーズ

文書を提出する前に、校正などの仕上げをします。

提出確認フェーズ

ビューアフェーズ

虫めがねやページ一覧などの機能を使って、文書を閲覧します。

ビューアフェーズ

一太郎2017パッケージ

日本語ワープロソフト一太郎2017

TOP