製品3Dパッケージ

JUSTSYSTEMS

ATOK 2017 for Mac

ナビゲーションメニューの開閉

ATOKディープコアエンジン

誤変換30%削減。新変換エンジンはディープラーニング技術で進化を遂げました。

ATOK 2017に搭載されたのは、AI(人工知能)技術「ディープラーニング」で生まれ変わった新変換エンジンです。もっと自然な日本語になるような変換候補を提示できるようになりました。

ATOKディープコアエンジン

10年ぶりに刷新した変換エンジンで、より自然な変換・推測変換を。

これまでもエンジンの改良を重ねてきたATOKがよりよい優れた日本語入力システムになるには、もっと優れた変換エンジンが必要でした。そこでたどり着いたのが、ディープラーニング技術による「ATOKディープコアエンジン」です。

誤変換約30%削減*1

「ATOKディープコアエンジン」では、これまでの変換エンジンでは防げなかった誤変換を約30%削減*1して、いっそう自然で正確な変換結果を表示できるようになりました。正しい変換候補を選び直す手間を減らし、あなたのイライラを解消し、文章作成のスピードをアップすることができます。

*1当社調べ。ATOK 2016との比較。

変換精度を上げたのは、AIが見つけた新しい日本語の特徴

より自然な変換結果のために、これまでの変換エンジンには無かった“あるもの”が加わりました。それは“ディープラーニング技術で抽出した新たな日本語の特徴”です。これまでの「人が認識してルール化してきた日本語の特徴」を超えた新しい特徴は、ATOKが培ってきた「かな漢字変換アルゴリズム」と組み合わせることで、よりよい変換を可能にしました。

ATOK 2017大画面 テレビ

今までのATOKちょうだい 画面 テレビ

ATOK 2017湖底に 眠る 遺跡

今までのATOK固定に 眠る 遺跡

ATOK 2017開店から 1 年が 過ぎた

今までのATOK回転から 1 年が 過ぎた

ATOK 2017誤って 書いた 住所

今までのATOK 謝って 書いた 住所

ATOK 2017携帯 通信量 7 ギガ

今までのATOK携帯 通信料 7 ギガ

ATOK 2017最新 モデルも 出る

今までのATOK最新 モデルモデル

文脈にそった自然な変換結果を表示

新変換エンジンは、入力したものがいっそう自然な日本語になるように、単語のつながりから文脈にそったものを推測します。これまでより、さらに自然な変換結果を提示します。

自ら学ぶAI(人工知能)技術「ディープラーニング」

近年注目されている「ディープラーニング」は、従来のAI技術とは違い、自ら学ぶ力をもっています。大量の日本語テキストを分析させることで、これまでATOKが見落としていた「日本語の特徴」を抽出することができました。

ディープラーニングとは

新変換エンジンで取り入れた「ディープラーニング」は、近年注目されている人工知能の機械学習の手法のひとつで、深層学習とも呼ばれています。コンピューター自らがデータの特徴を段階的に学び、高い精度でデータの特徴を認識することができます。そうして抽出された特徴は、「この特徴は○○である」のように言語化できるものではありません。まるで人がものごとをとらえるときのような「概念」に近いものを獲得します。

抽出したのは「ルール化できない日本語の特徴」

ATOK 2017より前の変換エンジンは、「ATOKの開発者が認識でき、ルール化できた情報」をもとにして開発されていました。しかしこのままでは、どんどん進む日本語の多様化についていけなくなることが予想されました。
これを解消するために新変換エンジンに取り入れたのが「開発者が認識できず、ルール化できない日本語の特徴」であり、それを抽出したのが近年注目されている「ディープラーニング」技術なのです。

大量の日本語テキスト 「ディープラーニング」技術で解析 新たにできた日本語の特徴

研ぎ澄まされた新変換エンジン

長年培ってきたATOKかな漢字変換のアルゴリズムに加えて「新たに抽出した日本語の特徴」を変換エンジンに組み込んだことで、性能がアップしました。

従来のATOKのかな漢字変換アルゴリズム 新たに分析できた日本語の特徴

変換エンジンの進化

1993年、ATOK 8は「AI変換」を採用しました。一般的な文法、単語と単語のつながりなど、大量の日本語情報を辞書に取り入れることで変換精度が向上しました。
2007年、ATOKハイブリッドコアの世代では、「機械学習」による統計的な言語処理にもとづく成果を、伝統的な手法で築いたATOKの基礎部分に追加しました。これまでよりはるかに多くの情報を処理できるようになり、変換の正確性もアップしました。

日本語は年々多様化が進んでいます。扱うデータ量もスピードも、一昔前とは比べものになりません。それはつまり、ATOKで変換する文章も膨大になっているということです。
それでも、「どんな文章でも、簡単に、正確に変換したい」という思いに応えたい。だからATOK 2017は変換エンジンを刷新しました。「ディープラーニング」を採用した「ATOKディープコアエンジン」がその答えです。

変換エンジンの進化:1993年、ATOK 8で「AI変換」を搭載。2007年、ATOK 2007では機械学習による自然言語処理を活用した「ATOKハイブリッドコア」を搭載。そして2017年、ATOK 2017はディープラーニングを技術適用した新変換エンジン「ATOKディープコアエンジン」を搭載しました
右に紺のプレミアムパッケージと左に白いベーシックパッケージの二つのATOK 2017 for Macが並ぶ

ATOK 2017 for Mac

新しい変換エンジンを、その手に。

直営ショップで購入