ホーム製品・サービス > ATOK Business Solution用語管理データベース3 /R.2

ATOK Business Solution用語管理データベース3 /R.2

発売日:2013年2月28日(木)

一度ご登録いただくと、以後はログインのみで各種資料をご利用になれます。

辞書配信を自動化し、用語や表記ルールの共有を支援

「ATOK Business Solution 用語管理データベース」は、「辞書作成」「管理」「用語収集」を、わかりやすいUIとスムーズなワークフローで支援するシステムです。辞書配信システムとあわせてお使いいただくことで、用語管理者の手間を大幅に軽減します。

特長1:ATOKとJust Right!の辞書を統合的に管理し、活用できる

ATOKの変換辞書とJust Right!の校正辞書を統合的に管理し、辞書管理者の負荷を軽減します。

また、用語管理データベースで作成したATOKやJust Right!の辞書は、辞書配信システムで、 ユーザーに簡単に配信することができます。

特長2:手間のかかる辞書作成を簡単に

●すでにある社内用語を活用できる

社内の用語集から、辞書を作成。 製品名や表記などをまとめた用語集をお持ちの場合は、それらファイルを一括登録(インポート)し、ATOK/Just Right! 辞書を簡単に作成可能です。

  • ※ATOK Pro 2の「確定履歴」からも用語データを収集できるので、手間が省けます。

●よく使う単語からも、辞書が作れる!

ATOK Proで収集した単語(確定履歴)をもとに、ATOKやJust Right!の辞書を作成できます。 例えば、コールセンターで、入力頻度が高い単語からATOKの辞書を作り再配布すれば、オペレーターの入力効率をさらに高めることが可能です。

●社内に用語集がなくても安心! 用語集のサンプルをご用意

「用語集やルール規定を一から作るのは大変」。そんなお客様のために、用語集のサンプルをご用意しました。 この用語集をたたき台に、独自の辞書を編集することができます。

特長3:お客様独自の電子辞典が作成できる

「画像」「見出し」「説明」「URL埋め込み」「文字属性」などの設定が行え、下図のような電子辞典を作れます。 また、作成した電子辞典は辞書配信システムで配信できます。

電子辞典のデータを社内FAQなどに活用

電子辞典のデータは、HTMLで書き出し可能です。例えば、製品の型番情報や、社員名簿を電子辞典データとして作成しておけば、 その後、社内FAQやSNSなどのWEBサービス上で活用できます。

特長4:利用者からの用語登録リクエストも可能

利用者は、Webブラウザーから用語の登録・修正のリクエストを出すことができます。辞書の管理者は、リクエストに基づいた用語の追加・修正が行えるため、現場の声をスピーディーに辞書へ反映できます。