NEWS RELEASE
[ ニュースリリース ] > [ 1999.07.08 ]



News Release 1999/07/08

日本語変換ソフト「ATOK13」を搭載した
日本語ワードプロセッサ「一太郎10」を9月下旬に発売

〜統合グラフィックソフト「花子10」も同時発売〜

一太郎10製品情報へ花子10製品情報へ

株式会社ジャストシステムは、本年9月下旬に、最新版の日本語変換ソフト「ATOK13」を搭載 した日本語ワードプロセッサ「一太郎10」を発売します。また、図形プロセッサ花子シリーズの 最新版、統合グラフィックソフト「花子10」を同時に発売します。価格は一太郎10が20,000円、 花子10が12,000円です。さらに、ATOK13は、本年11月に9,800円で単体発売する予定です。
出荷本数は、最初の1年間で、一太郎10は150万本、花子10は30万本を見込んでいます。

今やオフィスや家庭、学校などあらゆるシーンで個人によるパソコンの利用が定着してきました。インターネットの普及、E-MAILの活用などパソコンをとりまく環境も刻々と変化しています。
 今回の新製品では、ひとりひとりのユーザーがそれぞれの場面で、快適さや使いやすさを具体的に実感することができる新しい発想による様々な新提案を行いました。人が本来行うべき知的で創造的な仕事に注力できるソフトウェアをご提供します。

 「一太郎10」は、ドキュメントプラットフォームとして文書を管理、編集するための新機能「一太郎ワークシート」を搭載しました。この機能は、ワープロソフトではじめてシート形式を採用したもので、 一太郎や花子、Excel、PowerPointなど様々なアプリケーションを1つのファイル内で、それぞれ シート別に編集、管理することができます。これにより、複数のアプリケーションを起動して編集 作業をしたり、メール送信する際に複数のファイルを添付したりするわずわらしさが無くなります。
 また、作成した文書を自動的に見栄えのよい体裁に変換する「オートスタイル」機能や、 選択した範囲の文字や段落を編集する際に必要なコマンドが自動的にあらわれる「ポップアップ コマンド」機能なども搭載し、編集作業を最小限に抑えることができます。これらの自動化機能に より、人が本来集中すべきドキュメント内容の作成に十分な時間を割くことができます。
 さらに、作成中の文書を別のパソコンにそのまま送信、同じ状態で開封できる「書きかけ送受信」機能は、会社の仕事を家に帰っても続けられるなど、新発想の便利な機能です。
 なお、一太郎10発売と同時に一太郎ユーザー専用のホームページ「一太郎Web」をオープン します。このサイトには常に数千の実用的な文書テンプレートを用意しており、一太郎10のコマンドから簡単にダウンロードをして、利用することができます。

 一太郎10には最新版の日本語変換ソフト「ATOK13」が搭載されます。ATOK13は、新たに パソコン画面全体を入力枠として使える手書き入力機能「てがきATOK」を搭載し、読み方の わからない文字入力時のストレスを軽減します。「JUST MEDDLER3」は「同音語選択支援機能」を新たに搭載し、変換候補ウィンドウと連動して同音語用例情報を表示することにより、間違えやすい同音語を確認しながら入力確定することができます。
 また、確定履歴データを参考にユーザーが入力しようとする単語を予想して事前に提示する 「推測変換機能」を搭載し、ユーザーの思考と同じスピードでのスムーズな日本語入力環境を提供します。さらに、指定したファイルから未登録語やAI用例を抽出してユーザー辞書へ自動的に学習させる「AI辞書トレーナー」により個人個人の変換効率の向上がさらに体感できるものとなりました。

「てがきATOK」は、株式会社日立情報システムズの最先端の手書き文字認識技術により実現しています。くせ字や続け字、書き順違いにも対応しており、ユーザーを選ぶことがありません。本手書き文字認識は日立情報システムズと株式会社日立製作所日立研究所が共同で開発してきた「楔(くさび)文字モデルによる手書き文字認識技術」を用いて実現したものであり、多くのユー ザーから非常に高いご評価を頂いているものです。

 「花子10」は、「図形プロセッサ」からペイント系とドロー系に加えて画像管理機能を兼ね備えた「統合グラフィックソフト」として大きく進化しました。「かんたん・きれい・たのしい 〜花子でグラフィックをはじめよう」をキーワードに、より簡単で直感的な操作性と、美しいグラフィック性能、作品を創る楽しさを追求しています。テンプレートごとに用意されたイラストをクリックして好きな部品を入れ替えるだけでオリジナル作品ができる「クリックテンプレート」を搭載し、約240点のテンプレートと部品を組み合わせて初心者にも簡単に作品を創ることが可能です。また、搭載している約5,000点の部品はキーワードによる類義語検索ができるので、必要な部品をすぐに探しだすことができます。
 同梱されているペイント&レタッチ「花子フォトレタッチ2」との連携も強化され、レタッチの機能である「効果パレット」を花子上で利用することも可能です。別売りの「花子でグラフィック かんたん パック」(発売中、5,800円)、「花子で遊ぼう ファミリー工作パック」(7月23日発売、4,800円)と併せて使うと、さらに楽しい作品を創ることが可能です。

 なお、7月16日以降に一太郎9、花子9などを新規に購入された方を対象に、特別価格にて一太郎10、花子10にアップグレードできるサービスを実施します。また、ジャストシステム製品、他社製ソフトユーザー向けに一太郎10を特別価格にて提供するサービスも予定しています。

 1985年に発売を開始した一太郎シリーズは、累計出荷本数が1,200万本を超えました。 一太郎には、使い続けている多くのユーザーの要望と、それに応える技術が集約されています。一太郎10ではこれらの積み重ねを十分に活かし、ひとりひとりのユーザーに目を向けて、ひとり ひとりの使いやすさをさらに追求しています。


製品概要

一太郎10の特徴

ATOK13の特徴

花子10の特徴

一太郎アニバーサリーサイト「10up!」へ
毎月10・20・30日に
情報更新中!


お問い合わせ先:インフォメーションセンター
 TEL;03-5412-3939、06-6886-9300
 http://www.justsystem.co.jp/if/



メールマガジン配信登録:ジャストシステムの新製品情報や最新トピックスをメールでお届け


update : 2003.02.26