株式会社ジャストシステムは、全国の小学校の85%が導入している、学習・授業支援ソフト「ジャストスマイル」と、タブレット活用統合ソフト「ジャストスマイル クラス」を統合し、来年6月11日(月)より、「ジャストスマイル8」として発売します。「ジャストスマイル8」だけで、普通教室やパソコン教室、課外授業の場など、場所や授業内容、端末の種類を問わず、必要なソフトウエアや教材をそろえることができ、同じ環境で学べるようになります。
 また、「ジャストスマイル8」では、新学習指導要領で2020年度から必修化された、小学校における「英語」「プログラミング教育」の実践を包括的に支援していきます。

 現在、3クラスに1クラス分程度の情報端末を設置しての「1人1台環境の実現」を目指し、順次、整備が進んでいます。パソコン教室だけでなく、普通教室などでパソコンやタブレットを活用した授業を行っていくにあたり、限られた予算での効率的な整備が急務となっています。
 また、新学習指導要領により、2020年度から「英語」は3年生からの必修化、5年生からの教科化が始まり、「プログラミング教育」は教科のなかで取り組んでいくことが求められています。
 しかし、一方で、現場の先生からは、「英語」の授業や「プログラミング教育」を行うにあたって経験やノウハウがなく、どのように授業を進めればよいのか、どういった教材を用意すればよいのか分からないといった戸惑いの声が数多く上がっています。

 「ジャストスマイル」は、1999年の提供開始以来、学習指導要領や、現場の先生方からの要望に対応しながら、ICTを活用して効果的な授業が実践できるように、また校務の効率化が実現できるように継続的な強化をはかり、小学校教育を支援してきました。
 現在、当社では、小学校におけるICT環境整備の課題や、先生方の悩みを解決するために下記の強化をはかった次期バージョン「ジャストスマイル8」を開発中です。


パソコン教室や普通教室などの授業で必要なソフトを「ジャストスマイル8」だけで整備可能

 パソコン教室向け「ジャストスマイル」と、普通教室でのタブレットを活用した授業向け「ジャストスマイル クラス」を、「ジャストスマイル8」として統合します。「ジャストスマイル8」だけで、パソコンやタブレットを活用したさまざまな授業に対応でき、どこでも使い慣れたソフトウエアで学べるので、子どもたちは操作を気にせず、学習に集中できます。また、普通教室、パソコン教室、課外授業などに必要となるソフトウエアをオールインワンで導入でき、費用や選定の手間を軽減できます。

「英語」「プログラミング教育」をすぐに実践できるソフトウエアや指導略案などを提供

 「ジャストスマイル8」では、2018年度からの新学習指導要領の先行実施に合わせ、「英語」や「プログラミング教育」に必要なソフトウエアや指導略案、教材をオールインワンで提供します。どの学年の何の単元でどのような授業をすればよいのかを分かりやすく示した指導略案や、そのまま授業で活用できる教材を収録しています。これまで「英語」の授業や「プログラミング教育」を行ったことがない先生でも、使い慣れた「ジャストスマイル」を使ってすぐに実践に取りかかることができます。



 当社は、小学校教育の現場を熟知している企業として、子どもたちが変化の激しいこれからの社会に対応できる「生きる力」を身につけられるよう、学校と家庭の双方における教育を支援していきます。




「ジャストスマイル8」に関する詳細発表は、2018年4月を予定しています。



(ご参考)「ジャストスマイル」シリーズについて

 全国の85%の小学校で採用されている小学校向け学習・授業支援ソフトです。どの学年の子どもでもすぐに使いこなせるよう、直感的でやさしい操作性を実現し、ワープロ、表計算、プレゼンテーション、Webブラウザーなど授業で活用するのに最適なソフトウエアを搭載しています。統合学習支援ソフトだけでなく、協働学習支援ソフトも搭載し、学年や学習の進度に合わせて最適なソフトウエアや教材を選べ、思考力・判断力・表現力を育成できます。体験しながら情報モラルやメディアリテラシーを学ぶことも可能です。また、円滑な授業運営に役立つツールを搭載しています。
 現在は、パソコン教室での利用を想定した「ジャストスマイル7」と、普通教室でタブレットを活用した授業が日常的に快適に行えるよう強化した「ジャストスマイル クラス2/ R.2」のラインナップを用意しています。


「ジャストスマイル7」の製品情報
「ジャストスマイル クラス 2/ R.2」の製品情報

*記載された社名および製品名は各社の商標または登録商標です。