株式会社ジャストシステムは、小中学生向けのタブレットで学ぶ通信教育「スマイルゼミ」で、藤木直人さんを起用した新TV-CM「教えたがる男」篇を、1月21日(土)より全国で順次放送開始します。

 「スマイルゼミ」は、すべての学習がタブレットで完結する、クラウド型通信教育です。「小学生コース」は楽しく続けられる仕組みにより自立的な学習習慣が身につき、「中学生コース」は理解度や進捗に合わせた教材を個別配信するので、無理なく学力を向上させることができます。

 今回のCMは、藤木さんが教えたがる男に扮し、勉強が苦手な少年や子どもの成績に思い悩む保護者に対して、成績がめきめきと伸びる勉強法の極意「しっかり書いて覚える」「書いて、考えて、解く」を伝授していくストーリーです。
 藤木さんが演じる教えたがる男が、ノートに鉛筆で書いて勉強する感覚はそのままに、タブレットだからこそ紙教材よりも分かりやすく、丁寧に書いて答える力を養えるという「スマイルゼミ」のメリットを熱く訴えかけます。「勉強は紙と鉛筆でするもの」という常識や、「タブレット学習は選択式の問題ばかりで、学力が身につかない」という固定観念を覆し、紙教材以上に書く効果をしっかり得られるタブレット学習の良さをアピールしていきます。藤木さんが持つ誠実さや安心感から生まれる説得力で、納得感のある仕上がりとなっています。

 なお、本TV-CMには、2016年8月に発売したファーストフルアルバム「日常ドラマチック」がオリコンデイリーチャート2位を記録した5人組ポップスバンド「wacci」(ワッチ)が、本TV-CMのために書き下ろした新曲の一節を使用しています。

TV-CMの概要

ストーリー

 テストの結果を見てため息をつく少年と母親。そこに突然、“教えたがる”謎の男に扮した藤木さんが現れます。驚く少年と母親に、「勉強で大切なのは、書いて覚えること。書いて、考えて、解くこと」と“勉強の極意”を伝授し、紙以上にしっかり書いて覚えられる学習法「スマイルゼミ」を紹介します。「スマイルゼミ」で楽しそうに勉強を始める少年。「できたー。分かったー」と叫ぶ少年を見て、藤木さんが満足そうに微笑みます。

タイトル

「教えたがる男 国語篇」「教えたがる男 算数篇」

放送開始日・エリア

2017年1月21日(土)より、全国でオンエア

タイプ

両篇ともにそれぞれ、15秒

主演

藤木直人さん

撮影エピソード

 国語篇の教えたがる男と少年の出会いのシーンは、早朝の公園でロケを行いました。雲一つない晴天に恵まれましたが、気温は3度。春の設定のため、藤木さんはシャツに薄手のクルーネックセーターだけ。それでも、まったく寒そうなそぶりも見せない藤木さんに強いプロ意識を感じました。また、撮影の合間には、少年役の浅川大治くん(あさかわ だいじ。8歳)とベイブレードの話で盛り上がっていました。理系出身らしいコマの回転についての質問に、浅川くんは知的好奇心を刺激されているようでした。続いて、午後はハウススタジオでの撮影。ほとんど休憩もできないなか行われたインタビューにも丁寧にお答えいただき、教育についてのしっかりとしたお考えを聞くことができました。クールな印象が強い藤木さんですが、浅川くんとの会話では、ご自身のことを「おいちゃん」とおっしゃっており、気さくな一面もうかがえました。

藤木直人さんへのインタビュー

Q:「スマイルゼミ」について、どう思いましたか?

【藤木さん】
 すごく大きくて見やすい画面で、ただ回答を選択するだけではなく、しっかり書けるのがいいですね。書いたり、読んだりと動作と一緒でないと身につかないこともあると思いますが、紙と同じように書けて学べるのはすごく新しいです。タブレットに書きこむ際も、画面の他の部分に触れていても大丈夫だし、子どもにとって制約なく、自由に書けるのもいいですよね。また、教科書は動かないですが、タブレットなら動画を見たり、展開図などを実際に動かしたりすることもでき、理解力の向上にも役立ちそうです。自分の学力や進捗に合わせた教材も配信してくれますし、無限の可能性を感じます。


Q:大人になってから、勉強が役立ったと思うことはありますか?

【藤木さん】
 勉強は物事の考え方を訓練することなのかなと思っています。自分なりに理解して、応用する。そういう意味では、社会に出て、新しいことを学習しなければならないときに、どのようにして自分のものとして吸収していくかの訓練となり、大人になってからも役立っていると思います。

 また、成功体験をすることが大事と言われますが、ほどよい目標を立てることって難しいと思っていて。でも、「スマイルゼミ」なら、自分に合わせた教材を配信してくれるうえに、理解し回答できたときは画面や点数などで可視化し、達成感を持たせてくれる。成功体験をきちんと感じさせてくれるのは、すごく子どもの心をつかむのではないかと思います。


Q:子どもたちに、メッセージをお願いします。

【藤木さん】
 自分が能動的に勉強するようになってから思ったことなのですが、新しいことを知るとか、分かるようになることはすごく楽しいことです。「スマイルゼミ」なら、そういう楽しさが実感できると思います。分かる、知る楽しさをどんどん体験していってほしいです。

藤木直人さんから全力キッズへのスペシャルメッセージを公開

公開日

2017年1月21日(土)

URL

概要

勉強を頑張る全国の小学生、中学生に向けて、藤木さんからの応援メッセージの動画を公開します。



プロフィール

藤木直人(ふじき なおひと)さん

1972年7月19日生まれ。千葉県出身。
早稲田大学理工学部情報工学科卒。

在学中に東映映画「花より男子」花沢類役に抜擢され、95年デビュー。その後も、NHK朝の連続テレビ小説「あすか」やフジテレビ系「ナースのお仕事」シリーズなど、数多くの話題作へ出演。2008年には舞台「冬の絵空」で初舞台も踏み、その活動の幅を広げる。また、役者活動と並行して音楽活動を本格的に開始し、99年7月7日「世界の果て〜the end of the world〜」でCDデビュー。その後も精力的に活動し、全国ツアーでのライブ本数は200本以上を数える。
現在、フジテレビ系火曜21時ドラマ「嘘の戦争」に出演中

「wacci」(ワッチ)

橋口洋平さん(Vo.Gt)、因幡始さん(Key)、村中慧慈さん(Gt)、小野裕基さん(Ba) 、横山祐介さん(Dr)による5人組ポップスバンド。聞く人すべての「暮らし」の中にそっと入り込んでいけるようなPopsを作るべく2009年12月に結成。バンド名の由来は「私たち」の略。私たちの歌を聞いて、泣いていたあなたがちょっと笑えるような、笑っていたあなたがもっと笑えるような歌を届けます。5枚目のシングル「大丈夫」では、YouTube再生回数が420万回を超え、ファーストフルアルバム「日常ドラマチック」はオリコンデイリーチャート2位を記録するなど、まさに「今聴くべきバンド」の1つに数えられる。


「スマイルゼミ」の概要

 「スマイルゼミ」は、ジャストシステムが開発・提供する、小中学生向けの通信教育教材です。クラウド型で、すべての学習が専用タブレット上で完結するのが大きな特長です。現場の先生とともに開発し、全国の小学校の約8割が導入している学習・授業支援ソフト「ジャストスマイル」で培ったノウハウを元に開発しています。

「スマイルゼミ 小学生コース」(会費:月額2,980円〜5,920円(税別))

 タブレットの特性をいかし、教材を「触る・見る・聞く・話す」ことで、紙教材では難しかった内容もより深く理解できます。問題は自動採点し、間違えた箇所にはその場で解説を表示するので、学力の向上に役立ちます。保護者には、スマートフォンや携帯電話へのメール、専用サイトで毎日の学習状況やつまずいている点などの情報を提供するので、適切なフォローが可能になります。子どもが夢中になって取り組める仕組みで、自立的な学習習慣が身につきます。

「スマイルゼミ 中学生コース」(会費:月額5,980円〜12,800円(税別))

 クラウド上に蓄積した学習履歴から一人ひとりの理解度や学習進捗を分析し、優先度や取り組むべき問題のレベルを判断して、“自分専用のカリキュラム”をリアルタイムに生成し、個別配信します。やるべきことを具体的に提示し、成績アップのために必要な教材だけを配信するので、効率的に無駄なく学習が行え、定期テストでの成績アップ、志望校合格が狙えます。

会費は、12ヶ月分一括払いした場合の月あたりの価格です。

*記載された社名および製品名は各社の商標または登録商標です。