株式会社ジャストシステムは、日本語ワープロソフト「一太郎2013 玄」の電子書籍作成機能を強化し、「Kindle(mobi)」形式保存に対応したことを発表します(※1)。「一太郎2013 玄」ユーザーは、3月5日(火)より無料で提供するアップデータを適用することで、「Kindle(mobi)」形式の電子書籍が簡単に作成でき、Amazon Kindleストアで電子出版するためのサービス「Kindleダイレクト・パブリッシング(KDP)」での個人出版がよりスムーズに行えるようになります。


これまでの電子書籍への取り組み

 「一太郎」では、校正支援機能を使って作品の品質を高める支援に加え、電子書籍リーダーの進化にあわせて、より表現力豊かな電子書籍を作成できるよう、さまざまな強化をはかってきました。電子書籍フォーマット「EPUB 3」に対応し、表示する端末にあわせて文字や図を適切に再配置する「リフロー型」と、意図したレイアウトを保てる「固定レイアウト型」から選んで電子書籍の作成が可能です。日本語独自の表現である「ふりがな(ルビ)」「縦中横」「異体字」や、「縦書き」「段組」などの設定にも対応し、「EPUB 3」形式での電子書籍の作成が、自分が表現したいとおりに行えるよう機能強化をはかってきました。


「一太郎2013 玄」が「Kindle(mobi)」形式保存に対応

 このたび、「一太郎2013 玄」では、「EPUB 3」形式に加え、「Kindle(mobi)」形式保存に対応しました。難しい操作を自分で行う必要なく、見た目の再現性が高く、エラーのないファイルを簡単に作成できます。
 作品の内容にあわせて「リフロー型」か「固定レイアウト型」を選べ、表紙や目次も含めて「Kindle」に最適な電子書籍データとして出力します。「縦書き」「ふりがな(ルビ)」「縦中横」などの設定が可能で、画像や挿絵などの表現もイメージに近いかたちで行えます。
 また、「一太郎2013 玄」からボタン一つでAmazonより提供されている「Kindleプレビューア」(※2)を起動できるので、作成した電子書籍の表示のされ方を手軽に確認できます。

 なお、本日より、「Kindle(mobi)」形式保存に対応した「一太郎2013 玄 体験版」を公開します。無料で30日間、どなたでも試用できます。

 今後も、「一太郎」は、個人で電子出版を行いたいユーザーを支援し、また、日本語の豊かさをそのままに表現できる電子書籍作成環境を提供できるよう取り組んでいきます。


※1「一太郎2013 玄」で「Kindle(mobi)」形式で保存するには、「Kindleプレビューツール」か 「KindleGen」が必要です。

※2事前に「Kindleプレビューア」をパソコンにインストールしておく必要があります。

*記載された社名および製品名は各社の商標または登録商標です。