株式会社ジャストシステムは、ファイルサーバーの肥大化原因を可視化し、重要度や利用状況などに応じて情報を整理できる「GDMS(Green Document Management System)」の最新バージョン「GDMS 3.0」を、2月22日(金)より発売します。「GDMS 3.0」では、管理対象にできるデータサイズを最大100TBまで拡大し、フォルダやファイルのアクセス権を自動管理できる機能を新搭載しました。価格は、「GDMS 3.0(1TB)」で130万円(税別)からとなります。

 「GDMS」は、ファイルサーバーに保存されている、何カ月もアクセスされていないファイルや内容が重複しているファイル、ファイル名が類似しているバージョン違いのファイルなどを可視化し、不要なファイルを削除、または任意の領域へ移動するなどの整理が行えるファイルサーバー肥大化対策システムです。ファイルの整理を定期的に自動実行することで、効率的なファイルサーバーの運用と情報の品質向上が可能になります。また、ファイルのアクセス権設定をチェックし、機密情報や重要文書の適正な管理を支援します。

 「GDMS 3.0」では、スケールアウト構成に対応したことにより、管理対象にできるデータサイズが最大100TBに拡大し、複数台のファイルサーバー管理を仮想統合できるユーザーインターフェースを新搭載しました。また、ファイルやフォルダへのアクセス権を自動管理できる機能を新しく搭載しています。


最大100TBのファイルサーバーに散在する領域の管理を仮想統合し、運用コストを削減

 複雑化する領域に対しても容易に管理が行える、新しいユーザーインターフェース「GDMSダッシュボード」を搭載しました。「GDMSダッシュボード」の機能である、複数のファイルサーバーに散在する領域をサーバー単位や任意のグループ単位に仮想統合する「エリアナビ」や、整理効果の大きい分析条件を推奨する「おすすめの整理対象」により、対象とするファイルサーバーの台数や規模を問わず、すばやい状況把握が可能になり、運用コストの削減を実現します。

フォルダやファイルのアクセス権の状況を分かりやすく可視化して、自動管理を実現

 アクセス権を上位継承していないフォルダやファイルを検出し、アクセス権の状況を刷新したユーザーインターフェースで分かりやすく表示します。また、アクセス権の確認が必要なフォルダやファイルに対して、あらかじめ策定した修正方針に基づいてアクセス権を自動修正する機能を新たに搭載しました。ファイルサーバーのセキュリティを手間なく強化できます。



製品概要

名称

「GDMS 3.0」

発売日

2013年2月22日(金)

価格

「Green Document Management System 3.0(1TB)」130万円(税別)から

動作環境

GDMSサーバー

OSWindows Server(R) 2008 R2
Windows Server 2008 (32bit/64bit)
Windows Server 2003 R2 (32bit/64bit)
CPUXeon5000シリーズ相当以上を推奨
メモリ8GB以上
4GB以上(32bit OSの場合)
ブラウザInternet Explorer (8以上を推奨)
ハードディスク必要容量ソフトウェア容量として20GB

分析情報分の容量が別途必要です。


スキャン対象のファイルサーバー

ファイルシステムの形式NTFSまたは互換性のあるファイルシステム (FATは対象外)

*記載された社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

詳細情報
お問い合わせ先
関連情報