NEWS RELEASE
[ ニュースリリース] > [ 2006.10.03 ]


[ 2006.10.03 ]
ジャストシステム、セキュリティソフト市場に参入
世界最高水準の総合セキュリティソフト
「Kaspersky(カスペルスキー) 6.0」を、11月17日(金)より発売

 
 株式会社ジャストシステムは、Kaspersky Labs International(本社:ロシア、代表者:Natalya Kaspersky、以下Kaspersky Labs社)と提携し、Kaspersky Labs社が開発した総合セキュリティソフト「Kaspersky(R) Internet Security 6.0」とアンチウイルスソフト「Kaspersky(R) Anti-Virus 6.0」を、11月17日(金)より発売します。希望小売価格は、12,800円(税別)と8,800円(税別)です。
 
 「Kaspersky Anti-Virus」は、コンピュータを攻撃する悪性プログラムの検知率や新規ウイルス対応の早さに秀でたKaspersky Labs社が開発したアンチウイルスソフトです。24時間365日、常に世界中のウイルスを監視し、世界最速(*1)の定義ファイル更新(約1時間に1回(*2))を実現しています。さらに世界最高水準の検出率を誇り、シンプルな設定で高性能なことから、世界の主要国防機関や法人で採用されているほか、OEM提供により2億人を超えるユーザーがKaspersky製品およびソリューションを利用しています。
 
 最新の「Kaspersky Anti-Virus 6.0」は、ファイル操作やメール受信、Webサイト閲覧のリアルタイムスキャンに加え、ウイルス定義ファイルに記述されていない未知のウイルスであっても検知することが可能な「プロアクティブディフェンス」を搭載しています。定義ファイル更新と、未知のウイルスを検知する「プロアクティブディフェンス」により、様々なウイルスの脅威からパソコンを守ります。
 総合セキュリティソフト「Kaspersky Internet Security 6.0」 は、アンチウイルスはもちろんのこと、アンチスパイウェア、アンチスパム、アンチハッカー(ファイアウォール)の機能を含むオールインワン製品です。一つの製品でスパイウェアの駆除、不正アクセスの遮断、不正プログラムの実行防止、スパムメールの振り分けなどが行えます。「Kaspersky Internet Security 6.0」 があれば、複数のセキュリティ製品をインストールすることなく、インターネット上の様々な脅威からパソコンを保護します。両製品ともに長時間インターネットをする方に最適です。
 
 近年、コンピュータウイルスは愉快犯的なものに加え、金銭目的の悪質な犯罪行為として広く蔓延しつつあります。また、大規模ネットワークではなく、小規模化、アンダーグラウンド化しつつあります。インターネットの世界では地理的なロケーションは関係なく、常に様々な脅威にさらされています。ジャストシステムは、これまで一太郎やATOKなど、パソコンをより便利に快適にするソフトウェアの提供を行ってきましたが、今、その根底となる安全性を確保し、お客様がパソコンを安心して利用できるように、Kaspersky製品を積極的に提案していきます。
 
Kaspersky Labs International CEO Natalya Kasperskyからのご賛同文
 Kaspersky Labsは、株式会社ジャストシステムの発表を歓迎いたします。
 その製品とサービスで日本で確固たる地位を築かれているジャストシステム社の全面協力を得て、日本市場に「Kaspersky Internet Security 6.0」および「Kaspersky Anti-Virus 6.0」をリリースできることは、非常に光栄です。今まで以上に幅広いユーザー様に、安心してコンピュータをご利用いただける環境を提供できることを確信しています。
 
Kaspersky Labs Internationalについて
 Kaspersky Labs社は1997年6月に設立され、情報セキュリティソフトウェアを提供している国際的なコンピュータソフトウェアベンダーです。Kaspersky Labs社は、ロシア(本社)、フランス、イギリス、ドイツ、オランダ、ポーランド、アメリカ合衆国、日本、中国に事業所を展開し、優れたパートナーネットワークを通して世界60カ国以上に対してウイルス、ハッカー、スパム対策製品を提供しています。
 Kaspersky Labs社はこれまで、アーカイブ・圧縮ファイル用ウイルス検出ソフト、Sendmail、Qmail、PostfixのためのUNIX/Linux、FreeBSD、OpenBSD用アンチウイルスソリューション、マクロウイルス対策ソフト、Palm OSやWindows CEが稼動するフルスケールのPDAやモバイルデバイスの保護、SymbianおよびWindowsモバイルプラットフォーム上のウイルス除去に関する技術を世界で初めて提供した、世界のウイルス対策分野におけるリーダー的存在です。
 Kaspersky Labs社のアンチウイルス研究所には、同社の創業者でありウイルス対策における世界的なカリスマであるEugene Kaspersky(ユージン・カスペルスキー)所長以下、数多くの才能豊なスペシャリストを擁しています。
 ウイルスに関する情報を集めた「ウイルス百科事典」 は世界最大規模を誇ります。(Kaspersky Labs社による、2006年9月現在の登録データベース件数約20万件)
 
*1 AV-Test.orgの2005年12月の調査によると、マルウェアをはじめとした新たな脅威に対しての対応速度を競った結果、Kasperskyは平均1時間26分と、世界中のセキュリティ製品の中でNo.1の対応スピードを記録しました。
*2 実績の平均値です。実際の更新頻度はウイルス発生状況等により変動します。
 
 
 
製品概要
 
 
製品名:総合セキュリティソフト「Kaspersky Internet Security 6.0」
     アンチウイルスソフト「Kaspersky Anti-Virus 6.0」
 
発売日:2006年11月17日(金)
 
希望小売価格(税別):
製品形態                製品名称 Kaspersky
Internet Security 6.0
Kaspersky
Anti-Virus 6.0
通常版 12,800円 8,800円
12+3ヶ月特別優待版(*3)    8,000円(*4)   5,800円(*5)
12+3ヶ月特別優待版 DL版(*3) 5,500円 4,200円
2+1ユーザー特別優待版   14,800円(*6)   10,800円(*6)
4+1ユーザー特別優待版   23,800円(*6)   16,800円(*6)
更新キー(1年間) 3,900円 2,900円
 
*3 対象:他社セキュリティ対策ソフト・サービスをご利用の方、及び、ジャストシステム製品をお持ちの方
*4 10万本限定  *5 5万本限定  *6 2万本限定
 
動作環境:
ハードウェア
    ・DOS/V互換PC(NEC PC98 シリーズはサポートしておりません)
    ・Intel Pentium IIIまたは同等以上のプロセッサ
    ・256MB 以上のメモリ
    ・50MB 以上のハードディスク空き容量
    ・DVD または CD-ROM ドライブ (インストール時に必要)
    ・インターネット接続環境
OS  Windows(R)XP Home Edition/Professional(Service Pack 2以上)
    2000 Professional (Service Pack 4以上)
    ※各日本語版に対応しています。
ソフトウェア:
    ・Microsoft Internet Explorer 5.5 またはそれ以上
     (インターネットから更新データベースやプログラムモジュールの取得を
     する場合に必要)
    ・Microsoft Windows Installer 2.0
その他
    メールの保護
    Microsoft(R) Outlook(R) 2000/2002/2003にはアンチウイルスの専用
    プラグインが適用されます。その他のメールクライアントでは、SMTP、POP3、
    IMAP、MAPI、NNTPのプロトコルでスキャンが行われます。
    (暗号化されたメールには対応しておりません)
 
    ・Microsoft Outlook Express 6.0
    ・Shuriken Pro4 /R.2
    ・Netscape 7.1
    ・Eudora 7J
    ・Becky! Internet Mail Ver.2
 
    ブラウジング保護
    Internet Explorer 5.5以上には専用のプラグインが適用されます。
    その他のブラウザではHTTPトラフィックの監視を行います。
 
 
 
製品特長

 
≪搭載機能表≫ ※KAV:Kaspersky Anti-Virus、 KIS:Kaspersky Internet Security   
    KAV6.0 KIS6.0
アンチウイルス
ファイルアンチウイルス
メールアンチウィルス
ウェブアンチウイルス





プロアクティブディフェンス ふるまい検査・ルートキット対策
レジストリモニター
マクロ検査





アンチハッカー ファイアウォール
侵入検知システム
複数のネットワークポリシー


 



アンチスパイウェア フィッシング・バナー・アドウェア・ダイアラー    
アンチスパム 振り分け学習機能など  
 
 
安全なファイルやサイトだけを扱えるようにする「アンチウイルス」機能
≪ファイルアンチウイルス機能≫
・ファイル操作(開く/実行/保存)時やディスクアクセス時に、リアルタイムスキャンを行います。
 
・ファイル処理の前にウイルススキャンを行い、非感染ファイルと駆除に成功したファイルだけを使用できます。感染したファイルを駆除できない時は、削除を行い、ファイルのバックアップをバックアップフォルダに作成するか、隔離フォルダへ移動します。
 
≪メールアンチウイルス機能≫
・パソコンから送受信されるメールを分析して、マルウェアがあるかスキャンします。利用者は安全なメールだけを取り扱えます。
 
≪ウェブアンチウイルス≫
・HTTPトラフィック監視を実行します。サイト閲覧、HTTPやスクリプトの悪用をリアルタイムでスキャンします。
 
未知の脅威も検知する「プロアクティブディフェンス」機能
・インストールされたアプリケーションのふるまいを分析し、システム・レジストリへの変化をモニターして、マクロを追跡します。システム領域やDLLの書き換えなど、通常のプログラムが実行しないような、ウイルス特有の挙動を検知した場合は、利用者にプログラムの実行を許可するか確認を求めます。ウイルス定義ファイルに記述されていない未知のウイルスであっても検知可能です。
 
・レジストリガード機能を搭載しており、ルートキットの検知、削除も行います。
 
外部からの不正侵入を自動遮断、大切なデータの流出を防ぐ「アンチハッカー」機能
・ファイアウォール機能、侵入検知システムなどで、外部からの不正侵入を自動遮断し、大切なデータの流出を防ぎます。
 
・インターネットやLANの利用時にパソコンを保護します。パソコンへ送られてくるデータと外に出て行くデータをポートとパケット単位でスキャンして監視します。
 
・プログラムフィルターは内向き外向きのトラフィックを分析し、一般的なネットワーク攻撃をブロックします。ステルスモードの利用も可能です。
 
・ユーザー通知機能(メール、サウンド、ポップアップメッセージ)を選択することができます。
 
・ログ機能とレポート機能を搭載し、レポートには操作と処理結果の詳細な情報を記録します。
 
詐欺や迷惑行為を防御する「アンチスパイウェア」機能
・アンチフィッシング機能で、フィッシングデータベースを利用し、金銭情報を得るために送信されるメールをフィルタリングして、その動きを阻止します。
 
・ポップアップブロッカー機能で、広告のポップアップウィンドウを遮断します。
 
・アンチバナー機能では、バナー広告をブロックします。
 
・アンチダイアラー機能で、無断で有料サービスへ自動ダイヤルすることを防止します。
 
迷惑メールを遮断し、無駄な作業やリソースを生じさせない「アンチスパム」機能
・メールクライアントにプラグイン設定でき、全受信メールからスパムを選別します。
 
・スパムメールにはヘッダーにスパムであるという一文が付加されます。スパムの処理は、自動削除、指定フォルダへの移動など、ユーザーが指定できます。
 
・以下のプロトコルを使用するメール送信をスキャンし、トラフィックを監視します。OutlookとOutlook Expressには専用のプラグインが用意され、各プログラムのオプションでウイルスとスパムのメール機能の設定ができます。
 
  1. IMAP、SMTP、POP3(メールクライアントは問わず)
  2. NNTP (ウイルススキャンのみ。メールクライアントは問わず)
  3. MAPI、HTTP (Outlook のプラグインとして)
 
・iBayesアルゴリズムによる、受信メールボックスを利用した学習型迷惑メールフィルターが備わっています。判定基準値は任意に設定可能です。
 
・アドレスやフレーズを利用したブラックリスト、ホワイトリストの作成ができます。
 
・画像分析技術により、メール内の画像を分析しスパムメールを判定します。
 
・ヘッダーの情報を分析し、スパムメールを判定します。
 
・メールサーバー上でメールメッセージのリスト、ヘッダーを確認してから、受信・削除できる「メールディスパッチャ」機能を搭載しています。
 
3つのウイルススキャンタスク機能と定期的なスキャンで、マルウェアの感染を未然防止
・全ディスク、メモリ、フォルダ、ファイルの完全スキャンができるので、セキュリティレベルが低いなどの理由で、種々のセキュリティ機能で発見できなかったマルウェアの感染を防止します。
 
・メモリ、スタートアップ、ハードディスクのブートセクタ、Windowsとsystem32のディレクトリなど、システムの重要な領域だけのスキャンもできるので、高速に実行中のウイルスを発見できます。
 
・メモリ、ハードディスクのブートセクタ、スタートアップ時に自動的にロードされる全プログラムのウイルススキャンを行います。
 
・ウイルススキャンタスクを作成し、定期的にスキャンを実行する設定ができます。
 
その他の特長〜軽快で使いやすい操作性を実現
・各セキュリティ機能はそれぞれの脅威を監視し、感染を防ぎます。設定の自由度が高く、最適な設定を行うことができます。
 
・アップデートプログラムにより、更新データベースを監視し、必要に応じて最新のデータベースをダウンロードします。Kaspersky Labs社のダウンロードサーバーへ接続できる状況であれば、自動的に最新の状態を保ちます。プログラムは必要なファイルのみをダウンロードします。
 
・軽快にスキャン動作を実行し、パソコンへの負荷を抑えます。スキャン対象は、iCheckとiSwift技術により、新規作成ファイルと修正したファイルのみとします。スキャンプロセスはバックグラウンドで実行され、システムリソースが必要な時には自動的にスキャンを一時停止し、システムリソースが解放されると自動的に再開します。
 
・予めレスキューディスクを作成しておくと、ウイルスによりシステムが起動できなくなった時に、レスキューディスクでパソコンを起動し感染前の状態に戻すことができます。
 
・ZIP/ARJ/CAB/RAR/LHAなど約1,800種類以上の圧縮形式やアーカイブに対応しています。 
 
 
 
* 記載された社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

「Kaspersky Internet Security 6.0」

・お問い合わせ先
インフォメーション
センター


製品概要
製品特長

・製品情報
総合セキュリティソフト「Kaspersky Internet Security 6.0」
 
アンチウィルスソフト「Kaspersky Anti-Virus 6.0」
 
・JUST Kaspersky
 ポータル

メールマガジン配信登録:ジャストシステムの新製品情報や最新トピックスをメールでお届け


update : 2006.10.03