NEWS RELEASE
[ ニュースリリース] > [ 2005.09.07 ]


[ 2005.09.07 ]
公文書作成に最適な
中央省庁・地方自治体専用の日本語ワードプロセッサ
「一太郎ガバメント2006」を来年2月に新発売
 
 
 株式会社ジャストシステムは、中央省庁や地方自治体などの行政機関向けに日本語ワードプロセッサ「一太郎ガバメント2006」を来年2月に発売します。公用文ルールに則った正確な文書を効率的に作成できる入力支援機能や、情報を安全に取り扱うためのセキュリティ機能など、行政機関にとって必要な機能を搭載、作業を簡単に行えるようになります。特に一般公開する法令文書や通達、省庁内での連絡文書などを作成する部署に最適です。本製品はライセンス専用製品で、オープン価格となります。 
 また、XML形式のファイルフォーマットであるOpenDocument(*)への読み込み、書き込みができる追加モジュールを、来夏に無償提供する予定です。XML形式で文書を保存することが可能になり、文書の保管・再利用がより便利になります。 

  「一太郎ガバメント2006」は、行政機関としてふさわしい文書を作成するのに最適な入力環境を提供します。「ぎょうせい公用文表記辞書」を標準搭載し、日本語入力時に公用文ルールに基づいたチェックや平易な表現への言い換えをリアルタイムに指摘します。文書校正機能も強化しているので、以前作成した文書やほかの職員から受け取った文書を公用文表記の基準にあわせてチェックすることが可能です。逐一ルールを確認する手間なく、表記ゆれなどのミスを低減し、効率的に文書を作成できます。 

 また、「一太郎ガバメント2006」では、情報保護の観点からセキュリティ機能を強化しています。これまで目視で確認するしかなかった個人情報や特定固有名詞などを、個体名抽出技術により自動的に抽出し、重要情報に黒塗り処理を行う「個人情報マスキング機能」を新たに搭載、情報漏えい防止に効果を発揮します。また、コマンドメニューには、「すかし保存」や「改ざん禁止保存」のコマンドを追加搭載し、簡単にセキュリティ設定が行えるようになりました。
 加えて、文書を公開する際の必要性に応じて文書の保存形式を選択できるように、一太郎ファイル形式だけでなく、PDF保存などにも対応しています。

 さらに、ひと目で必要な機能が分かるように、行政機関の業務で利用頻度の高い機能を厳選した専用メニューをメニューバーに追加しました。頻繁に使用する機能を一つのメニューにまとめているので、操作に迷うことなく、便利な機能をすぐに使うことができます。
 そのほか、行政機関での利用を想定した内容となっている、専用のヘルプ機能「ガバメントヘルプ」を搭載しており、どの機能を使えばよいのか分からない場合でも、業務にあった的確な答えを得ることができます。

 ジャストシステムは、今後も業務に最適な行政機関向けの製品やサービスを開発、提案していきます。


* OpenDocumentについて
 e-ビジネス標準の開発、統合および採用を推進する非営利国際コンソーシアムであるOASIS(Organization for the Advancement of Structured Information Standards)から標準として認証されたロイヤリティ・フリーのXMLベースのファイル形式です。

 
製品概要
 
発売日:2006年2月 
価格:オープン価格 
動作環境 
 O S: Windows(R) XP/Windows 2000 Professional (Service Pack 4以上)  
    ※各日本語版に対応しています。 
 CPU/メモリ:お使いのOSが推奨する環境以上 

製品特長

■行政機関としてふさわしい表現、品質の文書作成がより効率的に
・「ぎょうせい公用文表記辞書」を搭載しているため、逐一調べる必要なく、公用文ルールに則った、正確な表現を使って文書作成ができ、ことばから生まれるリスクを軽減できます。
・公用文としてのチェックができる文書校正機能を強化し、操作性を向上しています。入力時にはチェックしきれない 「表記ゆれ」「スペルミス」などのケアレスミスも簡単に見つけることができます。
・以前作成した文書、ほかの職員から受け取った文書も簡単に校正、修正でき、文書品質の向上がはかれます。

■文書の重要度に応じたセキュリティ対策が簡単に
・これまで目視で確認していた文書中の個人情報や特定固有名詞などを、個体名抽出技術により自動抽出し、重要な情報に黒塗り処理ができる「個人情報マスキング機能」を搭載しました。情報公開する際の事前処理がより効率化できるうえ、情報漏洩防止に効果を発揮します。
・[極秘][持ち出し厳禁] などの重要度や機密区分を示す「すかし保存」や、文書の閲覧・編集などを制限する「改ざん禁止保存」など各種セキュリティ設定された保存方法を簡単に選択できます。

■誰もが安心して使えるように、操作性をさらにわかりやすく
・公務に便利な機能を厳選、追加し、配置した専用メニューをメニューバーに追加しました。頻繁に使用する機能が一つのメニューにまとまっているので、操作に迷うことなく、効率的に公文書が作成できます。
・XML形式のファイルフォーマットであるOpenDocumentへの読み込み、書き込みができる追加モジュールを、来年夏に無償提供する予定です。一太郎で作成した文書をXML形式で保存できるようになり、文書の保管・再利用に有用です。
・法令変更などにより、文書フォーマットに変更を加えた場合でも、変更した文書を業務テンプレートとして保存し、職員の中で共有して、活用することが可能です。
・一太郎と併用されることの多いWORD形式の文書を一太郎で読込、保存できるコマンドを新設しました。
・行政機関での利用シーンを想定したヘルプを新たに搭載しました。自分が使いたい機能がどこにあるのか、どうすればよいのかを簡単に調べられます。
・PDF保存機能を標準搭載し、一太郎からコマンド一つでPDF形式の保存ができます。文書を公開するときの状況にあわせて、作成するファイルの保存形式が選択できるようになります。
                   
 
*記載された社名および製品名は各社の商標または登録商標です。



・お問い合わせ先
インフォメーション
センター


製品概要

製品特長

・製品情報
一太郎ガバメント2006

メールマガジン配信登録:ジャストシステムの新製品情報や最新トピックスをメールでお届け


update : 2005.09.07