NEWS RELEASE
[ ニュースリリース ] > [ 2001.10.25 ]






[ 2001.10.25 ]
日本語変換ソフト「ATOK15 for Windows」来年2月発売
方言対応第一弾として、「大阪弁」の変換に対応
〜法人向けにネットワークで利用できる新機能を搭載〜〜

 株式会社ジャストシステムは、多彩な日本語表現に対応しパーソナルなコミュニケーションを支援するとともに、企業での利用に最適な機能を新たに搭載した最新の日本語変換ソフト「ATOK15 for Windows」を来年2月に発売します。

(1)多彩な日本語表現に対応し、第一弾として「話し言葉関西モード」を搭載

 現在、パソコンを使ったメールやインスタントメッセージ、掲示板など、インターネットでパーソナルなコミュニケーションを行う機会が増加しています。これからのATOKは、地域や年代などで異なる多彩な日本語表現の変換が可能な、ひとりひとりにマッチした日本語変換アーキテクチャーの提供を目指します。
 日本語変換ソフトの最新版であるATOK15は、従来までの話し言葉の強化に加えて新たに方言に対応し、第一弾として「話し言葉関西モード」を搭載しました。これにより、「行かへん」や「〜してはります」など、大阪や京都、神戸で使われている「関西弁」を快適に入力できます。また、話し言葉モードは、ユーザーが意識することなくアプリケーションによって自動で切り替えることもできるので、利用シーンに適した変換が可能です。
 加えて、ジャストシステムでは、方言についてユーザー同士がコミュニケーションをはかることができるWebサイトを来年2月の発売と同時にオープンします。地域や年代をこえた日本各地の方言をATOKで利用できるような仕組みを提供します。

(2)ビジネスシーンでの利用に便利な機能を新たに搭載

 ビジネスシーンで最適な、ネットワークで利用できる法人向けの新機能を搭載しました。新たに搭載の「ATOK LAN Extension」は、LAN環境内で公開された他のパソコンの辞書を取得し、利用することができます。社内で使われている専門用語や、住所録、社員名簿、商品リストなどの既存のデータベースを辞書化し共有することで、ATOKからその情報に素早く簡単にアクセスできます。
 また、Excel関数をATOKを使って“ことば”からインクリメンタルサーチで呼び出すことができる「Excel関数入力支援」機能を搭載しました。「切り捨て」や「平均」など、実行したい関数を日本語で呼び出すことができるので、誰でも簡単に使うことができます。

(3)思考を加速する入力支援機能と、変換精度のさらなる向上

 ATOK15は、思考を加速するスピーディで正確な入力を支援する機能を強化しました。推測変換機能は、あらかじめ登録された慣用表現や定型表現などを最初の数文字を入力するだけで、候補を表示し効率的に入力できます。これら用語は自分で作成することもできるので、入力が面倒な専門用語などを登録しておくと便利です。また、多くの機能の情報を状況に応じてガイドする「ATOKナビゲーション」を搭載するなど、ATOKの様々な機能を便利に利用することができます。
 定評の変換精度もさらに強化し、文節区切り判定や同音語判定の精度を向上しています。標準辞書や専門用語辞書も最新の時事用語に対応しており、「挨拶文例辞書」と「記号辞書」を新たに追加しました。思い通りの変換結果を得ることができる、快適な入力環境を提供します。



お問い合わせ先
インフォメーション
センター



製品概要

「ATOK15」製品情報

ATOK総合ページ


ニュースリリースTOP

製品概要




●製品名:日本語変換ソフト「ATOK15 for Windows」
●発売日:2002年2月8日(金)
●価格: 9,800円
●動作環境:
   O S (各日本語版に対応しています)
Windows(R) XP Home Edition/Professional
Windows Millennium Edition
Windows 98
Windows 2000 Professional(Service Pack 2以上)
Windows NT(R) Workstation 4.0(Service Pack 6a以上)
 * Windows NTでは音声入力は動作保証外です。
 * Windows 95では利用できません。
   CPU お使いのOSが推奨する環境以上
 * 音声入力する場合は、Pentium II 333MHz以上必要です。

   メモリ お使いのOSが推奨する環境以上
 * 音声入力する場合は、Windows XPでは256MB以上、
  Windows Me/98では64MB以上、Windows 2000では96MB以上必要です。
   HDD容量 最小  35MB
すべて 85MB
 * 音声入力で、語彙を追加したりエンロールを行うと、さらに追加の空き容量が
  必要になります。
 * お使いのハードディスクのフォーマット形式や確保容量などにより、必要容量
  は異なります。


  ※2001年12月10日 動作環境を追加

製品特長

■多彩な日本語表現に対応
 ・第一弾として「話し言葉関西モード」を新たに提供します。
  「行かへん」や「〜してはります」など、「関西弁」の話し言葉もスムーズに変換
  できるようになり、メールやチャット等における利便性が大幅に向上します。
 ・従来までの一般的な話し言葉についても、よりいっそうの強化をはかっています。

■ビジネスシーンで便利な機能
 ・社員名簿や商品リストなどの既存のデータ(CSV形式)からコメント付きの
  辞書を作成し、便利に使える「便利辞書作成ツール」を用意しました。
 ・新たに搭載の「ATOK Lan Extension」は、辞書を企業やグループで共有し、
  活用できます。
  サーバーを用意することなく、LAN環境で辞書を公開、取得することが可能です。
  便利辞書ツールを使うことで、社員名簿や商品リストなど、既存のデータを
  有効活用した辞書作成が行えます。
 ・Excelなど表計算ソフトの関数をインクリメンタルサーチで入力でき、
  また項目に対応した使用説明を同時に簡易ブラウザに表示します。
  「切り捨て」や「平均」など、実行したい関数を日本語で呼び出すことができるので、
  誰でも簡単に使うことができます。

■スピーディな入力を可能にする支援機能
 ・推測変換機能は、「省入力データ」を提供し、あらかじめ登録された慣用表現や
  定型表現などを少ない入力で変換できます。省入力データは自分で作成することもできます。
  システムデータとして「慣用表現データ」のほか、「経済・ビジネス用語データ」、
  「コンピュータ・インターネット用語データ」などを搭載します。
 ・アプリケーション別設定自動切り替えが可能になりました。従来の設定一括切り替えを
  アプリケーションと関連づけることによって、動的にATOKの設定を切り替える
  ことができるようになります。
 ・便利な機能をマニュアルやヘルプを開くことなくユーザーが使えるようにする
  「ATOKナビゲーション」を提供します。

■変換効率の向上と辞書の強化
 ・ATOK14と比較しても、文節区切り判定と同音語判定の双方において、
  変換精度が向上しています。
 ・標準辞書、専門用語辞書を強化しました。標準辞書では、実使用場面での利便性に
  配慮した日常生活語彙の強化をはかり、専門用語辞書(「トレンド辞書2002年版」、
  「経済・ビジネス用語辞書」、「コンピュータ・インターネット用語辞書」)も
  含めて、最新の時事用語に対応しています。
 ・新たにアクセサリ辞書セットとして「挨拶文例辞書」と「記号辞書」を提供します。
 ・ふりがな対応辞書引きソフト「ドクターマウス」の辞書連携による同音語選択支援機能を
  搭載しました。変換時、ドクターマウスに付属する辞書を自動的に検索し、
  同音語用例として表示します。また、スペルチェック候補の表示中には、
  その単語の意味が表示されます。


■そのほかの強化点
 ・ATOK Sync機能を強化しました。新たにスケジューリングによる同期実行を行うことが
  できます。
  ※2001.12.10 ATOK Sync環境同期機能を削除

 ・インターネット上に自分だけのスペースを持つことができる、「インターネットディスク」を
  20MB搭載しています。



*記載された製品の価格はすべて税別です。
*記載された社名および製品名は各社の商標または登録商標です。


メールマガジン配信登録:ジャストシステムの新製品情報や最新トピックスをメールでお届け


update : 2003.02.20