お知らせ

iPhone Xでもご利用いただけます2017.11

ATOK for iOSはiPhone X上でも従来のiPhoneと同様にお使いいただけます。

iOS 11 対応状況について2017.09

iOS 11で使用する場合、iOS標準のキーボード以外のキーボードで、以下の現象が確認されています。
ATOKでこれらの現象に対処できるか調査中です。
お手数をおかけしますが、一時的にiOS標準のキーボードに切り替えてご使用ください。

  • メッセージ系アプリ(LINE、Twitter DM、Skypeなど)で「送信」するたびにキーボードがちらつく。
  • アプリの複数の入力欄を切り替えるたびにキーボードがちらつく。
  • 上記操作を繰り返すと、意図せず自動的に他のキーボードに切り替わる場合がある。
  • 画面に複数の入力欄がある場合、パスワード入力欄の直前の入力欄ではiOS標準キーボード以外使用できない。

更新情報

バージョン1.6.02017.10.31

  • キーボードがiPhone Xの画面サイズに対応しました。

  • iPadでもキーボードのサイズや位置を変更できるようになりました。

  • 新しい言葉が変換できるようになりました。
  • その他不具合修正を行いました。

バージョン1.5.52017.09.06

  • ATOK Syncの設定画面で環境によって生じる表示不正を修正しました。

バージョン1.5.42017.06.26

  • 10.5インチiPad Proでキーボードが正常に表示されない問題を修正しました。

バージョン1.5.32016.08.30

  • 細かな不具合修正を行いました。

バージョン1.5.22016.07.28

  • フラワータッチ入力の使い勝手を改善しました。

    • [た]の下スライドで[っ]を入力する設定を追加しました。
    • ジェスチャー感度(ガイドの大きさ)を設定できるようになりました。
    • フラワータッチ入力での「フリックのみ」設定の初期値を変更しました。
      (初期設定で他プラットフォームと同様の動作になります)
  • 新しい言葉が変換できるようになりました。

  • 登録単語の一覧・追加が正常に行われない場合がある現象を修正しました。

  • その他不具合修正を行いました。

バージョン1.5.12016.05.10

  • フラワータッチ入力の動作が他プラットフォームと同様になるよう改良しました。

    新たに対応した操作の例)

    • 「た」を下フリックで「だ」が入力できます。
    • 「は」を下に二回フリックで「ぱ」が入力できます。
  • その他不具合修正を行いました。

バージョン1.5.02016.03.28

  • フラワータッチ入力を新搭載しました。
    濁点や小文字も一筆書きですばやく入力できる入力方法です。
    従来のフリック入力から設定で切り替えられます。

  • キーボードの切り替えは、ATOKキーのタップで開くATOKメニューから行うよう変わりました。
    ATOKキーを押したときの動作は設定から変更できます。

    ATOKキーを押したときの動作は設定から変更できる「キー」の場所が赤い枠で示している
  • 入力欄に応じて、よく使う記号キーを追加で表示します。(QWERTYキーボードのみ)

    1. Twitter公式アプリ等でのツイート入力欄:@#キー
    2. メールアプリの宛先欄:@キー
    3. Safari、Chromeなどのブラウザ検索バー:/キー
  • 候補を長押しすると単語学習を取り消すことができるようになりました。

  • 入力する句読点を「、。」か「,.」から選べるようになりました。

  • 学習機能をOFFにする設定を追加しました。

バージョン1.4.82015.12.10

  • いただいたご意見を参考に、推測候補の提示内容を洗練しました。

  • 「123」から「1:23」「1時23分」「1/23」「1月23日」など、日時の候補を出すようにしました。

  • iPad Pro上でのQWERTYキーボード・絵文字キーボードなどの表示不正を修正しました。

  • その他細かな不具合修正を行いました。

バージョン1.4.72015.10.28

  • 一部アプリ上(Amazon、Inboxなど)で一文字ずつ確定される現象の回避方法を追加しました。
    このような現象が発生する場合、以下を順にお試しください。

    1. カーソル位置入力をオンにしている場合にはオフにして入力する。
    2. [カーソル位置入力 - 検索欄では常に有効]もオフにして入力する。
  • iOS 9で、キーボード表示直後に誤入力される場合がある現象を修正しました。

  • キーボード右上の「×」ボタンでiPhoneでもキーボードを閉じられるようにしました。

  • その他不具合修正を行いました。

バージョン1.4.62015.10.13

  • iOS 9で、QWERTYキーボードのShiftキー二度押しが効きにくい現象を改善しました。

  • QWERTYキーボードの小文字表示をオフにする設定を追加しました。

バージョン1.4.52015.09.22

  • iOS 9に対応しました。

  • 着せかえにブルーピンクを追加しました。

  • QWERTYキーボードを小文字表示に変更しました。shiftキーを押すと大文字表示になります。

  • バージョン1.4.4で発生していた、以下の現象を改修しました。

    • 文字入力の反応が悪くなる現象
    • 一部学習機能が動作していなかった現象
  • その他不具合修正を行いました。

バージョン1.4.42015.08.18

  • 絵文字キーボードがiOS 8.3以降でも使えるようになりました。
    絵文字キーボードをお使い頂くには、以下の手順が必要です。

    1. 絵文字キーボードの準備のため、一度ATOKアプリを開きます。
    2. ATOKのフルアクセス許可がオンになっていることを確認します。
  • その他不具合修正を行いました。

バージョン1.4.32015.07.27

  • 「英語自動スペース入力」設定を追加しました。

    • オンにすると英文入力時に単語の確定で自動的にスペースを挿入します。
  • その他不具合修正を行いました。

バージョン1.4.22015.06.01

  • 以下の細かな改良を行いました。

    • テンキーの視認性を高めるよう調整しました。
    • iPhoneのQWERTYキーボードで日本語・英語の見分けが付きやすいよう調整しました。
    • QWERTY英語キーボードで単語選択時に自動的に空白を付けないよう変更しました。
    • iOS 8.3でもキーボードからATOK設定を呼び出せるようにしました。

バージョン1.4.12015.04.15

  • iOS 8.3上での動作を変更しました。

    • 絵文字キーボードの安定性に問題が確認されたため、一時的に無効にしました。お手数ですが標準の絵文字キーボードをご使用ください。
    • ATOKの単語登録や詳細な設定は、ホーム画面のATOKアプリからお願いします。

バージョン1.4.02015.03.13

  • iPhone 6/iPhone 6 Plus 上でキーボードのサイズ・位置を選択できるようになりました。
    大画面でも、持ちやすく打ちやすい位置を選べます。

    サイズと位置が選べる

    ※縦画面時のみ。横画面では従来通り幅寄せが可能。

    ※iPhone 6では、iPhoneの設定「画面表示の拡大」が「標準」時のみ。

  • テンキーのキー配列を4種類から選択できるようになりました。 サイズと位置が選べる
  • 着せかえ(ホワイトダークゴールド)ができるようになりました。
  • 絵文字・顔文字・記号キーボードを追加しました。 サイズと位置が選べる
  • iPad上のQWERTYで候補を展開して表示できるようになりました。
  • 削除キーの上フリックでカーソル右の文字を削除できるようになりました。
  • その他、動作の安定化や不具合修正などを行いました。

バージョン1.3.02015.02.24

  • ATOK Sync アドバンスに対応しました!

    「ATOK Sync アドバンス」を使うとMac / WindowsのATOKに登録した単語をATOK for iOSでも使うことができます。

    ATOK Sync アドバンス

    ※本製品でATOK Sync アドバンスを利用するには、Mac / WindowsのATOK Sync アドバンスに対応した各ATOKが必要です。

    詳細はこちらをご確認ください

  • iOSのユーザ辞書、連絡先から単語を取り込めるようになりました。
    • iOSのユーザ辞書から単語を一括してATOKに登録することができます。iOS標準のキーボードからATOKへの乗り換えに便利です。
    • また、iOSの連絡先から「姓」「名」をそれぞれ単語としてATOKに登録することができます。入力が難しい名前も間違えずに入力できます。
  • 変換辞書をアップデートし新しい言葉に対応しました。
  • より多くの絵文字が候補に出るようになりました。

バージョン1.2.12014.12.19

  • 「使用するキーボード」設定で、よく使うキーボードを設定できるようになりました。
  • 日本語キーボードで空白キーの全角/半角を選択できるようになりました。
  • その他不具合修正を行いました。

バージョン1.2.02014.12.09

  • カーソル位置入力が選択できるようになりました。 iphone_カーソル位置入力
    制限事項
    カーソル位置入力はiOS標準キーボードで入力中の表現を擬似的に実現したものです。
    そのため、以下のようにいくつかの制限があります。
    • 入力中の文字の背景が青くなりません
    • 変換中は候補一覧の上に変換中の文字が表示されます
    • 文字入力中に(タップなどで)カーソル位置を変更するとその時点で入力中の文字列が確定されます
    • 入力対象のアプリによっては、入力の「取り消し」動作に影響する場合があります
    • 入力対象のアプリによっては、この機能が正常に動作しない場合があります

    ※上記の制限は、iOS標準キーボードと他社製キーボードとで機能差があるため生じているものです。

  • ATOKメニューで設定ができるようになりました。 iphone_ATOKメニュー設定
  • iPhone 6/iPhone 6 Plus 上で幅寄せのオン・オフを設定できるようになりました。
  • 英語QWERTYキーボードで「確定」キーを押したときに、自動的に空白を挿入しないように変更しました。
  • その他細かな不具合を修正しました。

バージョン1.1.12014.11.21

  • 以下の問題を修正しました。
    • 全候補展開を行った際に不正な状態になる場合がある
    • 単語登録で顔文字を登録している場合、特定の候補選択時にクラッシュする場合がある
    • 特定の文字列を入力している場合、入力中の文字列が正しく表示されない場合がある
    • その他の軽微な修正

バージョン1.1.02014.11.12

  • キーボードの種類が増えました。

    ・iPhone QWERTYキーボード

    iphone_QWERTYキーボード

    ・iPad テンキーキーボード

    ipad_テンキーキーボード
  • 入力中の文字列が見やすくなりました。

    入力中の文字列が確認しやすいよう、候補列の上に移動しました。

    入力中の文字列が見やすくなりました。
  • 高解像度端末での動作の安定性を向上させました。
  • 記号の入力が行いやすいよう、英字テンキー・数字テンキーの記号配置を調整しました。
  • キーボードの視認性向上のため、キーボードのデザインを見直しました。

バージョン1.0.32014.10.09

  • iPhone 6 Plusでテンキーキーボードの左寄せ、右寄せを記憶するようにしました。
  • iPhone 6/iPhone 6 Plusの高い解像度に対応していないアプリでキーボードが正常に表示されない現象を修正しました。
  • 一部のアプリで候補表示が正常に表示されない現象を修正しました。

バージョン1.0.12014.09.21

初版