ラベルマイティ ステーション トップ > 売れる販促POPタウン > 売れるPOP講座 Vol.3 1枚のPOPを「デザイン」する【POPの実践編2】

売れるPOP講座 for POP in Shop

POPは、商品の価格情報を伝えるだけのものではありません。

商品の魅力を伝え、消費者の購買意欲をそそる、売り上げアップの「カギ」なのです!
さあ、あなたもすぐにPOP作成に挑戦してみましょう。

ポップ鈴木氏の「売れるPOP」作成講座

売上げを変える、魅力あるPOPの作り方を、POP制作のプロフェッショナル・ポップ鈴木氏がレクチャーします!

ポップ鈴木氏 ポップ鈴木氏プロフィール

手作りのPOPを手がけて33年。POPデザイナーや学校教師として活躍中。手作りの魅力をお伝えします。

http://www.popsuzuki.co.jp/

VOL.3 1枚のPOPを「デザイン」する 〜POPの実践編2〜

実践編2では視点を変えて、POP全体の構成を考える「デザイン」について学びましょう。

ポップ作成 3つのポイント

「POPの実践編 1」では、マーカーで文字をきちんと描くことについてご説明しました。次は、1枚のPOPを「デザイン」して「まとめる」テクニックを覚えましょう。
奥行きとメリハリのあるPOPを作成するための、「3つのポイント」をご紹介します。

1.大きさの違う文字で「遠近感」 2.マーカーの種類をミックスして「質感の変化」 3.色違いで伝える「イメージ」

大きさの違う文字で「遠近感」

大きな文字と小さな文字を一緒に組み合わせると、遠近感が出ます。大きさ、太さをバランスよく変えて、メリハリを表現しましょう。

文字の大きさの組み合わせ例


マーカーの種類をミックスして「質感の変化」

角マーカーと丸マーカーをバランスよくミックスして、質感を変えましょう。角マーカーで力強さを、丸マーカーで優しさを表現します。この2つをミックスして表現すれば、効果的なPOPが出来上がりますよ!曲線など、違った質感と線を組み合わせても面白いかもしれませんね。

角マーカーと丸マーカーの使い分け

「NEW」の文字には丸マーカーを、「バージョン」には角マーカーをミックスして表現してみました。さらに、カタカナ部分の濁点「``」を丸型にアレンジ。これだけでもマーカーの質感を生かしたPOPを作成できます。


変化とバリエーション豊富なテンプレート

オリジナルPOP作成ソフト ラベルマイティ POP in Shopには、バリエーション豊富なテンプレートが収録されています。中でも、ポップ鈴木氏オリジナルテンプレートは、「質感の変化」を大切にした魅力的なものばかり。これを活用すれば、すぐにプロ級POPが作成できます!

収録テンプレート例

オリジナルPOP作成ソフト ラベルマイティ POP in Shopのテンプレート紹介



色遣いで伝える「イメージ」

マーカーの色を1色で仕上げると、シンプルでまとまりやすいのですが、うっかりすると寂しくなってしまい、POPとしては魅力がなくなってしまいます。明るい色や薄い色など、明度の高い色を使って、優しさと力強さを表現し、効果的なPOPを描きましょう。

BEFORE AFTER
カラフルでバリエーション豊富なテンプレート

手書きPOP作成に自信がない…というかたは、POP作成の専用ソフトを利用してみましょう。「POP in Shop9(ポッピンショップ9)」には、ポップ鈴木氏がデザインしたテンプレートをはじめ、POP作成に役立つデザイン素材が満載です!

ラベルマイティ POP in Shop9のオンラインカタログ

ラベルマイティ POP in Shop9

Just My Shopで今すぐ購入  

前のページに戻る
ページトップ