ラベルマイティ ステーション トップ > 売れる販促POPタウン > 売れるPOP講座 Vol.2 POP文字をマスターしよう!【POPの実践編1】

売れるPOP講座 for POP in Shop

POP作例イメージ
POPは、商品の価格情報を伝えるだけのものではありません。

商品の魅力を伝え、消費者の購買意欲をそそる、売り上げアップの「カギ」なのです!
さあ、あなたもすぐにPOP作成に挑戦してみましょう。

ポップ鈴木氏の「売れるPOP」作成講座

売上げを変える、魅力あるPOPの作り方を、POP制作のプロフェッショナル・ポップ鈴木氏がレクチャーします!

ポップ鈴木氏 ポップ鈴木氏プロフィール

手作りのPOPを手がけて33年。POPデザイナーや学校教師として活躍中。手作りの魅力をお伝えします。

http://www.popsuzuki.co.jp/

VOL.2 POP文字をマスターしよう! 〜POPの実践編 1〜

では、実践編にうつりましょう。まずはPOPの基本「文字」について学びます。
POP作成に必要な道具は、たったこれだけ!

POP作成に、専用の道具は必要ありません。

POP作成に必要な道具は、たったこれだけ!

マーカーには、水性と油性があります。さらに色素の原料の違いで、「顔料系」と「染料系」があります。

■ 染料系 ・・・ 紙に染み込んでいくような感じで、乾きが早い
■ 顔料系 ・・・ 紙の上にのる感じで発色がよく、耐光性がある

それぞれのマーカーに特長がありますので、いろいろと試して、自分が使いやすいものを揃えてくださいね。


基本ストロークをマスターしよう!

point 1 角マーカーは45度に傾けて、真後ろにひくように書きます。 point 1
point 2 曲がるところで一度マーカーを止め、ペン芯の内側を軸のようにしてマーカーが水平方向になるまで回転させます。 point 2

基本ストロークは、POPレタリングを描くための基本です。POPの基本書体は、この基本ストロークの組み合わせによってできるものですから、これを完全にマスターすれば、POPレタリングを描くことが、とても楽しいものになります。
一つ一つの動作を確実に覚えるために、何度も練習してください。

基本ストローク図

手描きは難しそう…。もっと簡単にPOPを作成することはできないのかな?

パソコンを使っても、手描きのような親しみのあるPOPを作成することができます。ラベルマイティ POP in shop9には、 POP作成に便利な機能が満載。フチ取り・ぼかし・透明化などの文字表現や、文字をバランスよく配置する「自動長体機能」を活用すれば、誰でも簡単にプロ級POPが作成できます!

ラベルマイティ POP in shop9

■文字の自動長体・平体機能

文字量がふえても、ポイント数を変えずに文字をレイアウトできます。

■文字スタジオ

POPタイトルも、簡単に変形させたり立体的な効果をつけたりできます。

オリジナルPOP作成ソフト ラベルマイティ POP in shop9の機能紹介



pop文字の書体は?

POP文字はフリ−ハンドで描きやすいように考案された文字が多く、手描きの持つ温かみが持ち味です。買い手に親しみを感じてもらえることをイメージしましょう。

POP文字と手書き書体について

手書きの場合、一般的には素早く何枚も描くために、ゴシック体を基本とした書体が多いです。ゴシック体は訴求力もあり、マーカーで描く場合圧倒的に有利ですが、もちろん明朝体や毛書体、勘亭流など、さまざまな書体をPOP風にアレンジしてチャレンジしてください。

POP文字と手書き書体についての違い

ラベルマイティ POP in Shop7は全122書体を収録!

ラベルマイティ POP in shop7には、和文39書体、欧文58書体、数字20書体が収録されています。基本のゴシック体から手描き風のものまでバリエーション豊富。 POPのイメージに合わせて自由に選べます!

書体例


メリハリのあるPOP文字の描き方

文字の種類によって、POP文字を描くコツがあります。文字の特徴や全体のバランスを考えて、POPを作成しましょう。

ひらがな・カタカナ

ひらがなやカタカナは、画数が少ないので、適度に重ねて描くとより一体感が出ます。「゛(濁音)」は無理に文字の間に描かないで、文字の外側に少し細い線か、丸や花などで描くのもよいでしょう。「゜(半濁音)」は細く大きく。ひらがなは漢字に比べて少し小さくし、「―(長音)」は短くします。

ひらがな カタカナ

漢字

漢字は字画数が多いだけに、横線が水平に揃っていないと整然としません。また、線がつぶれるような描き方は避けましょう。線が平行に三本続いたら、等間隔に描くようにしてください。

漢字
全体のバランス

POPは、全体のバランスが大きなポイントです。まずは広告の意図をどうイメージ、表現するかを考えてから描きはじめましょう。
そして常に全体を見ながら、状況によっては文字が重なるぐらいに詰めて描きましょう。字画数の違う文字との配置も、よく考えてみてください。
全体に予想した通りのスペースに収まればよいのですが、後半が詰まってしまい窮屈な感じになりがちです。意識して後半が余るくらいに描き、実際に余ったら簡単なイラストや記号、飾り罫などを入れて、左右のバランスをはかります。

全体のバランス

また、一つ一つの文字の形だけでなく、商品名を一つの塊と考え、バランスよくまとめることがデザイン的に成功する秘訣です。

POPをカンタンに作りたいなら

手書きPOP作成に自信がない…というかたは、POP作成の専用ソフトを利用してみましょう。「POP in shop9(ポッピンショップ9)」には、ポップ鈴木氏がデザインしたテンプレートをはじめ、POP作成に役立つデザイン素材が満載です!

ラベルマイティ POP in shop9のオンラインカタログ

ラベルマイティ POP in shop9

Just My Shopで今すぐ購入  

前のページに戻る
ページトップ