ホーム体験版・ビューア > 一太郎2017 体験版

一太郎2017 体験版

体験版ダウンロード

30日間ご利用いただける体験版をご用意しました。この機会にぜひお試しください。

更新日 ファイル名 サイズ
2017.02.03 taro2017try.exe 671,887,632 バイト
  • * ご利用前に、下記の注意事項をご確認ください。

試用期間

  • 一太郎2017 体験版をインストールした日から、30日間ご利用いただけます。

    ※試用期間を過ぎると、一太郎2017 体験版を起動することはできません。

  • 2018年4月1日以降はご利用いただけません。

制限事項

一太郎2017 体験版では、製品版と異なり、次の機能が制限されています。

  • モバイルビューイングは、搭載されていません。
  • 次の機能は、利用できません。
    • [挿入-きまるフレーム]*1

      製品版では、「コラム」「告知」「紹介」などの用途別に用意された200点のフレームを利用できます。フレームを自分で作って数を増やすこともできます。

    • オリジナルタイプ:EPUB編集ツールパレット-[書籍編集]パレットの、[表紙]-[表紙ギャラリー]

      製品版では、「小説」「ビジネス書」「広報」の用途別に用意された40点の表紙デザインを利用できます。

    • *1 オリジナルタイプの[挿入]パレットにある[きまるフレーム]ボタンも同じ機能です。

  • 次の機能のサンプルデータは、搭載されていません。
    • [ファイル-テンプレートを開く-テンプレートを開く]*2 − [パーソナル]/[ビジネス]のテンプレート

      製品版では、「文芸・学芸」「EPUB」「フォーム」「ビジネス文書」などのカテゴリに分けて、本・冊子のテンプレート、会報・チラシのテンプレート、ビジネス文書のテンプレートなどを、約290点搭載しています。
      体験版でも、「本・冊子」「会報・チラシ」「ビジネス文書」などの文書スタイルのサンプル(きまるスタイル)は、搭載されています。用途に合った最適なスタイルを選んで、文書のレイアウトを整えることができます。

    • [挿入-絵や写真-絵や写真の挿入/写真をまとめてレイアウト]*3や[挿入-レイアウト枠-背景設定]*4 − [イラスト]/[写真]/[背景]の絵や写真

      製品版では、挿絵や飾りに使えるイラスト、高品質な写真、文書やレイアウト枠の背景に使える背景画像を、約1,370点搭載しています。感太の写真やイラスト(製品版仕様)約2,030点も、ここから利用できます。

    *2 クラシックタイプで起動しているときのメニュー、オリジナルタイプで「クラシックタイプのメニューを使う」設定のメニューでは、[ナビ-よく使うテンプレート-テンプレートを開く]です。

    *3 クラシックタイプで起動しているときのメニュー、オリジナルタイプで「クラシックタイプのメニューを使う」設定のメニューでは、[挿入-絵や写真]は[挿入-絵]です。
    オリジナルタイプの[挿入]パレットの[画像]にある[絵や写真]ボタン/[まとめて]ボタン、クラシックタイプのナレッジウィンドウ[作図]の[画像]にあるアイコンも同じ機能です。

    *4 オリジナルタイプの[レイアウト枠の操作]パレットの[背景]にある[設定]ボタンも同じ機能です。


  • [ツール-感太]*5の写真やイラストは、製品版より画像サイズが小さく、当社の社名ロゴが入ったものを収録しています。

    *5 クラシックタイプで起動しているときのメニュー、オリジナルタイプで「クラシックタイプのメニューを使う」設定のメニューでは、[ツール-拡張機能-感太]です。
    オリジナルタイプの[感太]パレットも同じ機能です。


  • 「IPAmj明朝フォント」は、搭載されていません。

  • 楽々はがき セレクト for 一太郎の住所録に登録できるレコード件数は、20件です。

※一太郎2017 体験版には、ATOK 2017 体験版などのATOK関連の機能は含まれません。

  • ※ふりがな機能で提示される読みの候補は、ATOKがインストールされていると、より多く表示されます。一太郎だけの環境では、思う候補が提示されない場合があります。
  • ※表現モードワンタッチ切替(ATOK表現モードの一太郎からの切替)は、ATOK 2002以降をお使いの場合に有効です。
  • ※一太郎のツールパレットの[文字]パレットの[異体字]で、[IVS]シートから異体字を入力するには、ATOK 2014以降が必要です。
    また、IVSに対応したフォント(IPAmj明朝フォントやWindows 8以降に搭載のメイリオなど)と、Windows 7以降のOSが必要です。
  • ※一太郎の辞書引きツールパレットや[辞書引き]パレットなどから辞書引きをするには、ATOK 17以降とATOK連携電子辞典が必要です。

サービス・サポートについて

使用許諾契約書

一太郎2017 体験版のインストールの途中で表示される使用許諾契約書を必ずお読みください。

ジャストシステム製品をお持ちの方へ

旧バージョンの一太郎をインストールしている場合、旧バージョンの一太郎を削除する必要はありません。
一太郎2017 体験版と同じパソコンでお使いいただけます。

※旧バージョンの一太郎シリーズがインストールされているパソコンに体験版をインストールする場合でも、旧バージョンの一太郎シリーズは自動的には削除されません。

※一太郎2017 体験版は、試用期限を過ぎると利用できなくなります。旧バージョンの一太郎シリーズは削除しないようにしてください。

一太郎2009以降の一太郎をお持ちの方へ

一太郎2009以降の一太郎で楽々はがき セレクト for 一太郎をインストールしている場合、一太郎2017 体験版に含まれる楽々はがき セレクト for 一太郎は、インストールされません。

データの互換性

一太郎2017 体験版で作った文書やバックアップは、試用期間終了後もそのまま残ります。製品版をご購入いただくと、製品版でご利用いただけます。

  • ※一太郎2017 体験版で作った文書は、旧バージョンの一太郎(一太郎8以降)でもご利用いただけます。
  • 旧バージョンの一太郎で作った日記がある場合、一太郎2017 体験版で日記の続きを作ることができます。試用期間終了後に製品版をご購入いただいた場合も、製品版でさらに続きを作ることができます。
  • ※体験版の試用期間終了後に、旧バージョンの一太郎で続きを作る方法は、次のとおりです。
    旧バージョンの一太郎で日記作成を実行し、[日記作成]画面の[名前]入力欄に、体験版の日記と同じ名前を入力します。[日記ファイルを保存するフォルダを選択してください]画面が表示されたら、体験版と同じ日記ファイルがあるフォルダーを選択します。

製品版を導入する場合の注意事項

一太郎2017 体験版をインストールしているパソコンに、製品版をインストールする場合は、必ず先に体験版をすべて削除(アンインストール)してから、製品版をインストールしてください。

  • ※体験版を削除しても、作った文書やバックアップはそのまま残り、製品版で引き続きご利用いただけます。
  • 旧バージョンの一太郎の製品版をインストールする場合でも、必ず先に、一太郎2017 体験版を削除(アンインストール)してください。

一太郎2017 体験版の動作環境

一太郎2017 体験版は、ハードディスクにインストールしてご使用ください。

OS Windows(R) 10*1/8.1/Windows 7(Service Pack 1以上)
/各日本語版が正しく動作するパソコン

*1 Windows 10では、下記のエディションで動作します。
 Windows 10 Home/Pro/Eenterprise/Education

※Windows Vista(R)には、対応していません。

※64ビット版Windowsでは、32ビット互換モード(WOW64)で動作します。

※Windows 10/8.1では、デスクトップ上で動作します。

ハードディスク
必要容量
1.1 GB以上

※お使いのハードディスクのフォーマット形式や確保容量などにより、必要容量は異なります。

    ※Windows XPには、本製品をインストールすることはできません。
    「お使いのOSには対応していません」というメッセージが表示され、インストールを進めることはできません。

一太郎2017 体験版をインストールする

インストール方法

一太郎2017 体験版のファイル(taro2017try.exe)の解凍が終了すると、インストールの開始画面が表示されます。

  • ※インストールの開始画面が表示されていない場合は、ファイルの解凍先として指定したフォルダー内の[ICHITARO]フォルダーにある[AUTOPLAY.EXE]をダブルクリックします。

1.インストールを始める準備をする

  • 起動しているアプリケーションがあれば、すべて終了します。
  • ※インストール途中に、スクリーンセーバーが起動したり、モニターやハードディスクの電源が切れたりしないように、待ち時間や電源設定を調整してください。

    一太郎2017 体験版をインストールするときに必要なアカウントの種類

  • 管理者アカウントが必要です。管理者アカウント以外でサインイン(ログオン)している場合は、インストールの途中で、管理者アカウントのパスワードやユーザー名・メールアドレスを入力する画面が表示されます。

2.インストールする

  1. インストールの開始画面の[一太郎2017 体験版のインストール]をクリックします。
    • ※[ユーザーアカウント制御]画面が表示された場合は、[はい]をクリックします。
      管理者アカウント以外でサインイン(ログオン)しているときは、パスワードを入力して[はい]をクリックします。必要に応じて、ユーザー名やメールアドレスも入力します。
  2. インストールプログラムが起動するので、画面に従ってインストールを進めます。
    • ※インストールは中止しないで、できるだけ最後まで進めてください。
  3. [インストールを完了しました]画面が表示されたら、[終了する]をクリックします。

3.一太郎2017 体験版をスタート(起動)する

  1. デスクトップ画面の[一太郎2017]のアイコンをダブルクリックします。
    一太郎2017 体験版の試用期間(残り日数)を知らせる画面が表示されます。
  2. [閉じる]をクリックします。
    一太郎2017 体験版の編集画面が表示されます。
  3. 「ようこそ」の画面が表示されるので、[OK]をクリックします。
  4. 一太郎オーダーメイドがスタートするので、画面に従ってオーダーします。
    • ※「旧バージョンの設定を引き継いだまま使いたい」など、今はオーダーしない場合は、オーダーを選択する画面で[キャンセル]をクリックします。

一太郎2017 体験版の編集画面が表示されます。

アンインストール方法

一太郎2017 体験版を削除するときは、次の手順で削除(アンインストール)します。一太郎2017 体験版に含まれる楽々はがき セレクト for 一太郎も削除されます。

一太郎2017 体験版をすべて削除(アンインストール)する

  1. タスクバーの端にある[スタート]ボタンを右クリックし、[コントロールパネル]を選択します。

    ※Windows 7の場合は、Windowsの[スタート]ボタンをクリックし、[コントロールパネル]を選択します。


  2. [プログラムのアンインストール]を選択します。

  3. [一太郎2017 体験版]を選択して、[アンインストール]をクリックします。

  4. 画面に従ってアンインストールを進めます。

※操作の途中で[ユーザーアカウント制御]画面が表示された場合は、[はい]をクリックしてください。
管理者アカウント以外でサインイン(ログオン)しているときは、パスワードを入力して[はい]をクリックしてください。必要に応じて、ユーザー名やメールアドレスも入力してください。

※アンインストールは、中止しないで、できるだけ最後まで進めてください。

  • お使いのパソコンにほかのジャストシステム製品 *1 がある場合、一太郎2017 体験版を削除すると、ほかのジャストシステム製品でも共通に使うツールやフォントが削除されることがあります。
    • *1 製品が一太郎2008以降の一太郎の場合は、一太郎2017 体験版を削除しても、一太郎2008以降の一太郎でインストールしたツールやフォントは残ります。
    削除されたツールやフォントを再び使えるようにしたいときは、お使いの製品でツールやフォントを追加セットアップしてください。

    追加セットアップの方法は、お使いの製品のマニュアル・ヘルプをご覧ください。