未来創造より豊かに、より快適に。

「人に必要とされる」「生活を便利にする」ものづくりで、
わたしたち、ジャストシステムの挑戦は続く。

ジャストシステムが創った未来.2

タブレットで家庭学習

ジャストシステムが家庭学習事業へ新規参入し、
小中学生の家庭学習に、あらたな可能性を拡げた。

スマイルゼミ 小学生向け通信教育

社員の“自由なひらめき”が
世の中にない商品を生む

ジャストシステムが家庭学習の事業に参入するきっかけとなったのは、一人の女性社員が毎週提出する週次報告書に“今週の気づき”として、「家庭向けの学習ソフトウェアをつくったらどうか?」とサービスを提案したことでした。当時の彼女は、「ATOK」の辞書を開発するチームに所属していましたが、それから間もなく、学習教材を企画提案する役割に抜擢されて国語教材の責任者に。そして「スマイルゼミ」のプロジェクトはスタートしました。

教育現場で培ったノウハウと
“ソフトウェアの強み”が融合

「家庭向けの学習ソフト」の構想段階では、小学校向けソフトウェアの市場にジャストシステムが参入して10年以上が経過していました。単に「子どもが使えるソフト」ではなく、現場の先生方と共に開発した教育的な配慮や工夫、子どもへのわかりやすさが好評で、全国公立小学校の約80%へ導入され「小学校で使う定番ソフト」に成長。これらの教育現場で培われたノウハウ・知識と、ソフトウェアのユーザーインターフェースへのこだわりを注ぎ込んで2012年12月に誕生したのが「スマイルゼミ」でした。

“あたりまえ”を生み出した。
さらに一歩先で市場をリード

社員の自由な発想から生まれ、自社の強みに支えられた商品アイデアを、実際のソフトウェアに落とし込んでいく際に活きるのが、徹底した顧客視点。どうすれば、より楽しく、使いやすく、継続して学べるか。担当する開発エンジニアたちが試行錯誤を重ねAndroid端末を選定。OSをカスタマイズして、ユーザーインターフェースにこだわり、子どもたちを夢中にさせるソフトウェアを完成させました。今では「タブレットによる家庭学習」は、競合他社も次々と追随。世の中の“あたりまえ”になりつつある中、「スマイルゼミ」の開発エンジニアたちは、さらに一歩先で、これからも市場をリードしていきます。